主婦におすすめの資格はどれ?通信教育で取った資格で再就職可能?

masman

by matsuo

更新日:2019-05-02

公開日:2018-12-26

一度は職を離れ、再就職を目指す主婦の方におすすめの資格をご紹介するページです。資格は再就職の際、あなたの強い味方となります。通信教育で取得が可能なものもご紹介していますので、ぜひご覧ください。


結婚・出産を経て、再就職をする女性が増えています。主婦の方が働きやすい環境を整える制度の整備も進んでいます。
とは言っても主婦の場合、家庭の事情や、お子さんのお迎え時間があり、勤務時間が限られてしまうのも現状です。

そこで、個人の知識やスキルをアピールできる「資格」はとても強い武器になります。
資格は、社会復帰を考える女性を後押ししてくれる心強い味方です。ここでは、主婦におすすめの資格を紹介します。

メディパートナーバナー 資料を比較して取得を目指す

主婦が再就職したい職場は?

主婦

上でも触れたように、昨今、一度仕事から離れ主婦になった女性が再就職をするケースは増えています。
それでは、主婦の皆さんはどんな職に就きたいと思っているのか、またその職に就くために有効な資格には何があるのか、詳しくご紹介します。

主婦から人気の高い再就職先

労働市場において人手不足が深刻な現代で、特に主婦層への求人は増加傾向にあります。
そのなかでも、飲食・サービス・介護・調理など、主婦の持っているスキルの延長線上にある職種の求人が多くなってます。

しかし、それらに対して「体力的に厳しそう」「ノルマなどがありそう」というマイナスイメージを抱く主婦の方が多いのも事実です。

そういった理由から、再就職の場として主婦の方から人気が高いのは、経理事務や一般事務などの事務仕事のようです。
しかしながら、人気が高いということは、そのぶん当然再就職は狭き門となってきてしまいます。

そこでモノを言うのが、「資格」です。
資格を持っているだけで、他の応募者に差をつけることができますし、
家庭の事情やお子さんのお迎えの時間などでどうしても勤務時間が限られてしまう主婦の方にとって、
大きな自信となり、強力な武器となってくれることでしょう。

事務仕事への再就職に有効な資格は?

では、事務仕事への再就職にはどういった資格が有効なのでしょうか。
詳しく見ていきたいと思います。

医療事務資格

「医療事務資格]は医療関係施設の事務職として働く際に役立つ、女性にとても人気のある資格です。
雇用形態は正社員・パート・アルバイトなど様々な上に、デスクワークがほとんどなため体力面でも嬉しい職種ですので、医療事務は長く働きたい方におすすめです。

医療事務資格は民間団体や学校が認定する民間資格であるため就職に必須ではありませんが、医療に関わるお仕事で専門性が求められるため、採用時に資格の有無を聞かれることも多いようです。
まさに「自信」と「武器」になってくれる資格の筆頭と言えます。

医療事務資格には複数の種類がある?それぞれの難易度とおすすめ資格
医療事務資格には複数の種類がある?それぞれの難易度や合格率はどのくらい?おすすめの医療事務資格はどれ?就職に資格の取得は必須?それとも任意?専門学校はある?独学しかない?
医療事務検定試験資格取得の難易度は?試験情報・報酬相場を徹底分析
医療事務検定試験は日本医療事務協会が主催する資格で、受験資格は特にありません。取得するには、独学でも問題はありませんが、医療への専門性が高いことから、医療事務系の専門学校へ通うことがオススメされています。
医療事務管理士技能認定試験の合格率や医療事務との違いについて解説
今回は医療事務と医療事務管理士の違いについて紹介します。医療事務といえば病院の窓口とも言える職業でもありますが、医療事務管理士とは何が違うのでしょうか?さらに医療事務管理士技能認定試験の詳細、合格率、難易度も併せて紹介します。

簿記

主婦の方が事務系の仕事に就職したいのなら、「日商簿記」の資格を取得するのがおすすめです。
簿記の資格は、経理の仕事はもちろん、事務系全般で大変重宝される資格です。
他の資格と比較して、簿記資格を必須スキルまたは歓迎スキルとしている応募案件は非常に多いと言えます。

また経理の仕事は、決算時期すなわち繁忙時期が事前に決まっているので、
急な残業が発生する心配も少ないのが魅力です。

日商簿記検定の難易度・仕事内容・合格率・給料相場
簿記の知識があれば、会社の経理や税務の部署で働く際に有効だけでは無く、財務諸表の読解力や基礎的な分析力を身につけることができます。また、仕事をする上で大切なコストへの感覚も身につきますので、全ての社会人に役立つ資格です。

