ブライダルコーディネーターのなり方は?月収や年収・仕事内容を解説

masman

by nishimura

更新日:2019-10-17

ブライダルコーディネーターのなり方、求められる事、給料や仕事内容などをまとめました。気になる月収と年収やブライダルコーディネーターに向いている人、ブライダルコーディネート技能検定と資格試験の受験資格についても詳しくご紹介します。

       

結婚を予定しているカップルからブライダルのイメージを聞き、式当日までその実現への手助けをする、結婚式に関する様々な相談に応じるのがブライダルコーディネーターの仕事です。

ブライダルコーディネーターのなり方と月収と年収、仕事内容についてご紹介します。

ブライダルコーディネーターの資格はアシスタント・ブライダル・コーディネーター検定からブライダルコーディネート技能検定に変わり、2018年から国家資格になりました。

豊かな想像力でその人に添ったプランニングを行うブライダルのプロです。

コスパ良く資格をGET!

メディパートナーバナー

比べて選ばなきゃ損!!
有名なスクールから実は穴場の超おすすめ通信講座まで、67,000以上もの情報から客観的に比較してあなたにピッタリな講座を選べる!!

資料はすべて無料で、たった1分の簡単な基本情報の入力で一括資料請求可能!!

簡単!無料資料請求はこちら

目次

ブライダルコーディネーターの仕事内容

ブライダルコーディネーターの仕事内容は、結婚する2人の要望を聞き出してその人それぞれに合ったブライダルプランを提案するお仕事です。

理想の結婚式・新婚旅行となるよう婚礼についての基礎知識や、業界の専門的な知識を活用してサポートします。

時代や文化の変化に伴い、ブライダルも個性化が重視されたり国際化、多様化しています。

そのため、ブライダルマーケティング、地域ごとの婚礼に関わる習慣や特徴の違いに加えて、キリスト教式、仏前式、神前式、人前式など様々な形式の現状や特徴についても学んで、多種多様なニーズに的確に対応し、アドバイスやコーディネートを行います。

専門学校や講座のでの専門的な勉強はブライダルコーディネーターになる為に必要不可欠となりますので、まずは資料請求で情報収集する事が重要です。

専門学校や通信講座を行っている各校の資料は無料で請求出来る為、まずは無料で資料請求する事が第一歩となります。

ブライダルコーディネーターに求められる物

仕事内容で説明した様に、結婚を控えるカップルに決められた予算や希望に沿った結婚式と披露宴を豊かな想像力でプロデュースするのがブライダルコーディネーターに求められます。

ブライダルコーディネーターはブライダルプランナー、ウエディングプランナーとも呼ばれる仕事になります。

お客様が求める結婚式のあらゆる心配や相談事に対して、的確なアドバイスや提案をする事が強く求められ、理想通りの結婚式を成功させた時のお客様の喜びや達成感が非常に大きなやりがいがある素敵なお仕事です。

ブライダルコーディネーターとして様々な経験を積み重ねればフリーランスのブライダルコーディネーターとして活躍する事も可能となる程のやりがいと魅力に溢れた仕事です。

ブライダルコーディネーターに求められる基礎知識

ブライダルコーディネーターは結婚式におけるプラニングのプロフェッショナルとなるため、ブライダルコーディネーターになるには非常に幅広い知識が求められます。

ブライダルコーディネーターになるまでに求められる基礎知識をまとめました。

  • 結婚の法的意義
  • 日本の結婚の歴史・風習
  • 欧米の結婚式の歴史
  • 宗教と結婚式
  • ブライダル業界のマーケティング、ブライダルのスケジュールの立て方・管理の仕方
  • お客様への対応方法とブライダル業界でのマナー
  • 洋装のドレスコード、和装の基本知識
  • フラワーアイテム、ヘアメイク、アクセサリーの選び方
  • 当日の業務の流れや進行の詳しい流れ
  • ブライダルに関わる全ての実務知識

ブライダルコーディネーターに求められる知識の理解

ブライダルコーディネーターのなり方の前提として、ブライダルコーディネーターにはお客様が求める結婚式のイメージを最適に提案しプランニングするため非常に幅広い知識が求められます。

結婚式の歴史や風習、法的な意味合いなどの基本知識からブライダル業界でのマーケティング方法やプランニングの仕方、お客様の対応方法などの知識も必要です。

特にマナーや気配りに関しては非常に厳しく見られるため、ブライダル業界でのマナーや気配りの基礎知識を確実に身につける必要があります。

ブライダルプランナーになるには?検定とるには?難易度・仕事内...
ブライダルプランナーとは結婚を控えるカップルに結婚式や披露宴をプロデュースするお仕事になります。一から作り上げるため、とても大変な仕事ではありますが「自分がプロデュースした」からこそ感動もありやりがいもあります。
ブライダルプランナー検定資格取得の難易度や合格率についてご紹介
今回はブライダルプランナー検定などウエディングプランナーを目指している方にオススメの資格についてまとめました。年収や資格試験の合格率、難易度も紹介するので是非参考にしてください。

コスパ良く資格をGET!

