コピーライターで有名な人は?映画や企業のコピーはどう生まれる?

masman

by MOT

更新日:2019-06-29

公開日:2019-06-29

映画や企業のコピーの生まれ方

有名な映画や企業のキャッチコピーを見てコピーライターに憧れる人も多いでしょう。そこで、この記事では糸井重里さんのような有名なコピーライターの紹介と映画や企業のキャッチコピーがどのように生まれるのかについてくわしく紹介していきます。

       

有名なキャッチコピーでは何を思い出しますか?

きっと琴線に触れるキャッチコピーは人によって様々でしょう。

さてこのキャッチコピーですが、企業や脚本家が手掛けるのではなく、プロのコピーライターに依頼したものを採用しているのがほとんどです。

そこでこの記事では、有名なコピーライターの紹介と、映画や企業のキャッチコピーがどのようにして生まれるか?を紹介していきます。

時代に名を残す有名なコピーライター

有名なコピーライター

まずは業界の中で名を残している、才能溢れる有名なコピーライター4名を代表作と共に紹介していきます。

有名なコピーライター・男性編

男性の有名コピーライターには糸井重里さんや、佐々木圭一さんが挙げられます。

糸井重里

世の中にコピーライターという仕事を広めたと言っても過言ではないコピーライター。

企業はもちろん、スタジオジブリのキャッチコピーを多く務めているので、有名なキャッチコピーをたくさん生み出しています。

代表的なキャッチコピー

  • くうねるあそぶ。(日産自動車セフィーロ)
  • ロマンチックが、したいなぁ。(サントリー・レッド)
  • 生きろ。(もののけ姫)
  • ほしいものが、ほしいわ。(西武百貨店)
  • おちこんだりもしたけれど、私はげんきです。(映画・魔女の宅急便)
  • 佐々木圭一

    これからの時代を担う若い世代のコピーライターの一人です。

    とはいっても、もともとコピーライターの素質はなかったと自他共に証言していて、サラリーマン時代に独自のコピーの法則を発見し、「伝え方が9割」の著書で有名になりました。

    代表的なキャッチコピー

  • 早く乾く洗剤、ください!(LIONハレタ)
  • バスタブはこすりません!(LIONルックプラス)
  • 言ったよね、PS3買っていいって( PlayStation)
  • すべての女性に、輝く舞台を。(東京ガールズコレクション)
  • 言えないから、歌が生まれた。(Mr.Childrenトイズファクトリー)
  • 有名なコピーライター・女性編

    女性の有名なコピーライターといえば、児島令子さんと大宮エリーさんが挙げられるでしょう。

    児島令子

    女性コピーライターの草分け的存在とも言われていて、女性の視点で時代を反映した企業コピーを数多く残しています。

    働きながらコピーライター養成講座で学んできた苦労人で、多くの女性ライターの目標になっています。

    代表的なキャッチコピー

  • あした、なに着て生きていく?(earth music&ecology)
  • すべての、子ども経験者のみなさんへ。(ドラえもん STAND BY ME)
  • 死ぬのが恐いから飼わないなんて、言わないで欲しい。(日本ペットフード)
  • 大人は、とっても長いから。(JR東日本)
  • 努力って、楽しい。(ソフトバンク)
  • 大宮エリー

    マルチに活躍されていますが、本業はコピーライターとして多くのCMを手がけてきました。

    薬科大学出身の経歴を持ち、とことん面白いことを追求する姿勢に多くのアーティストからビデオクリップ作成を任されています。

    代表的なキャッチコピー

  • みんなに笑顔を届けたい(グリコ)
  • 無添加なひと(FANCL)
  • 男はバカなのか俺がバカなのか(MALCOミュージックビデオ)
  • きっかけはフジテレビ(フジテレビジョン)
  • 映画や企業のコピーの生まれ方

