テキスタイルデザイナーになるには?仕事内容・給料(収入)・必要なスキルなど

アバター

by 資格広場編集部

更新日:2019-04-30

公開日:2018-09-26

テキスタイルデザイナー

テキスタイル(生地)の素材となる糸を決めるところから、生地の柄の決定まで、多くの工程を経るテキスタイルデザイン。身につけるべき専門的な知識や技術は奥深く、テキスタイルデザイナーとして一人前になるまでには時間がかかりますが、素敵なファブリックを新たに産み出すこともできる職業です。


テキスタイルデザイナーは幅広い年齢層の男女が目指せる、一定の需要が見込まれる職業です。
テキスタイルデザイナーの職業は他にも現在調査中と呼ばれております。
テキスタイルデザイナーに「なるには」についてご紹介してまいります。


資格広場は、テキスタイルデザイナーになるには?テキスタイルデザイナーになるためには?テキスタイルデザイナーになりたいを応援しております。

テキスタイルデザイナー

テキスタイルデザイナーってどんな仕事?(仕事内容など)

テキスタイルデザイナーとは、服飾やインテリアなどのテキスタイル(生地)をデザインする人です。テキスタイルデザインには、柄のデザインだけではなく、生地の素材や織り方、染め方、加工方法や配色など、見た目から機能に至るまで、繊維製品の製造における多くの工程が含まれます。テキスタイルデザイナーの主な仕事は、素材となる糸を選び、生地の染め方や糸の織り方、加工方法を決めることです。素材メーカーや生地問屋、またはアパレル会社の素材担当などとして勤務します。生地問屋では素材や生地に関する知識と経験を得ることができ、メーカーでは生地のデザインや素材開発ができる、など、就職先によってできることが異なります。

テキスタイルデザイナーになる為の勉強法

現在調査中

テキスタイルデザイナーになるための専門学校や通信講座について

専門学校や通信講座は【専門学校案内所】からジャンルや都道府県別に簡単に調べられます。

テキスタイルデザイナーの学歴・勤務時間・スキル・やりがい・苦労ついて

テキスタイルデザイナーの学歴

現在調査中

テキスタイルデザイナーの勤務時間

現在調査中

テキスタイルデザイナーに必要なスキルや機材

現在調査中

テキスタイルデザイナーのやりがい

現在調査中

テキスタイルデザイナー苦労、大変なこと

現在調査中

テキスタイルデザイナー

テキスタイルデザイナーの年収・将来性・独立について

テキスタイルデザイナーに向いている人

ファッションやインテリアが好きで、生地についての知識を深めたいという探求心がある人に向いています。また、デザイン画やクライアントからの依頼などのイメージを形にする力がある人に向いているでしょう。流行に合った配色や模様を生み出すセンスがある人にもよいでしょう。

テキスタイルデザイナーと同じ分野の他の職業

衣料管理士(テキスタイルアドバイザー)

テキスタイルデザイナーの年収・給料相場

雇用形態や経験、所属する企業の規模などによって差がありますが、平均年収は450万円前後で、多くの場合約300万円~500万円の幅に収まっています。

テキスタイルデザイナーの現状

新しい素材の開発や商品企画、デザインの決定や素材選び、製作など、テキスタイルデザイナーが行う業務は幅広くありますが、就職先によって、このすべてを行う場合もあれば、一部を行って残りを外部に委託する場合もあるなど、働き方が異なってきますので、就職する際に見極めが必要です。また、テキスタイルデザインに関する知識を学べる教育機関は数多くありますが、テキスタイルデザインを行う企業などの数は限られていることから、希望する働き方や就職ができるかというと難しい面があります。また、繊維業界は必ずしもいい時ばかりではなく、不況などの影響を受けやすいといえるでしょう。

テキスタイルデザイナーの将来性

現状と大きく変わることは考えにくく、不況などでさらに厳しい状況になることも考えられますが、激しい競争を乗り越え技術や知識を磨いていけば、テキスタイルデザイナーとして活躍する道が開けるでしょう。

テキスタイルデザイナーの独立について

メーカーに対してデザインを提供するなどするフリーランスのテキスタイルデザイナーとして独立は可能ですが、知識や技術などの面でハードルが高く、他のデザイナーに比べて数は少ないようです。

テキスタイルデザイナーの主な著名人

鈴木マサル

コメントを残す

*

*