これからはVRの時代!VR動画作成クリエイターの仕事とは?

masman

by MATSUZAWA

更新日:2019-04-30

公開日:2018-10-30

ブイアール

今回は今世間を騒がせているVR技術に関して、VR動画作成クリエイターの主な仕事内容や就職の際に必要なスキルについて詳しく紹介します。これから更に注目を集めるであろうVR産業の将来性についても一緒に見ていきましょう。

       

近年たくさんのメディアでも取り上げられるようになり、私たちの生活に浸透してきたヴァーチャル・リアリティー、通称VR

今やゲームなどの娯楽だけではなく広告や宣伝など多くの企業でもその技術を採用しています。
そんなVR産業を支えるVR動画作成クリエイターの仕事内容や就職の際に必要なスキル、また将来性について調査しました。

今話題のVRとは?

ブイアール

仮想現実とも呼ばれる通称VR(Virtual Reality)とは、まるで自分自身がバーチャルの世界にいるような疑似体験ができることから、主にゲーム産業において注目されている最新技術です。

東京都内にもVRを用いた様々なアトラクションが楽しめる施設がオープンしたり、プレーステーションなど一般家庭でもVR体験ができるゲーム機が販売されています。

従来のスクリーン上にいるキャラクターを操作するゲームから自分自身がプレーヤーとして疑似体験できるという新しい楽しみ方ができるVRには日本国内はもちろんのこと世界中で既に話題を集めています

あらゆる分野で可能性を秘めているVR

VRと聞くとゲーム産業に進出している最新技術という印象が強いですが、新しい広告スタイルや宣伝手段としてVR技術を用いているIT企業を始めとする多くの組織や団体が実はたくさんあります。

平面のみの素材を使った広告とは違い、各企業が宣伝したいサービスや商品をバーチャルの世界において立体的に体験できることから、VR技術はより効果が望める技術としてこれからますます支流になること間違いないでしょう。

しかし日本のVR技術は世界レベルで視るとまだまだ遅れを取っていることから、実際のVR産業の現場で働くVR動画作成クリエイターの活躍に期待したいですね。

VR動画作成クリエイターの主な仕事や就職の際に必要なスキルとは?

皆さんの中には既にVRのゲームをやったことのある方やVR広告等を目にしたことのある方もいらっしゃると思いますが、VR産業を支えているVR動画作成クリエイターについてはあまりご存じないかと思います。

そこでまずVR動画作成クリエイターが普段どんな仕事をしているのか、また就職の際に必要なスキルについてご紹介します。

VR動画作成クリエイターの各分野での仕事

先程も紹介したように、VRの技術はゲーム産業にとどまらず、広告や宣伝、医療、教育、建築と様々な分野で注目されています。

そのため、VR動画作成クリエイター仕事は各分野において異なる知識とスキルが求められています。

例えば建築分野においては、これまでパソコンやハンドライティングで作成していた建物の設計図をクリエイターがVR技術を用いて建築物の構造や形を立体的に作成することによって建築家や大工の作業の効率化につなげることができます。

医療現場においては、高度なスキルを必要とするガンの摘出手術や脳手術などのトレーニングやシミューレーションをVR動画作成クリエイターが制作するバーチャルの世界で行うことによって、より実践に近い形でできるようになります。

また最もVRの技術が注目を集めていると言っても過言ではない教育の分野においては、VR技術を使うことによって子どもたちの勉強に対するモチベーションを上げることが期待されています。
例えば理科の授業ではVR技術を使って人間が足を踏み入れることが難しい宇宙や海底などを表現することも可能ですし、社会科の授業においてはバーチャルで外国や過去・未来の時代を作り疑似体験させることもできます。

このようにVR動画作成クリエイターの仕事はあらゆる分野において活躍が見込まれているのです。

VR産業に就職の際に必要なスキル

実際にVR動画作成クリエイターになるために特別な資格や免許は現在ありませんが、クリエイターとして就職するためには特別な技能やスキルが必要とされます。

その中でも物体の構造や特徴をしっかり理解して書き起こすためのデッサン力、特に建築の現場で必要とされるスキルで頭の中にあるイメージをバーチャルの世界、つまり3次元にて形を創り上げるための立体造形力が挙げられます。

また、特に教育の現場において必要とされる力で、どのようなVR動画を作成したらより効果的に学習してもらえるか、その世界観を作り上げるための想像力、そして実際にVR産業の現場では多くの専門分野の人間たち携わることになるためコミュニケーション能力も必要となります。

VR動画作成に必要なスキルを磨くオススメの資格や専門学校

今まさに日本国内ではVRブームということもあってかVR動画作成に必要なスキルを身につけられるコースを備えた専門学校や養成所がたくさんあります。

東京都内にあり、5ヶ月〜12ヶ月間でVR作成に必要なスキルや知識を見につけることができるVRプロフェッショナルアカデミー、国内最大規模のIT・VRクリエイターのための学校である大阪デザイン&IT専門学校などが特にオススメです。

また就職の際に自分のスキルを証明するための材料となるため、Illustrator®クリエイター能力認定試験Photoshop®クリエイター能力試験の認定資格は就職の際に絶対取っておきたい資格となります。

VR動画作成クリエイターの将来性

ブイアール

以上で紹介した、ゲーム産業、医療、教育、建築などあらゆる分野での活躍が見込めることから、VR動画作成クリエイターの需要はこれからますます高まるため、将来性のある職業の一つと言えるでしょう。

しかし日本ではまだまだクリエイターの数が不足していることやクリエイター育成のための施設や各企業での教育がまだまだ万全ではない、という問題を抱えているためそれらを解決するための対応策が必要不可欠とされています。

将来性が見込めるVR動画作成クリエイターとしての技術を身に着け、実際に現場で活躍するためには国規模での推進活動や教育機関の整備がこれから重要になるでしょう。

VR動画作成クリエイターの仕事まとめ

私たちの生活に徐々に浸透しているVRに関して、VR産業を支えるクリエイターの仕事や就職の際に必要なスキルなどについて紹介しましたがいかがでしたでしょうか。

これからの時代はあらゆる分野の産業や企業においてVR技術が必要不可欠となるため、VR動画作成クリエイターの活躍にますます期待が集まります。

今回を機に少しでもVR動画作成クリエイターという職業について関心を持っていただけたら幸いです。

コメントを残す

*

*