映像制作・動画編集の学校おすすめ5選|2019年最新の評判や特徴も紹介

masman

by トミー

更新日:2019-04-05

公開日:2019-04-03

映像制作・動画編集の学校のおすすめは?映像クリエイターを目指す方必見!それぞれの特徴や評判、学費などの情報をわかりやすくまとめました。4年制の専門学校から1ヶ月で学べるスクールまで、あなたのライフスタイルに合った学校をご紹介します!


近年、映像制作や動画編集を学びたいといった人が増えています!

そうです。今やインターネットの普及でチャンネルが無限にあるため、映像の需要はテレビ時代の比ではないのです!

というわけで今回は、映像クリエイターやYoutuberのような映像制作・動画編集をやってみたい人に向けて、おすすめの学校5選を紹介!

各学校の特徴や評判を比較していますので、是非参考にしてみてください。


映像制作・動画編集の学校おすすめ5選

映像制作・動画編集の学校のおすすめ5選です!

それぞれの特徴や評判、学費などの情報をわかりやすくまとめました。

4年制の専門学校から1ヶ月で学べるスクールまで、あなたのライフスタイルに合った学校をご紹介します!

HAL(東京/大阪/名古屋)

HALCGコース 参照:学校法人日本教育財団HAL東京
HAL(東京/大阪/名古屋)
学科/コースなど CG映像学科
期間 4年制
学費 入学金300,000円
年間135万円~
キャンパス 東京都新宿区
大阪市北区
名古屋市中村区

テレビCMなどもバンバン使って知名度の高い専門学校ですね。

東京校のほかに、大阪校、名古屋校があります。

特徴はゼロスタートでもプロを目指せる4年制のカリキュラムです。

設備も充実していて、常に最先端の映像制作・動画編集・撮影技術を習得することができます。

CGクリエイター検定や、カラーコーディネーター検定など資格取得ももちろん可能で、就職率は100%です。

大手企業とのコネクションもあり、卒業生からの評判はとても良いです。

ただし授業料は高額です。

卒業後はパリ校への留学も可能で、世界レベルでの活躍を視野に入れた活動ができます。

表現の力で言語の壁を越えられるのも、映像作品の魅力と言えますね。

  • こんな人におすすめ!

・4年間学ぶ(時間的・資金的)余裕のある人
・確実に映像業界へ就職したい人
・CGアニメーション作品を学びたい

また、HALにはゲーム学科、アニメ学科があり、それら他の学科と協力して作品を作り上げる実践的な授業もあります。

デジタルハリウッド

デジタルハリウッド 参照:デジタルハリウッドの専門スクール
digital hollywood
学科/コースなど ネット動画クリエイター専攻
期間 4~6ヶ月
学費 300,000円~(総額)
キャンパス 渋谷/新宿/上野/大阪/仙台/新潟/横浜/京都/姫路/米子/広島/福岡/熊本

いわゆるデジハリですね。

デジタルハリウッド大学などが有名ですが、こちらは社会人向けの専門スクールです。

4~6ヶ月と期間は短めの講座ですが、受講の回数制限はないのでその気になればかなりの密度で勉強できると思います。

また特徴として、ネット動画クリエイター専攻では動画編集・撮影の技術を学ぶだけでなく、動画マーケティングの知識も習得できます。

就職を前提とした学校というよりも、社会人として働きながらスキルを身に着けるのに最適といえます。

卒業した後は、フリーランスに転身するという手もあります。

フリーランスで活動しながら、デジハリの講師をやっているという方も結構いるようです。

  • こんな人におすすめ!
・現在勤めている会社で動画編集の技術、知識が必要な人
・映像制作のフリーランスで活躍したい人
・Youtuberになりたい人

東京ビジュアルアーツ

東京ビジュアルアーツ 参照:東京ビジュアルアーツ
東京ビジュアルアーツ
学科/コースなど マスコミ・映像学科
期間 2年制
学費 入学金200,000円
年間138万
キャンパス 東京千代田区

東京ビジュアルアーツのマスコミ・映像学科です。

特徴は、出版・編集やデザインを学ぶ雑誌編集系と映像企画やその編集・加工を学ぶ映像系でカリキュラムが構成されていることです。

プロのアーティストとコラボして、MVの作成に参加もしています。

就職の強さが評判で、フリーランスや個人の映像クリエイターというよりも、業界で活躍したい方に向いていると言えます。

キャンパスは東京だけですが、オープンキャンパスでは全国からバスツアーをやっているので、地方の方も参加できます。

テレビなどのマスコミ関係でプロデューサーやディレクターになりたい方におすすめです。

  • こんな人におすすめ!
・マスコミ関係への就職を目指す人
・CMディレクターになりたい人
・MVディレクターになりたい人

テックアカデミー

テックアカデミー動画編集コース テックアカデミー 学科/コースなど 映像編集コース 期間 4週間~12週間 学費 139,000円~ キャンパス なし(Web上)