メディパートナーバナー

比べて選ばなきゃ損!!
有名なスクールから実は穴場の超おすすめ通信講座まで、67,000以上もの情報から客観的に比較してあなたにピッタリな講座を選べる!!

資料はすべて無料で、たった1分の簡単な基本情報の入力で一括資料請求可能!!

簡単!無料資料請求はこちら

ブライダルコーディネーターに必要な能力

ブライダルコーディネーターに必要な能力

ブライダルコーディネーターの仕事内容は、お客様の理想とする結婚式の内容を理解して汲み取って、結婚式や披露宴に関する文化・慣習等のプロとしてそれらを考慮しつつ、結婚式に関わっている幅広い関係者をコーディネートしてお客様に合ったブライダルのサービス・プランニング・商品等を提供する仕事です。

ブライダルコーディネーターに求められる物は知識だけでなく、能力やセンスも非常に大切なのでご紹介します。

ブライダルコーディネーターに求められる能力

ブライダルコーディネーターには主に4つの能力が求められるのでまとめてご紹介します。

  • お客様の求める物を的確に理解し受け取るための「コミュニケーション能力」
  • 予算やお客様に合った適切なサービス・商品等を創造して企画する「プランニング能力」
  • お客様に結婚式の内容を分かりやすく提案と説明をする「プレゼンテーション能力」
  • 結婚式と披露宴を円滑に事故や失敗無く運営を行う「オペレーション能力」

ブライダルコーディネーターに必要な能力への理解

ブライダルコーディネーターに求められる能力においてコミュニケーション能力はとても重要になります。

お客様の求める結婚式の理想像を的確に受け取るには、まずはお客様の事とコミュニケーションを取って、人となりや性格、好みを深く理解する必要があるのでコミュニケーション能力は必要なのです。

コミュニケーションから得られた結婚式の理想像を元に、お客様に合った結婚式の細かな部分まで想像してサービスや商品を企画するプランニング能力が次の段階に必要です。

企画した結婚式のプランをお客様に魅力的で分かりやすく提案して細かく説明しなくてはならないので、ブライダルコーディネーターにはプレゼンテーションの能力は必要不可欠です。

そして、結婚式当日を最後まで滞りなく円滑に行うためのオペレーション能力も欠けてはならない能力です。

仕事内容を紐解くと、コミュニケーション豊かに想像力溢れた責任感のある仕事と汲み取れます。

【ブライダルプランナーを目指す人へ】仕事内容や資格をまとめてみた
”ブライダルプランナー”とは、結婚式の主役である新郎・新婦と話し合いを重ねて、それぞれの要望を上手く取り入れながら一生の思い出となる結婚式をプロデュースします。この仕事をするには、どのような資格や検定が必要なのでしょうか?
ウェディングプランナーの年収や初任給など収入についてまとめてみた
「お客様の幸せを祝いすぎて、自分の婚期を逃す」って本当!?ウェディングプランナーの気になる年収・初任給・ボーナスを調査!!ユニークな福利厚生にも注目。あなたの力で純白のお姫様に魔法にかけてみませんか?

コスパ良く資格をGET!

メディパートナーバナー

比べて選ばなきゃ損!!
有名なスクールから実は穴場の超おすすめ通信講座まで、67,000以上もの情報から客観的に比較してあなたにピッタリな講座を選べる!!

資料はすべて無料で、たった1分の簡単な基本情報の入力で一括資料請求可能!!

簡単!無料資料請求はこちら

ブライダルコーディネーターの資格

ブライダルコーディネーターの資格

ブライダルコーディネーターのなり方として特別必要な資格はありませんが、持っていると転職やステップアップにとても有利になる資格があります。

それはブライダルコーディネーター技術検定という資格試験です。

ブライダルコーディネーター技術検定の資格は3級から1級までで、どれもが受験資格が設定されておりブライダル事業に従事していなければ検定に受験する事が出来ませんが、資格を取得していればお客様の安心や信頼にも繋がりますし、ブライダルコーディネーターとしてある程度の実力の指標としても見られる大きな資格となります。

