セールスドライバーの仕事内容は?年収や月給などのはどれくらい?

masman

by Kota

更新日:2019-07-05

公開日:2019-07-05

セールスドライバー

セールスドライバーは配達物の配送や料金回収などを行うのが仕事です。年収は300~400万円ほどが平均的と言われています。仕事内容は激務ですが、歩合給もあるため努力次第では給料をアップさせることもできます。

       

私達に宅配便などを届けてくれるセールスドライバーですが、ただ届けるだけが仕事ではありません。お客さんと直接話す機会の多い仕事であるため、お客さんと良い関係を築けるためのコミュニケーション能力が必要な仕事でもあります。

今回はそんなセールスドライバーの仕事内容や年収、将来性など、セールスドライバーの仕事について詳しく解説していきます。

セールスドライバーの仕事内容は?

セールスドライバー

セールスドライバーとは、主に宅配便の配達などを行う人のことを言います。

配達だけでなく荷物の集配料金回収なども行い、物流業界ではかかせない仕事です。一度に大量の荷物を運ぶため、基本的に2tトラックや4tトラックの運転が業務の大半を占めています。

時にはお客さんのニーズを元に効率的な配送をするため、新しい配送プランの提案など営業も業務として行うことがあります。

近年では様々な通販サービスやフリマアプリが利用できるようになったため、今まで以上に私たちの生活に身近な存在となりました。

地域に密着した仕事

セールスドライバーは直接お客さんに会ってやり取りをするため、地域密着型の仕事と言えるでしょう。ただ荷物を届けるだけでなく、お客さんの意見を聞きながらやり取りをしていく必要もあります。

そのためセールスドライバーとして仕事を続けていくためにはコミュニケーション能力もある程度必要になりますが、お客さんの感謝の言葉を直接聞くこともできるため、やりがいのある仕事でもあります。

また、時にはお客さんの意見などを聞いて業務に反映するなど、お客さんと物流業界を結ぶ大切な役割を担っています。

運転技術も必要

セールスドライバーはお客さんに荷物を迅速に届けると共に、安全な運転を心がけなければいけません。

安全運転かつスピーディーな配達のできるドライビングテクニックも大切で、運転マナーにも日々気をつけなければいけません。

最初から高度なドライビングテクニックを持っている必要はありませんが、研修を受けたりしながら技術の向上に努めるやる気が必要です。

また、セールスドライバーは特定の地域を担当する方式となっているため、その地域の地形をよく理解して効率的に配送しなければいけないという意味でも、地域密着型の仕事と言えるでしょう。

セールスドライバーになるためには?

セールスドライバーになるためには特別な資格などは特に必要ありません

学歴などもあまり関係ないため、比較的誰でも目指しやすい職業と言えるでしょう。

ただし運転が業務の大半を占めているため、普通自動車免許だけは必須です。

免許取得から1年以上の運転経験を応募条件としている企業も多いため、一般的な運転スキルだけは身につけておく必要があります。

セールスドライバーの給料・年収は?

セールスドライバー

セールスドライバーの平均的な給料は月に20~30万円ほど、年収は300~400万円ほどが一般的とされています。

ただし、セールスドライバーの給料や待遇は職場によっても様々であり給与体系にも違いがあります。

平均的な給料は高額とは言えませんが、工夫や努力、勤めている会社によってはさらに高い年収を得ることも可能です。

歩合給を活用して年収UP

年収の平均は300~400万円ほどですが、人によっては500万円を超える場合もあります。

これは、会社によって給与制度に歩合給を導入していることがあるためです。

つまり、基本給に加えて配達した荷物の分だけ追加で給料を貰えるため、努力して営業成績を挙げられる人は更なる高収入を狙えるのです。

特にセールスドライバーは体力勝負の一面もあるため、体力に自信のある場合は歩合給での給料UPも狙いやすいかもしれません。

また体力だけでなく、営業の工夫次第では年収を底上げすることも可能です。

大手運送業者なら高待遇も

歩合給に加えて、大手の運送業者で働くことでも比較的高い給料が望めるかもしれません。

会社によっては20代のうちからでも年収500万を超えるような場合も珍しくありません。

それだけではなく高額のボーナスや、その他様々な手厚い手当も整っている場合もあります。セールスドライバーを目指す場合には、志望する会社の待遇などについて事前に確認してみてはいかがでしょうか。

セールスドライバーは激務?

セールスドライバーは激務だと言われることも多い仕事でもあります。

これは、運転による配送業務が主な仕事であるため、仕事を続けていくためにはかなりの体力が必要になってしまうのが原因です。

特にお中元の時期など配達物が増える時期は非常に忙しくなり、業務は数ある仕事の中でもハードなものとなります。

通販の増加により人手不足に

近年ではネットショッピングを利用する人が爆発的に増えたため、セールスドライバーの仕事も急激に増え人手不足になってしまっています。

ただ量が増えただけではなく再配達など様々なサービスも行わなくてはならないため、セールスドライバーが激務と言われる理由の一つにもなっています。

各運送業者同士の競争も激化しているため、サービスドライバーに求められる業務の量は増加傾向です。

サービスドライバーの将来性は?

現在の業務はかなりのハードワークとなっていますが、そのような現状を受け段々と労働環境を改善しようという動きも見られ始めました。

体力が必要な仕事であることは変わりありませんが、今後の進展次第では業務内容も多少は楽になるかもしれません。

人手自体は不足しており今後も需要は増えると予想されているため、体力さえあれば今後も安定して仕事を続けられる職業と言えます。

まとめ

セールスドライバー配達物の配送から料金回収、営業までを行う仕事です。

通販サイトの増加と共にニーズは拡大し続けており、物流業界や私たちの生活にとっても無くてはならない存在です。

年収は300~400万円ほどが一般的とされていますが、歩合給を導入している場合も多いため努力次第では年収500万円以上を狙うこともできます。

現在は人手不足や業務内容の増加により激務になっていますが労働環境を改善しようという動きもあるため、体力に自信のある方はセールスドライバーに挑戦してみてはいかがでしょうか。

コメントを残す

*

*