テックアカデミーはプログラミングスクールですが、デザインコースの中に映像編集コースもあります。

最大の特徴は、完全オンライン受講ができるという点です。なので、地方在住でも気軽に受講できます。

オンライン受講の特権として、いつでもサポートを受けられる点も挙げられます。

映像制作・動画編集で躓いたときにすぐにヒントを得られるのは助かりますね。

その反面、機材は自分で用意する必要があるので初期投資はそれなりに必要です。

テックアカデミーの動画編集コースではAdobe Premiere Proを使います。

シェアナンバー1の動画編集ソフトなので、Adobe Premiere Proを集中的に学べるのは良いですね。

また、講師陣の評判が特に良く、テレビ制作会社などで実績のある現役講師を抱えています。

  • こんな人におすすめ!
・すでに動画編集をしていてレベルアップしたい人
・地方在住で都心に引っ越したくない人
・Youtuberになりたい人
・アドビを使いこなして映像を作りたい人

東京映画映像学校

参照:東京映画映像学校
東京映画映像学校
学科/コースなど プチ・クリエイターコース
期間 1ヵ月制(5週間)
学費 [学割]58,000円/[一般]68,000円
キャンパス なし(インターネット)

とりあえず軽く学びたいという方には、東京映画映像学校のプチ・クリエイターコースがおすすめです。

最大の特徴は学費の安さによる手軽さです。学割制度で学生でも受講しやすいのはいいですね。

特に、映画業界で働いてみたいと思っている人は映画・映像制作の基礎やノウハウに触れられるので勉強になると思います。

  • こんな人におすすめ!
・夏休みを利用して映画、映像制作を学んでみたい学生
・映画、映像業界転職に興味がある社会人
・駆け出し自己流Youtuber

専門学校で学ぶメリットとは?

専門学校で映像制作を学ぶメリットは、業界とのコネクションができるというのが大きいと思います。

将来、就職や転職を考えている場合は、コネがあったほうが絶対にいいです。

そして独学ではおろそかにしがちな基礎的な共通知識を身に付けられるのは大きいです。

大きい仕事になると、なかなか一人で作品を完成させるというのは難しいでしょう。

基本的な共通知識がないと、チームで制作するときの意思疎通がしにくくなります。

実際に、HALや東京ビジュアルアーツなどでは他の学科と共同制作のカリキュラムもあります。

また通学制の専門学校のでは最新の設備・最新のソフトウェアや現場の情報に触れられるのも大きなメリットと言えるでしょう。

独学で勉強する場合

専門学校のメリットは多くありますが、如何せん学費が高いです。

そこまでお金をかけられないという人も諦める必要はありません。

良い作品を作りたいという情熱さえあればクリエイターにはなれます。

世の中には、映像が溢れています。そのすべてが教材になります。

一番いいの勉強法はテレビや映画を見まくることだと思います。

これらは長い歴史を持っていますから、カット割りの仕方やテロップの出し方を研究すればおのずとセンスは磨かれるはずです。

しかし、機材の使い方はテレビを見ていても覚えられません。

そういったハード面で躓いてしまった人は、通信講座を受けるのも一つの手段です。

映像制作・動画編集の関連記事

資格広場では、映像クリエイターを目指す方のための記事を用意しております。

これらの記事も併せてお読みください!

映像クリエイターになるには資格が必要?仕事内容や年収も紹介
映像技術が我々の身近になり、映像クリエイターを目指す人が年々増加傾向にあります。今回は映像クリエイターになるにはどんな技術や資格が必要か?独学での学習方法や仕事内容、年収についても解説します。
ユーチューバーになるには?なる方法は?収入の仕組みや魅力をご紹介
ユーチューバーになるには?の疑問にお答えします!今、子供たちの将来の夢としても上位に入る職業ですが、大人だってこれからでも目指せます。なぜなら誰でもいつからでもなれるから。Youtuberをやる上での大変な苦労や、その魅力についても紹介します。
映像クリエイターの専門学校はどんなとこ?やりがいや大変さを徹...
映像クリエイターになるには?映像クリエイター専門学校で学べる学科細かくまとめました。また、映像クリエイターゆえの大変さ、そして仕事のやりがいもまとめています。適性を知りたい人へ、必要な覚悟なども紹介。
映像制作未経験者が取っておくべき資格は?クリエイター転職のために
映像制作会社への転職、映像クリエイターへの転身を考えている方に向けて、未経験者が取っておくべき資格をご紹介。CGクリエイター検定や、カラーコーディネーター検定が映像業界にどのように役立つのか解説しています。

映像制作・動画編集の学校まとめ

映像制作・動画編集の学校をいくつかご紹介しましたが参考になりましたでしょうか。

今回は、特に評判の良かったところ、個人的に気に入ったところをピックアップしました。

少しでも動画編集をかじった人なら、素人とプロの映像編集技術の違いはわかると思います。

クオリティの高い動画を作りたい人は、是非専門の学校へ通うことを検討してみてください!

興味のある方は、各校舎で開催されるオープンキャンパスに参加したり、無料の資料請求をしてみましょう!

コメントを残す

*

*