また会社によっては月収や年収アップにも繋がる有力な資格です。

ブライダルコーディネーター技術検定の運営管理団体

ブライダルコーディネーター技術検定の資格は「公益社団法人日本ブライダル文化振興協会:略称(BIA)」が運営管理を行っております。

主にブライダルに関する研修会・セミナーの開催やブライダル業界の人材育成、ブライダル業界の調査及び研究、婚礼に係る施設の紹介・斡旋、施設・サービスの提供を行う事業です。

ブライダル文化及び産業の健全な発展を図り、生活文化の向上に寄与することを目的としています。

公益社団法人日本ブライダル文化振興協会:略称(BIA)

平成7年11月1日に設立された、日本のブライダル業界では唯一の業界団体です。国内のホテル・結婚式場および婚礼に直接かかわる企業など約530社によって構成されている公益法人です。ブライダルに関する研究・調査、情報の収集や提供もしています。ブライダル業界で今、またこれから必要とされる人材の育成を目指して、セミナーや研修会も開催しています。


ブライダルコーディネーター資格の級別で求められる物

ブライダルコーディネーター資格の級別で資格所有者に求めらる物が全然違うので、確認する事で資格取得に有利になるだけでなく、ブライダルコーディネーターとしてより目指すべき点が明確になりますのでご紹介します。

試験にだされる範囲と内容は公益社団法人日本ブライダル文化振興協会の公式ホームページより掲載されるので必ずチェックしましょう。

ブライダルコーディネーター3級に求められる物

  • お客様のブライダルに対するニーズの聞き取り、既存サービス・商品等を組み合わせた提案ができる。
  • ブライダルコーディネーターに必要な知識・技能・実践力を理解している。

ブライダルコーディネーター2級に求められる物

  • 顧客のブライダルに対す、より潜在的なニーズを汲み取り既存のサービス・商品等を組み合わせて、顧客に合ったブライダルをコーディネートできる。
  • ブライダルコーディネートに必要な知識・技能・実践力を身につけ、それらを実際の業務の中で活用できる。
  • 婚礼のマネジメントを担える。
  • ブライダル業界の中核となるブライダルコーディネーター。

ブライダルコーディネーター1級に求められる物

  • ブライダル市場のトレンドを把握し、顧客のブライダルに対する潜在的なニーズを汲み取り、既存のサービス・商品等のみならず、新規提案するものも組み合わせて、顧客に合ったブライダルをコーディネートできる。
  • ブライダルコーディネートに必要な知識・技能・実践力を身につけているのみならず、それらを体系的に理解し、他のブライダルコーディネーターの指導や育成ができる。
  • 組織単位(ブライダル部門等)のマネジメントを担うことができる。
  • 後進の目標となるブライダルコーディネーター。

ブライダルコーディネーターの受験資格

ブライダルコーディネーター技術検定には学科試験と実技試験の2つに分けられており、学科試験を合格した後に実技試験を受ける事になります。

学科試験を受験するには受験資格が定められており、条件を満たしていないと受験する事が出来ません。

また受験資格も級ごとに違ってきますので、まとめてご紹介します。

ブライダルコーディネーター3級受験資格

  • ①ブライダル事業関連業務に従事している者及び従事しようとしている者

ブライダルコーディネーター2級受験資格

  • ①3年以上の実務経験
  • ②3級の技能検定に合格者
  • ③アシスタントブライダルコーディネーター検定の合格者

ブライダルコーディネーター1級受験資格

  • ①7年以上の実務経験
  • ②2級の技能検定に合格して、その後2年以上の実務経験
  • ③ブライダルコーディネーター養成講座を修了して、2年以上の実務経験

ブライダルコーディネーターの資格を簡単に取るには

ブライダルコーディネイターを目指す場合に基礎知識はもちろん、専門的な知識を多く学ばなければならないため専門学校や専門の講座を受ける必要が出てきます。

ブライダルコーディネイターの試験合格をされている方のほとんどが専門学校を経ている方なので、専門学校や専門講座を受ける事が合格への近道となります。

しかし、学校や講座によって力を入れている部分が違うので、各校の資料をしっかりと確認する必要があります。

無料で資料請求が出来る専門学校や講座があるので、まずは無料の資料請求をして専門学校の情報収集が第一歩です。

メディパートナーバナー  ブライダルコーディネイター資格取得への近道!

