通信で取れる国家資格一覧!自宅で取得出来る国家資格でおすすめは?

masman

by MOT

更新日:2019-05-20

公開日:2019-05-20

通信講座で国家資格の勉強をしている男性

国家資格を取得したいが、お金のことを考えてしまう人必見です。この記事では、費用の掛かる専門スクールに通わずに通信講座で取れる国家資格の一覧を紹介していきます。将来のために通信で国家資格を取得したい人におすすめがわかります。


国家資格を取得したいけど、学校に通う時間もお金もない人はたくさんいるかと思います。

でも安心してください。

大学や大学院を卒業してなくても、家にいながら通信講座で取れる国家資格がたくさんあります!

通信講座で国家資格が取得できれば、専門のスクールに通うよりも価格を抑えて、自分の生活ペースを守りながら勉強できます。

そこで当サイトでは、通信で取れる国家資格の一覧と詳細を紹介していきます。


通信講座で取れるおすすめ国家資格の一覧

通信で取得できるおすすめ国家資格を教える先生

通信で取れる国家資格の中でも、取得しておくと将来有利でおすすめの通信講座を一覧にして紹介します。

行政書士

行政書士は、官公庁への提出書類を作成したり手続きを行う資格を持った専門職で、将来有望な仕事一覧で必ず挙がってきます。

難しい試験のイメージですが、実は通信で取れる国家資格で努力を試せるおすすめの通信講座なんです。

司法書士

司法書士は、法律の知識に基づいて、裁判所や法務局などに提出する書類を作成する仕事です。

取得するまで難しい資格一覧で必ず名前が挙がりますが、実は大学などで法律の教育課程を受けなくても通信で取れる国家資格なんです。

司法書士も自分の腕を試すのにはおすすめしたい資格の一つです。

社会保険労務士

社会保険労務士は、労働関連法令や社会保障法令に基づく書類の作成代行を行う仕事です。

通常大きな会社ほど、外部の社労士に委託しています。

難易度が高い資格一覧に入りますが、取得しておくと有望なおすすめの資格の一つになります。

宅地建物取引士

宅地建物取引士は、宅地や建物の売買において購入者などの利益を保護したり、円滑な流通の間に入る仕事です。

通信講座で専門用語を学ぶことができ、不動産関係の仕事を考えている人にはおすすめの必須取得資格。

マンション管理士

マンション管理士は、マンション管理組合のコンサルタントに必要とされる国家資格です。

民法や建築基準法などの知識を求められます。

国家資格の主要一覧には載ることが少ないですが、マンション暮らしが増えている日本で、取得しておくことをおすすめする通信で取れる国家資格。

衛生管理者

衛生管理者は、労働者の健康障害や労働災害を防止するための国家資格です。

50人以上の労働者がいる職場では、選任されることが義務付けられています。

通信講座で取得できる資格で、あらかじめ保有していると就職で重宝されるおすすめの資格。

介護福祉士

介護福祉士は、ケアワーカーとも呼ばれていて、身体介護や生活援助などに携わる仕事です。

医療福祉の世界では、取得しておくべき最強の資格一覧に必ず挙がってきます。

ただし、最終的な資格取得には実務経験の日数も関わってきますが、経験がない人でも試験に必要な知識までは通信講座で学ぶことができます。

社会福祉士

社会福祉士は、別名ソーシャルワーカーで、身体、精神、経済的ハンディがある人の日常生活の支援を行う仕事です。

誰かの役に立つだけではなく、家族や将来の自分自身のためにも受講をおすすめする通信講座。

FP技能士

FP技能士は、生涯設計のアドバイザーとして人気資格一覧でよく見かけますが、試験によっては民間の資格もあるので注意が必要です。

FP技能士はFPの中でも唯一の国家資格で、通信で取れる国家資格としておすすめ。

家計見直しにも役立つでしょう。

登録販売者

登録販売者は、一般用医薬品第2種、第3種を販売できる資格です。

取得しているだけで時給にも差があるのでおすすめで、薬科大学出身ではなくても、通信講座で学ぶことができます。

登録販売者を取得するとパートタイムの需要もあり、保健医療の職種では就職にも役立つでしょう。

保育士

保育士は、ご存知「保育園の先生」です。

意外にも通信で取れる国家資格なので、子育て経験がある人は充分生かせる仕事でしょう。

現在、日本の保育園不足はいまだに解消されておらず、これに関しては保育士不足が原因と言えます。

取得しておくと自宅で預かる保育ママに登録する際にも優遇されるので、ママ必見の資格の1つです。

危険物取扱者

危険物取扱者は、消防法に基づいて危険物を取り扱ったり、立ち会ったりする国家資格です。

種類によっては化学の専門知識を問われ、合格率が半分以下の資格一覧に出てくることも。

通信講座で試験対策を行うことができ、ガソリンスタンド・工場・化学メーカーへの就職に有利になります。

ボイラー技士

ボイラー技士は、労働安全衛生法に基づき、空調やボイラーの操作、調整ができる技術職の国家資格です。

取得した階級によって、できる仕事の幅が広がっていくのが特徴です。

そのため、独立や開業を考えている人におすすめの資格の一つになります。

電気工事士

電気工事士は、各都道府県知事より与えられる資格で、一般用電気工作物の工事に関する専門的な知識と技能を取得できます。

