転勤の頻度や手当など国家公務員になる際に知っておくべきこととは?

masman

by MATSUZAWA

更新日:2019-06-17

公開日:2019-06-17

国家公務員

今回は国家公務員に関して、国家公務員として働く上で知っておくべきことについてまとめました。転勤の頻度は?費用は?手当はどれくらい貰えるの?このような疑問がある方はぜひ参考にしてください。

       

私達の快適な生活を支える国家公務員

国家公務員には業種・業態ごとに実に様々な役職があります。

また、国家公務員は他の職業に比べて、収入や生活の面で安定しているという魅力があることから、国家公務員を目指す方もたくさんいます。

そこで、国家公務員として働く上で知っておくべき転勤の頻度や手当、各種費用のことについて詳しく紹介します。

国家公務員とは?

国家公務員

そもそも国家公務員とは、「国に仕える役人」というイメージがありますが、厳密に言うと行政府、立法府、司法府など国の機関に勤める人を指します。

具体例として、国会議員、裁判官、自衛官、警察官、入国審査官、外交官が挙げられ、その他公益法人や国立の施設に勤める職員も国家公務員に該当します。

国家公務員は憲法によって「全体の奉仕者」と定められていることから、営利目的の民間企業とは異なり、社会貢献や私たち国民の快適で豊かな生活のために働きます。

国家公務員は最も安定している職業

国家公務員は、福祉、教育、産業、労働、財政などあらゆる分野で活躍する専門家であり、国を機能させるための大変な業務を毎日のように行っています。

そのため、他の職業にくらべて給与面、生活面においての安定が保証されています。

国家公務員の給料は私達が収める税金から支払われ、その額は人事院の年俸表に規定されています。

もちろん勤続年数やキャリア、各分野での実績によって一定額の給料から昇格することが事前に決まっており、基本給以外にも福利厚生やボーナスがあるため、国家公務員は最も安定している職業と言えます。

国家公務員の転勤事情は?

皆さんの中には、「国家公務員は転勤が多い」というイメージを持っている方や、身内に国家公務員がいるため身をもって実感している方もいると思います。

また、将来実際に国家公務員として働くことを目指している方もいるでしょう。

そこで、国家公務員として働く上で知っておくべき国家公務員の転勤事情について一緒に考えて行きましょう。

国家公務員の転勤や移動が多い理由や頻度

一言に国家公務員といっても様々な役職があるため一概には言えませんが、国家公務員は基本的に勤続年数に応じて転勤することが予め法律によって規定されています

その理由としては、①公平・公正な業務を行い民間との癒着を防ぐため、②全国の関連施設における公平なサービスの提供、③異なる勤務先におけるキャリアアップやスキルアップ、の3つが主に挙げられます。

また、地方公務員の場合転勤先・異動先が近隣のエリアであることが多いのに対し、国家公務員の場合は日本全国が転勤先・移動先の候補となります。

頻度としては、一般的には今の勤務場所においておよそ3年程経過した時点で転勤となりますが、一部の幹部候補として採用された国家公務員の場合は1〜2年で転勤または異動となることが多いです。

転勤の際にかかる費用や手当

転勤や異動するとなると引越し代や入居費、家賃など様々な費用がかかりますが、それらの費用を国家公務員自らが自腹で支払うというようなことは決してありません。

転勤の際に掛かった費用は各種手当の支給という形で賄われます。

例えば、賃貸物件に住む場合に支給される月額最高2万7000円の「住居手当」、通勤時に交通機関を使用する場合、月額最高5万5000円支給される「通勤手当」、異動や転勤によって配偶者や家族の元を離れて単身赴任する際に月額最高6万8000円支給される「単身赴任手当」などが挙げられます。

国家公務員に支給されるその他の手当

以上で挙げた転勤に関する手当以外にも、国家公務員として働く上で享受できる様々な手当があります。

例えば、民間賃金が比較的高い地域で勤める際の「地域手当」、扶養家族がいる場合に支給される「扶養手当」、主に北日本など寒冷地に勤務する公務員に対する「寒冷地手当」、その他超過勤務手当、育児休暇手当、退職手当などが挙げられます。

このように、各種手当ての数だけでも他の職業に比べれば圧倒的に多いこと、どんな環境においても快適に仕事や生活をするための各種制度が整っていることが国家公務員として働く最大の魅力となります。

国家公務員になるための適性や苦労、やりがい

国家公務員

国家公務員は受給する手当が多いから、働きやすくて人気の職種である…というイメージが強いかもしれませんが、もちろん、これだけの手当てが出るので、仕事内容も責任のある内容ばかりです。

公務員や管理職が高給取りなのは、その分の責任を負っているからですので、楽に稼いでいるわけではありません。

国家公務員の仕事の苦労ややりがいについてまとめてみました。

「国を背負った仕事をしている」という認識を持つ

大げさかも知れませんが、どの役職に就くにしても国家公務員として働いている以上は「国を背負った仕事をしている」という認識を常に持っておく必要があります。

というのも、直接的、間接的問わず国家公務員の仕事は全て私達の暮らしや経済活動、海外との関わりや治安維持に影響するからです。

そのため、たとえどんなに階級が低いにしても、常に責任感を持って仕事に従事できる方が国家公務員として向いています。

業務が多忙になることも珍しくない

国家公務員の一日の勤務時間は予め決まっていますが、特に中央省庁の官僚や国会議員といった国の中枢機関で働く場合には、長時間労働や残業が当たり前のようにあります。

というのも、官僚の場合は国会や予算委員会の日程が近づくと答弁書類の原稿作成や必要書類の準備など業務が非常に多忙になります。

これらは社会問題の一つとなっていますが、なかなか改善策が今のところ無いのが現状となっています。

強い責任感を持って熱心に働くことはもちろん素晴らしいことですが、体調管理には気をつけましょう。

国家公務員の転勤の頻度や手当とは?まとめ

今回は国家公務員の転勤事情や各種手当てについて詳しく紹介しました。

国家公務員は国を機能させるための非常に責任重大な業務を行っているため、場合によっては業務が多忙化することがあります。

しかし、その分給与や手当といった部分で手厚く待遇されるため、生活面、収入面において困ることはありません。

将来国家公務員を目指している方は以上で紹介した内容をぜひ参考にしてください。

コメントを残す

*

*