ブライダルコーディネーター技術検定の日程について

ブライダルコーディネーター技術検定の日程

ブライダルコーディネーター技術検定を受験するに当たって、試験内容や受験料、試験日も級ごとに全然違いますのでご紹介します。

ブライダルコーディネーター資格を比較的取りやすい3級からある程度実務経験を積まなければならない1級まで、まずは日程をまとめていきます。

ブライダルコーディネーターの学科試験日程

ブライダルコーディネーターの試験は、学科試験と実技試験に分かれます。

学科試験に合格しなければ実技試験への受験資格を満たせないので、まずは学科試験から日程を紹介します。

ブライダルコーディネーターの学科試験日
受験申請日 試験日 合格発表
1級 10月終わり頃まで 12月初め頃 12月終り頃
2級 10月終わり頃まで 12月初め頃 12月終り頃
3級 11月終わり頃まで 1月中頃 2月の終わり頃(実技試験の合格発表と同時)

ブライダルコーディネーターの実技試験日程

1級と2級に関しては日付が似ていますが、3級の試験日程が1級2級とは異なるため注意が必要です。

ブライダルコーディネーターの実技試験日
受験申請日 試験日 合格発表
1級 1月初め頃から終り頃まで 2月終り頃 3月終り頃
2級 1月初め頃から終り頃まで 2月の中頃 3月終り頃
3級 学科試験と同じ 学科試験終了後の約30分後に実技試験 2月の終わり頃(学科試験の合格発表も兼ねる)

ブライダルコーディネーター技術検定の受験料金

ブライダルコーディネーター技術検定の料金

ブライダルコーディネーター技術検定検定では受ける級と学科試験、実技試験のどちらかを受けるかによって受験の料金が細かく違ってきます。

ブライダルコーディネーター技術検定の受験料金の違いについてまとめます。

ブライダルコーディネーター学科試験受験料金

ブライダルコーディネーターを受験する際には学科試験から受ける必要がありますので、学科試験の料金からご紹介します。

ブライダルコーディネーター学科試験料金
受験料金
1級 8,000円+税
2級 6,000円+税
3級 4,000円+税

ブライダルコーディネーター実技試験受験料金

次にブライダルコーディネーター実技試験の受験料金をご紹介します。

学科試験と比べて実技試験の受験料金は高く設定されていますので、受験をやり直す事が無いように落ち着いて試験をやりきる事が大切です。

ブライダルコーディネーター実技試験料金
受験料金
1級 24,800円+税
2級 19,800円+税
3級 3,000円+税

ブライダルコーディネーターの月収と年収

ブライダルコーディネーターの月収と年収

ブライダルコーディネーターとして活躍する場合にやはり気になるのは月収と年収です。

キャリアを積むことでどう月収と年収が変わるのか、またブライダルコーディネーターをフリーで活躍した場合にどれくらい月収と年収は変わるのかをまとめます。

ブライダルコーディネーターの月収

ブライダルコーディネーターとして活躍している方の月収についてまとめてみました。

ブライダルコーディネーターの受験資格に実務経験が必要な様に、キャリアを積むことでより大きな仕事を担う事が出来てより多くの顧客をプランニングする事が出来る様になります。

ですので、必然的にブライダルコーディネーターとしてキャリアを積むことで月収は上がっていく傾向にあります。

またフリーランスでブライダルコーディネーターをする場合、一件一件で料金が変わり件数にもよって月収が変わります。

ブライダルコーディネーターの月収
年代 月収
20代 18万円~23万円
30代 23万円~28万円
40代 30万円~35万円
フリーランス 20万円~60万円

ブライダルコーディネーターの年収

月収の表で見た通り、キャリアを積めば積むほど自分で受け持たせてくれる仕事量が増えるので月収と年収は増えていきます。

フリーランスで活動する際にはホテルや結婚式場で務めて経験と実績としっかりと積み、人との繋がりを大切にすることでフリーとして大きく活躍できるようです。

ブライダルコーディネーターの年収
年代 年収
20代 約300万円~380万円
30代 約400万円~450万円
40代 約500万円~550万円
フリーランス 約350万円~700万円

ブライダルコーディネーターのなり方

ブライダルコーディネーターに向いている人

ブライダルコーディネーのなり方としては、資格がなくても始められるお仕事なので未経験からでも求人募集があります。

一番早いなり方としては、ホテルや結婚式場のブライダルコーディネーターの求人を探す事が、一番早いブライダルコーディネーターのなり方と言えます。

ブライダルコーディネーターのなり方として一番選ばれているのは、ホテルや冠婚葬祭関係の専門学校に通って知識や技術を磨いた上でブライダルコーディネーターに就職される方が多いです。