安全に操作することが求められる重要な国家資格なので、試験では知識だけではなく技能も試されます。

土木施工管理技士

土木施工管理技士は、国土交通省管轄の公共工事で必要になる主任技術者の資格です。

震災の際には除染工事や造成工事などで注目されたのは記憶に新しいかと思います。

道路・鉄道・橋・上下水道・地盤など幅広い知識を求められる難しい資格ですが、実は通信講座で学ぶことができるんです。

管工事施工管理技士

管工事施工技能士は、配管工事の施工計画の作成や、安全の管理を行う国家資格です。

欠陥住宅の可能性を大きく左右するとも言われる、建設現場では重要な役どころ。

現場経験があるに越したことはありませんが、意外にも通信で取れる国家資格の一つです。

測量士

測量士は、測量業者に配置が義務付けられている国家資格で、建設や土木工事を行う前段階の作業としてとても重要な役目です。

検定では計算機を使うことができないため、数学的計算能力が求められます。

ITパスポート

ITパスポートは、数あるIT系の資格一覧の中で、国家資格として認められている資格の一つです。

情報技術に関する基礎的な知識を網羅していて、活用できる人に与えられます。

IT関係への就職を考えている人は最低限持っておくべき資格といえるでしょう。

基本情報技術者

基本情報技術者は、IT関係の高度な知識や技能を持って、速やかに情報処理を行うことが求められる国家資格です。

スキルレベルが1から4まで設定されていて、アルゴリズムやプログラミングの知識も必要になります。

応用情報技術者

応用情報技術者は、基本情報技術者からさらに発展して、ソフトウェアの開発技術者として携わることができる資格です。

当然難易度は高くなりますが、IT一本で食べていくことを考えている人はとっておくべき資格だと言えます。

調理師

調理師は、お客様に料理を提供する厨房で、必ず一人は在籍していないといけない資格です。

厨房での実務経験がある人であれば、試験の内容が優遇されるので、より取得しやすくなるでしょう。

飲食店の開業を考えている人は、早めに取得しておくことをおすすめします。

気象予報士

気象予報士は、意外かもしれませんがいわゆる「お天気お姉さん」が取得している国家資格になります。

子供が憧れる職業一覧にもランクインしていますが、通信講座で必要な知識を学ぶことができます。

なんと合格率は5%以下と狭き門ですが、過去には小学生が合格した実績もあることから努力次第で取得可能な資格なんです。

通関士

通関士は、輸出入されている物品の通関手続きのエキスパートです。

税関への手続きを依頼されて、代行して行う専門の職務。

国際化社会で輸出入が増え続ける今、取得しておくと引く手あまたの最強国家資格です。

通信で取れる国家資格の注目株はこれ!

通信で取れる国家資格を一覧にして紹介してきましたが、中でもこれから需要が増える取っておくべき資格は介護福祉系の国家資格です。

少子高齢化社会が加速している日本では、圧倒的に高齢者の比率が増しています。

健康寿命と謳われ元気な高齢者も多いですが、一方で身を寄せる病院や施設がなく、国から受けられる保証も知らないまま、切ない思いをしている高齢者もたくさんいます。

介護福祉士や社会福祉士の資格を取得していれば、人手不足の中で「ぜひうちに来てほしい!」と就職に困ることがありません。

実務経験を積んで自分で開業することもできます。(国から補償金も出ます)

また通信で取れる資格には、精神保健福祉士という資格もあり、高齢者だけではなく精神障害で不自由な生活を余儀なくされている方たちをサポートする専門職も注目されています。

将来の職に困らないことはもちろん、これからの日本を支えていく重要ななくてはならない存在です!

ぜひ通信講座で自分の可能性にチャレンジしてみてください。

介護・福祉の「資格種類一覧」40代からの就職にも有利なのはコレ!
手に職をつけたい?資格を取って転職や再就職を考えているなら、介護・福祉の「資格」がオススメです。子育てから解放されたママや未経験でも大丈夫な40代からの就職に有利な資格を紹介します。資格取得後に、正社員を目指すことができます。早速、チェックしましょう。
介護福祉士の難易度は?仕事内容・報酬相場を徹底分析
介護福祉士は、介護が必要な高齢者の食事・排泄・入浴・移動などの補助を主に行います。学科試験はマーク方式、実技試験は試験管の前で実際に行動します。大学や専門学校を卒業していなくても、介護職を3年間務めると受験資格が取得できます。合格率は60%程度で、難...

自宅にいながら通信で取れる国家資格おすすめ一覧まとめ

通信で取れるおすすめ国家資格の教材

国家資格のほとんどは、一度取得すると永久にその資格を行使することができます。

通信講座であれば、トータルでかかる税込料金も10万円以下で収まる講座がたくさんあります。(学校だと10倍以上)

急いで取得したい人は、短期集中でチャレンジすることもできますし、難易度が高く合格率が低い国家資格は、数年がかりのプランを立てて確実に取得して行く方法もあります。

いずれにしても自分のやり方を大切にできることが、通信講座の最大の魅力です。

誰かの役に立ちたい気持ちを、国家資格を取得することで叶えてみませんか?

コメントを残す

*

*