ウエディングプランナーになるには?仕事内容や気になる年収をご紹介

masman

by MATSUZAWA

更新日:2019-05-02

公開日:2019-04-19

ウエディングプランナー

今回はウエディングプランナーの主な仕事内容や気になる年収、また就職の難易度についてまとめました。ウエディングプランナーになるにはどのような方法があるのかも含めてご紹介します。


誰でも一度は耳にしたことがあるかと思いますが、皆さんはウエディングプランナーと聞くとどのようなイメージがありますか。

将来ウエディングプランナーを目指している方もいるとおもいます。

そこでウエディングプランナーの日頃の仕事内容や年収、就職の難易度を紹介します。

ウエディングプランナーになるには具体的にどのような方法があるかということも含め一緒に見ていきましょう。


ウエディングプランナーとは?

ウエディングプランー

ウエディングプランナーとは、ブライダルプランナーやブライダルコーディネーターと呼ばれることもあり、結婚式や披露宴などの企画から当日の運営までをプロデュースする仕事です。

特に女性に人気のあるウエディングプランナーは一生に一度の重要なイベントである結婚式で最高の思い出を作り上げるという重要な役割を担っています。

そのため、式を挙げる予定のカップルの意見や要望を聞き入れ、それに対して最善の提案をしながら全力でサポートします。

ウエディングプランナーの仕事内容

ウエディングプランナーの仕事は、結婚式や披露宴の企画から当日の運営という表立った業務に加えてその他にも重要な業務があります。

ウエディングプランナーと聞くと一見華やかな職業であるというイメージがありますが、それとは裏腹に大変ハードな業務もたくさんあります。

その1:披露宴の提案・営業業務

ウエディングプランナーの最初の重要な業務は披露宴や結婚式の提案や営業です。

一般的には各式場を訪れるカップルに対していくつかのプランを提案したり、ヒアリングを行って顧客の式に対する具体的な要望やスタイルを把握します。

また、実際に顧客と一緒に会場を周りながら下見を兼ねてその魅力を紹介します。

式を挙げる予定のあるカップルはほとんどの場合いくつかの式場を訪れてから決定するため、披露宴の提案・営業業務でいかにその魅力を伝えられるか、要望に合った式を実現できるかということがウエディングプランナーに必要とされるスキルの1つとなります。

その2:式の事前準備や打ち合わせ

ヒアリングを行いある程度式のスタイルやイメージが決まったら、具体的に式の日程や予算、その他詳細などの事前準備を行います。

新郎新婦が着ることになるウエディングドレスや衣装などの決定や式の段取り、進行、BGM、照明などの細かなレイアウトを決め各スタッフや業者への発注も行います。

また、新婦のヘアメイクや衣装に関する相談を受けたり、結婚式の前に衣装を着て写真を撮る「前撮り」に関する各手続きや準備にも携わることがあります。

それらの準備や式の詳細に関して何度も打ち合わせを行い、新郎新婦から要望や質問があれば随時対応しながら式を問題なく開くための重要な仕事をします。

そのため、ウエディングプランナーになるには式に携わる関係者全員と連携するためのコミュニケーション能力も必要となります。

その3:式当日の運営

結婚式や披露宴当日にもウエディングプランナーには重要な業務がたくさんあります。

式の開始時間前から滞りなく準備ができているかを確認しつつ、式が始まってからはお色直しや進行の手伝い、指示などをつきっきりで行うことになります。

無事に式が終了してからもウエディングプランナーは後片付けや次の顧客との打ち合わせなど、大変ハードな業務になっています。

ウエディングプランナーにとっては1日に複数回式に携わる場合もありますが、式を挙げる当事者たちにとっては一生に一度のイベントであるため、最高の思い出も作り上げるためにも一つ一つの式を確実に成功させることがウエディングプランナーにとっての最大の役目なのです。

ウエディンプランナーになるには?

ウエディングプランー

以上の3つがウエディングプランナーの主な仕事内容になります。

特に女性に人気のあるウエディングプランナーは一見華やかな職業のように思われがちですが、大変ハードな業務をこなす必要があります。

それではウエディングプランナーになるにはどのような方法があるのか一緒に見ていきましょう。

ウエディングプランナーになるには関連資格の取得をしよう

ウエディングプランナーになるには特別な資格は必要なく、各結婚式場やブライダル関連会社に就職することでなることができます。

しかし、ウエディングプランナーは人気の職業であることから、どの会社でも倍率が高いため就職の難易度は高く、また即戦力になる人材が求められています。

そのため、ウエディングプランナーになるには大学や専門学校でウエディングプランナーに関する知識を身につける、もしくは関連の資格を取得することをオススメします。

主な関連資格には「全米ブライダルコンサルタント協会認定資格」「ブライダルプランナー検定」などがあり、いずれも難易度の高い資格となっております。

ウエディングプランナーの気になる年収

気になるウエディングプランナーの年収ですが、雇用形態や各式場の規模などによって異なるため一概には言えません。

しかし、ウエディングプランナーの平均年収は250万〜450万円と言われており、比較的サラリーマンの平均年収とほぼ同じか少し少なめが目安となります。

もちろん持っている資格や勤続年数によって昇給もあり、将来独立してフリーランスとしてウエディングプランナーになりより多くの年収を稼ぐことも可能です。

ウエディングプランナーのやりがい

ウエディングプランナーは新郎新婦のかけがえのない思い出になる日を作り上げることが使命であるため大変やりがいのある仕事となります。

式の準備やプロデュースを行う過程では予期せぬトラブルや準備が思い通りに進まずハードな業務になることもあります。

しかし、式を終え新郎新婦やその他関係者から「ありがとう」と感謝の言葉をもらった際には感極まって泣いてしまうウエディングプランーの方も少なくありません。

ウエディングプランナーになるには?まとめ

今回はウエディングプランナーになるにはどのような方法があるのか、主な仕事内容なども含めて詳しく紹介しました。

ウエディングプランナーの主な仕事内容は式のプロデュースから当日の段取りや運営となり、新郎新婦にとって一生に一度の思い出づくりのお手伝いをします。

大変な業務もありますが大変やりがいのある職業でもあるので将来ウエディングプランナーになるには以上で紹介したことをぜひ参考にしてください。

コメントを残す

*

*