自動車検査主任者資格取得の難易度は?試験情報・年収・給料・報酬相場を分析

アバター

by 資格広場編集部

更新日:2019-05-06

公開日:2018-03-13

自動車検査主任者は、現在は自動車整備主任者といいます。自動車整備士のキャリアを積んだ者が選任される仕事で、分解整備業務が検査の保安基準を満たしているか確認したり、関連する業務の管理などを行い、自動車整備業務の中でも責任のある仕事です。

       

自動車検査主任者は幅広い年代の男女が目指せる、自動車が好きな方にオススメな資格です。
自動車検査主任者資格取得者は他にも自動車整備主任者と呼ばれております。
自動車検査主任者の資格は「国家資格」です。

資格広場は、自動車検査主任者になるには?自動車検査主任者なるためには?自動車検査主任者になりたいを応援しております。

自動車検査主任者に必要な知識・受験資格

自動車整備主任者は、一級・二級自動車整備士資格を持った者の中から、自動車整備業者により選任され、地方運輸局に届出・受理された者のことを指し、厳密にいうと資格ではありません。そのため、選任・届出・受理に際しての試験はありません。自動車整備主任者として選任されるためには、日々の自動車整備業務の中で、自動車整備に関する知識を確実なものとし、新しい技術を取り入れた車両の分解整備を行えるための新しい知識も必要とされるでしょう。

自動車検査主任者の資格は「地方運輸局」が運営管理を行っております。

地方運輸局とは:
国土交通省の地方支分部局の一つで、運輸や交通に関連する業務をおこなっています。北海道・東北・関東・北陸信越・中部・近畿・中国・四国・九州の9運輸局があり、沖縄県のみ『内閣府沖縄総合事務局』が管轄しています。

自動車検査主任者

自動車検査主任者の仕事内容

自動車検査主任者は、1995年より『自動車整備主任者』と名称変更されています。自動車の分解整備を行える『認証工場』として運輸局長から認証を得るために、必ず1人以上選任しなくてはならない職です。その仕事内容は、自動車整備士の行った分解整備が、国の保安基準をクリアしているかどうかを確認することなどです。また、自動車整備士による分解整備作業の管理や、記録とその保存も行います。また、実際に車検を行う『指定工場』では最終的な検査はできませんが、受け入れ検査や中間検査に携わることができます。

自動車検査主任者資格の勉強法

自動車整備主任者は、一級・二級自動車整備士資格を持った者の中から、自動車整備業者により選任され、地方運輸局に届出・受理された者のことを指し、厳密にいうと資格ではありません。そのため、選任・届出・受理に際しての試験もありません。日々の自動車整備業務の中で、自動車整備主任者として選任される技術と信頼を築いていくことが必要となります。

自動車検査主任者の専門学校・通信講座

専門学校や通信講座は【専門学校案内所】からジャンルや都道府県別に簡単に調べられます。

自動車検査主任者の試験料・試験内容・難易度・合格発表について

自動車検査主任者の資格試験料

自動車整備主任者は、一級・二級自動車整備士資格を持った者の中から、自動車整備業者により選任され、地方運輸局に届出・受理された者のことを指し、厳密にいうと資格ではありません。そのため、選任・届出・受理に際しての試験はありません。

自動車検査主任者試験・検定の年間試験回数

自動車整備主任者は、一級・二級自動車整備士資格を持った者の中から、自動車整備業者により選任され、地方運輸局に届出・受理された者のことを指し、厳密にいうと資格ではありません。そのため、選任・届出・受理に際しての試験はありません。

自動車検査主任者試験科目等の内容

自動車整備主任者は、一級・二級自動車整備士資格を持った者の中から、自動車整備業者により選任され、地方運輸局に届出・受理された者のことを指し、厳密にいうと資格ではありません。そのため、選任・届出・受理に際しての試験はありません。試験はありませんが、自動車整備主任者として業務を開始してから、整備主任者定期研修や、道路運送車両法による義務研修を受けることが必須となっています。

自動車検査主任者資格の難易度

自動車整備主任者は、一級・二級自動車整備士資格を持った者の中から、自動車整備業者により選任され、地方運輸局に届出・受理された者のことを指し、厳密にいうと資格ではありません。そのため、選任・届出・受理に際しての試験はありません。

自動車検査主任者資格の合格率

自動車整備主任者は、一級・二級自動車整備士資格を持った者の中から、自動車整備業者により選任され、地方運輸局に届出・受理された者のことを指し、厳密にいうと資格ではありません。そのため、選任・届出・受理に際しての試験はありません。

自動車検査主任者試験の合格発表

自動車整備主任者は、一級・二級自動車整備士資格を持った者の中から、自動車整備業者により選任され、地方運輸局に届出・受理された者のことを指し、厳密にいうと資格ではありません。そのため、選任・届出・受理に際しての試験はありません。

自動車検査主任者

自動車検査主任者資格取得後の就職先・年収・報酬相場

自動車検査主任者所持者の職業例

自動車検査員

自動車検査主任者に向いている人

自動車が好きで、日々刷新されていく新しい技術を積極的に取り入れていく意欲のある人が向いています。また、自動車整備士の行った分解整備をチェック・管理するため、責任感のある人が向いています。

自動車検査主任者と同じ分野の他の資格

自動車検査員・1級~3級自動車整備士・特殊整備士・自動車整備管理者・中古自動車査定士

自動車検査主任者の年収・給料相場

自動車整備士として十分なキャリアを積んで選任を受け、その業務を管理する立場であるため、自動車整備士の給料よりも良いようです。月収25万円前後から、工場によっては所有している資格やキャリアによってさらなる上乗せがあります。

自動車検査主任者の現状

自動車整備主任者は、認証工場・指定工場に最低1人いれば良いので、所属する工場の事情に左右されることがあります。小規模な工場の場合は、自動車整備士よりも人件費のかかる自動車整備主任者は最低限の人員に抑えたいため、希望したからといって必ずしも選任が受けられないことがあります。

自動車検査主任者の将来性

日々、新しい技術を取り入れた自動車が作られており、その自動車を整備するためには新しい技術についていけなければなりません。そのため、より新しい知識を持った自動車整備士、そしてそのキャリアをより高く積んで管理・指導を行える自動車整備主任者がこの先どんどん必要とされていくでしょう。新しい技術を取り入れられる環境があり、また自動車整備主任者の選任を積極的に行える大手ディーラーの工場では特にたくさんの需要があるといえます。

自動車検査主任者の独立について

独立して、自動車整備主任者を必要とする『認証工場』を持つのは容易ではありません。工場をもつための土地・費用・融資の工面、自動車整備士など分解整備業務を行うための人員の確保など、多大な労力が必要となります。また、取り扱い車種や装置に応じて、人員・設備・面積も決められています。さらに、昨今の工場事情として、自動車整備業のみでは経営が厳しく、カー用品や中古車・新車の販売、自動車保険の取り扱いなどの付随した業務も行えないと、顧客獲得にはつながりません。新しい技術によって作られた自動車がどんどん出てきているため、その自動車の整備に必要な新しい技術を学べる環境もつくらないといけません。そのため、自動車整備主任者として独立して工場をもつのは大変難しいでしょう。

自動車検査主任者資格を所有している主な著名人

自動車整備主任者に選任されたことのある著名人は見つかりませんでした。

コメントを残す

*

*