フリーランスのなり方や、より質の高いブライダルコーディネーターのなり方としては、実績を積み重ねて資格を取ることが必要とされてきます。

ブライダルコーディネーターに向いている人

結婚式は人生の中でもとても大きなイベントです。

数百万単位のお金もかかわる特別なものなので、そのぶん質の高い仕事や正確さが求められてお叱りや苦情に対応する必要が発生する場面もあるので、タフな精神力があり他の人の幸せをお手伝いすることにやりがいを感じる人はこの職業にとても向いているでしょう。

また、流行や結婚式のスタイルは日々変化しているので既存のやり方に縛られすぎず、最新のブライダル事情を意欲的に収集・取り入れることも大切になってきます。

ブライダルコーディネーターの現状

近年、結婚式を挙げないことにする人や、挙げるとしても少人数で家庭的に行いたいと考えている人が増えていて、以前のように盛大で出席者も多いウェディングを計画する人は減少しています。

しかし、結婚式を考えた時に必ずブライダルコーディネーターは必要となりますので、これからも多く必要とされる職業となるでしょう。

月収と年収も経験を積めば上がっていく傾向にあり仕事内容も創造性豊かに働ける為、ブライダルコーディネーターの人気は常に一定以上あります。

ブライダルコーディネーターの将来性

大規模なものではなくても結婚式は挙げたい、自分の晴れの姿を両親に見せたい、憧れのウェディングドレスを着てみたい等と考えている人は少なくなくありません。

それぞれの予算に応じて、結婚する2人の要望に応え、理想の結婚式となるようなプランを提案できる人が求められています。

ブライダルコーディネーターの資格で求められるている能力をより研鑽を積めば必然と優秀なブライダルコーディネーターとして大きく活躍出来ます。

また、フリーランスのなり方としてはホテルや式場で活躍しながら人との繋がりを多く持つことでフリーランスのブライダルコーディネーターとして活躍も出来る為、月収や年収はもちろん仕事内容も大きく広がるので将来性は大いにあるといえます。

ブライダルコーディネーターの独立について

フリーで活躍するブライダルコーディネーターのなり方は、それまでに沢山の大きな式をコーディネートして成功させてきたり、有名人の式も担当できるような実力が必要です。

フリーで活動した場合、年収は大幅にアップし600万を超えることも可能と言われていますが、仕事が入らなければ収入も0円になってしまいます。

独立を目指すなら、ブライダルコーディネーターとしてのセンスを磨くことも大切ですが、上手に営業ができるということも重要な要素です。

就職先の正しい選び方は?自分のスキルや資格を正しく活かす方法とは
自分の持っているスキルや資格を生かして転職先、就職先を探したいという人必見です。就職先、転職先を探す場合の注意点や自分に合った正しい選び方を紹介します。また、今後就職や転職を控える人が取得すべき資格についても解説しています。
フリーランスと個人事業主の違いとは?届出や仕事の受注に違いは...
会社に属さずに個人で仕事をしている人をフリーランスや個人事業主と呼びます。意外と知られていないようなのですが、正確には意味が違うのです。この記事では二つの言葉の意味に加え、届出の必要性、仕事の仕方・受注の違いなどを詳しく解説しています。

コスパ良く資格をGET!

メディパートナーバナー

比べて選ばなきゃ損!!
有名なスクールから実は穴場の超おすすめ通信講座まで、67,000以上もの情報から客観的に比較してあなたにピッタリな講座を選べる!!

資料はすべて無料で、たった1分の簡単な基本情報の入力で一括資料請求可能!!

簡単!無料資料請求はこちら

ブライダルコーディネーターのなり方は?月収や年収・仕事内容まとめ

メディパートナーバナー

 ブライダルコーディネイターを目指せる講座

いかがでしたでしょうか?

ブライダルコーディネーターのなり方と仕事内容、資格試験の詳細、ブライダルコーディネーターとして活躍してからの月収と年収についてまとめてました。

ブライダルコーディネーターとして活躍する場合に、未経験からでもたくさん募集はありますし専門学校の通学や講座の受講などを経てブライダルコーディネーターについて詳しい勉強をすればより活躍できる幅は広がります

月収と年収も活躍を続けていれば上がっていき、フリーランスとして活躍すれば月収と年収の向上はもちろん、仕事内容を自分の思うように作る事も可能になります。

顧客の一人一人のニーズをしっかりと把握し、創造性に富んだプランを提案し、最後まで結婚式という盛大な一日を失敗なく作り上げる大きなやりがいと感動を共有できる素敵なお仕事です。

ブライダルコーディネイターの資格取得は、資料をどれだけ集めて確認する事が出来るか、から始まっていると言っても過言ではありません。

まずは専門学校や講座に関する資料の無料請求を必ず行い、ブライダルコーディネイターについての資料集めから始める事が大切です。

コメントを残す

*

*