介護事務

介護業務の運営に不可欠な「介護事務」の仕事内容は、介護報酬請求業務、いわゆるレセプトの作成が代表的ですが、
他にも受付・電話応対・スタッフのシフト管理や備品のチェックなど、事務全般を担当する事もあります。
このようにデスクワークが中心で、年齢に関係なく長く安定して働けるので、幅広い年齢の主婦の方におすすめの資格です。

介護事務の資格試験の難易度は?仕事内容・給料についても解説
少子高齢社会の中で社会的な重要性を増す介護。介護事務はその介護の仕事における顔であり、縁の下の力持ちです。そんな介護事務はどんな仕事内容なのか。お給料はどのくらいなのか。資格試験は難しいのか。徹底検証します。
介護事務管理士資格取得の難易度は?試験情報・報酬相場を徹底分析
介護事務管理士は、ケアプランの内容をきちんと理解したうえで、正確に介護報酬を計算する知識とスキルが求められます。介護サービスは全国にあるので、地域を問わずどこでも必要とされ、また、ライフスタイルに合わせた働き方が可能です。

通信教育で取れる資格は?

主婦

再就職の際に有利になる資格があることはわかったけど、そもそも独学で勉強できる自信がないし時間もない! という主婦の方も多い事かと思います。

そこで、通信教育によって自分のペースで取得が可能な資格をご紹介していきたいと思います。

先ずは無料で資料請求

リラクゼーションの資格

「自分のお店を持ちたい!」という想いをお持ちの主婦の方におすすめなのが、このリラクゼーションに関する資格です。
一般社団法人「日本リラクゼーション業協会」が認定する資格で、その種類は様々です。

この資格を取得して、どこかのリラクゼーション店舗で働いて実績を積んだのちに、「開業」という夢を叶えることもできます。 リラクゼーションの経験が全くない方でも取り組み始めやすいプログラムも組まれていますので、この機会にぜひ検討してみてください。

通信講座で開業も?リラクゼーションの資格を種類別に解説
リラクゼーション業界には非常に多くの種類の資格があります。民間資格であるリラクゼーションの資格は通信講座で資格を取得し、比較的容易に開業する事が出来る魅力のある資格です。今回はリラクゼーションの資格を種類別に解説していきます。

心理カウンセラー資格

心理カウンセラーになるには、大学などの専門機関に通って必死に勉強する必要があるイメージを持っていて、取得を諦めている方も多いのではないでしょうか。
しかし、心理カウンセラー資格には様々な種類があり、「メンタル心理カウンセラー」など、通信教育を利用して取得できるものもありますので、多忙な主婦の皆さんにおすすめの資格でもあります。

心理カウンセラーは近年需要が非常に高まってきていますので、この資格を取得しておいて損にはならないと思われます。

心理カウンセラーの資格は大学や通信講座で取得可能?年収は?
心理カウンセラーを目指すには、資格の取得が必須です。心理カウンセラーの資格は大学卒業が必須のものから通信講座で取得できるものまで様々です。今回は、そんな心理カウンセラーの資格や年収についてご紹介します。

ベビーマッサージ資格

特にお子さんをお持ちの主婦の方におすすめな資格が、このベビーマッサージ資格です。

具体的な仕事内容としては、ベビーマッサージの資格を取得する事でベビーマッサージインストラクターとして赤ちゃんを持つ親にベビーマッサージの方法を指導する事が出来るというものです。

この資格は、仕事内容として乳児を扱う事がある職業全般で大いに活用できます。
近年のベビーマッサージ資格の需要増加に伴い、その資格を認定する協会や団体が増加しており、その中には通信講座で認定取得が可能な協会や団体も多くあります。

子育ての経験がある方はそれをそのまま活かすことが出来ますし、逆に資格取得を通して得た知識を私生活に活かすことも出来ます。

ベビーマッサージ資格は通信講座で取得可能?難易度や仕事内容は?
親子のスキンシップは赤ちゃんの元気な成長には欠かせません。そのスキンシップの方法の1つとして注目されているベビーマッサージの資格の難易度と通信講座の内容、取得後の仕事内容について解説します。

主婦におすすめ|まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は、再就職を目指す主婦の方におすすめの資格をご紹介しました。

取得さえすれば希望の職場への再就職がグッと近づきそうなものや、
通信教育を利用して自分の生活ペースに合わせて取得することが出来るものなど、
色々な資格がありましたね!

この記事が、家庭と仕事を両立させたい!と意気込んでいる主婦の方の参考に少しでもなれば幸いです。

お忙しいこととは存じますが、通信教育など様々な手段を駆使しながら、ぜひ頑張って資格を取得してください。
応援しています!

先ずは無料で資料請求

コメントを残す

*

*