ブライダルプランナー検定資格取得の難易度や合格率についてご紹介

masman

by MATSUZAWA

更新日:2019-10-17

公開日:2019-04-10

ブライダルプランナー検定

今回はブライダルプランナー検定などウエディングプランナーを目指している方にオススメの資格についてまとめました。年収や資格試験の合格率、難易度も紹介するので是非参考にしてください。

       

女性のあこがれの職業の一つであるウエディングプランナー

将来ウエディングプランナーを志している方にとってブライダルプランナー検定を始めとする関連資格を持っていれば年収にも影響することがあります。

そこで、ウエディングプランナーを目指すのであれば持っておくべきオススメの資格やそれぞれの難易度、合格率について詳しく見ていきましょう。

コスパ良く資格をGET!

メディパートナーバナー

比べて選ばなきゃ損!!
有名なスクールから実は穴場の超おすすめ通信講座まで、67,000以上もの情報から客観的に比較してあなたにピッタリな講座を選べる!!

資料はすべて無料で、たった1分の簡単な基本情報の入力で一括資料請求可能!!

簡単!無料資料請求はこちら

ウエディングプランナー(ブライダルプランナー)とは?

ブライダルプランナー検定

ウエディングプランナーとは、新郎新婦にとって重要なイベントである結婚式や披露宴を総合プロデュースし、一生に一度の最高の思い出を作り上げる仕事をします。

特に女性の方にとってウエディングプランナーは憧れの職業の一つであり新郎新婦の重要な一日に携わることができることから、大変やりがいのある仕事でもあります。

しかし、ウエディングプランナーは一般的に華やかな印象がありますが、新郎新婦の要望や意見に合った式を実現するために入念な準備や何度も打ち合わせ等をすることになるため想像以上にハードな業務となります。

ウエディングプランナーの年収

ウエディングプランナーの年収は勤務先や勤続年数によって大きく変化するため一概には言えませんが、平均年収はおよそ250万〜400万円と言われております。

ウエディングプランナーは各結婚式場のあるホテルや関連会社に勤めたり派遣として働くことになりますが、キャリアを積めば将来フリーランスとして働くことができる職業でもあります。

ウエディングプランナーにオススメの資格

ウエディングプランナーになるには特別必要な資格はなく、各ブライダル関係の企業に採用されることでなることができます。

しかし、先程も述べたとおりウエディングプランナーは女性の間で特に人気のある職業であり、また即戦力として働ける人材が必要とされている業界であることから各専門学校でブライダル関係の知識を得る必要があります。

また、必須ではありませんがウエディングプランナーの関連資格を得ることもキャリアアップにつながるためおすすめです。

例えば、「全米ブライダルコンサルタント協会認定資格」や「ブライダルプランナー検定」などが挙げられます。

コスパ良く資格をGET!

メディパートナーバナー

比べて選ばなきゃ損!!
有名なスクールから実は穴場の超おすすめ通信講座まで、67,000以上もの情報から客観的に比較してあなたにピッタリな講座を選べる!!

資料はすべて無料で、たった1分の簡単な基本情報の入力で一括資料請求可能!!

簡単!無料資料請求はこちら

ブライダルプランナー検定

ウエディングプランナー関連の資格は様々な種類が存在しますが、その中でも世界的認知度が高く代表的な資格が全米ブライダルコンサルタント協会(ABC協会)が主催するブライダルプランナー検定です。

ABC協会ブライダルプランナー検定は欧米を中心に活躍するウエディングプランナーが数多く保有している資格であり、将来日本国内にとどまらず世界で活躍することを目指している方にもオススメの資格です。

ブライダルプランナー検定の概要

全米ブライダルコンサルタント協会のブライダルプランナー検定は2級と1級に分かれており、それぞれ年に2回試験が実施されます。

受験資格は特に無いため、将来ウエディングプランナーを志している方なら誰でも受験することができます

いずれのレベルもマークシート方式になっています。

ブライダル検定2級は制限時間90分となっており、日本国内における結婚式や披露宴など各挙式に関する基本的な知識、衣装や装飾などに関する総合的な知識について問われます。

また、欧米での結婚式のスタイルや概要、その他ウエディング関連行事についての専門的な知識も出題されます。

一方1級では、式のコーディネートや見積作成、打ち合わせなど実務業務に関するより専門的な知識に加え接客対応や言葉遣い、宗教やしきたりに基づいた式のプロデュースなどハイレベルな問題が出題されます。

また、1級の試験は一部記述式の問題も出題されるため関連知識の暗記だけでなく解釈する力も求められます。

ブライダルプランナー検定の難易度や合格率

全米ブライダルコンサルタント、ブライダルプランナー検定の合格基準は2級・1級いずれも原則として7割以上の正答率で合格となりますが試験の難易度によって毎回合格ラインは変動します。

合格率は2級で81%、1級で71%とそれほど難易度の高い試験ではありませんが、合格するためには公式のテキストを利用してしっかりと対策をする必要があります。

コスパ良く資格をGET!

メディパートナーバナー

比べて選ばなきゃ損!!
有名なスクールから実は穴場の超おすすめ通信講座まで、67,000以上もの情報から客観的に比較してあなたにピッタリな講座を選べる!!

資料はすべて無料で、たった1分の簡単な基本情報の入力で一括資料請求可能!!

簡単!無料資料請求はこちら

ブライダルコーディネート技能検定

ブライダルプランナー検定

ブライダルコーディネート技能検定は、公益法人日本ブライダル文化振興協会が主催する将来ブライダル業界での就職を目指すための社会人、学生向けの検定資格となります。

ウエディングプランナーを始めとする国内での関連業種に就職を考えている方にオススメの資格です。

ブライダルコーディネート技能検定の概要

ブライダルコーディネート技能検定は3級から1級に分かれており、まず3級からスタートし合格すれば次のレベルへの受験資格が与えられるという仕組みになっています。

ブライダルコーディネート技能検定の試験はいずれのレベルも学科試験と実技試験に分かれております。

学科試験3級では全て四肢択一方式の筆記試験となっていますが、2・1級では記述問題も出題されます。

ブライダルコーディネート技能検定の難易度や合格率

ブライダルコーディネート技能検定試験の合格基準はいずれの級も加点方式で原則として満点の70%以上が合格となっています。

試験の合格率は非公開ですが、2級・1級の試験で行われる実技試験では言葉遣いやプロデュースなどのロールプレイを行うことになるため、知識だけではなく実践的なスキルや技能も合格のためには必要となります。

ウエディングプランナーにオススメの資格まとめ

今回は将来ウエディングプランナーなどブライダル業界での就職を考えている方にオススメの資格について2つ紹介しました。

ブライダル業界は特別な資格がなくても就職することは可能ですが、やはり人気の業界であり即戦力として働ける人材が求められるため就職の難易度はハイレベルになりがちです。

以上で紹介したブライダルプランナー検定やブライダルコーディネート技能検定などの関連資格を得ることによってキャリアアップはもちろんのこと将来独立して働く際にも必ず役に立つため、興味のある方は資格取得にチャレンジしてみましょう。

コスパ良く資格をGET!

メディパートナーバナー

比べて選ばなきゃ損!!
有名なスクールから実は穴場の超おすすめ通信講座まで、67,000以上もの情報から客観的に比較してあなたにピッタリな講座を選べる!!

資料はすべて無料で、たった1分の簡単な基本情報の入力で一括資料請求可能!!

簡単!無料資料請求はこちら

コメントを残す

*

*