    コピーの生まれ方

    有名なトップコピーライターでも、一つの映画や企業のコピーを生むまでには、膨大な時間と労力を費やします。

    なぜなら、あくまでもキャッチコピーというのは、対象の商品やサービス・映画をできるだけ多くの人に知ってもらい、お金を使ってもらうために作られるものだからです。

    したがって自分の表現を「分かってくれる人だけに伝わるコピー」ではなく、「できるだけ多くの人の心に刺さり、商品が売れるコピー」でなくてはいけません。

    そのためにコピーライターは、以下のような3つの手順を必ず踏みます。

    クライアントとの打ち合わせ

    どのような商品(映画)で、どのようなターゲットに向けてなのかを、企業や脚本家と綿密な打ち合わせを行います。

    またパッケージやポスター制作など、商品に携わったあらゆる部門の人との意見もすり合わせていくことが大切な作業です。

    マーケティング

    企業や映画の作り手側の意図が分かったところで、どのように広めていくのか?同業他社ではどのようなコピーが使われているか?などをリサーチしていく仕事です。

    この情報収集を怠ってしまうと、消費者のニーズに合わないどころか、似たようなキャッチコピーを作ってしまい、著作権違反に繋がってしまうことがあります。

    作成・修正

    一つのキャッチコピーに対し、コピーライターは実にたくさんのキャッチコピー案を提出します。

    どんなに有名なコピーライターでも、自分がこれ!と思ったキャッチコピーにこだわり続けることはありません。

    これがアーティストとコピーライターとの違いで、あくまでもクライアントの要望を最優先に仕事を進めていかなくてはならないからです。

    以上のように、何度も打ち合わせ→情報収集→ライティング→修正を重ねながら、やっと一つのコピーが出来上がります。

    つまり、自分が書きたいコピーではなく、商品が売れるコピーを作る作業がコピーライターの仕事で、ビジネスの中で生まれていくものなのです。

    忘れられない有名な企業の名コピー

    有名な企業の名コピー

    この章では、ビジネスとして企業イメージをしっかり定着させた過去の名コピーを、箇条書きで紹介していきます。

    誰もが聞いたことがある有名なフレーズの数々です。

  • 味ひとすじ( 永谷園)
  • I’m lovin’it(マクドナルド)
  • お口の恋人(ロッテ)
  • NO MUSIC NO LIFE(タワーレコード)
  • 明日の空へ、日本の翼(日本航空)
  • 今日を愛するLION(ライオン)
  • あなたと、コンビに、ファミリーマート(ファミリーマート)
  • インテル入ってる(インテル)
  • ひとの時を、想う。(JT)
  • ココロも満タンに(コスモ石油)
  • 愛は食卓にある(キューピー)
  • お金で買えない価値がある(マスターカード)
  • やがていのちに変わるもの。(ミツカン)
  • 100人乗っても大丈夫(イナバ物置)
  • 地球上で最大級の品揃え(Amazon)
  • 心に残る有名な映画の名コピー

    映画の名コピー

    次に紹介するのは、映画のおすすめ名コピー集です。

    コピー一つで映画の興行収入が変わるほど重要な要素になります。

  • 運命の恋。誰もそれを裂くことはできない。(タイタニック)
  • 永遠の4日間(マディソン郡の橋)
  • 4歳と14歳で、生きようと思った。(火垂るの墓)
  • ムダに生きるか、何かのために死ぬかお前が決めろ。(ランボー)
  • 運命を受け入れろ(スパイダーマン)
  • 日本よ、これが映画だ。(アベンジャーズ)
  • 姫の犯した罪と罰(かぐや姫の物語)
  • 好きな人が、できました。(耳をすませば)
  • まだ会ったことのない君を、探している(君の名は。)
  • キレイになって、逝ってらっしゃい。(おくりびと)
  • 犯罪でしかつながれなかった(万引き家族)
  • ハリウッドよ、これが日本映画だ。(桐島、部活やめるってよ)
  • コピーライターになるには?仕事内容・給料(収入)・必要なスキルなど
    コピーライターは商品や企業を宣伝するために、新聞・雑誌・ポスターなどのグラフィック広告、テレビCM、ラジオCM、ウェブサイトやバナー広告などに使用する文言を書くことを職業とする人のことを言います。広告会社、広告制作会社、メーカーのインハウスに就職をし...
    シナリオライターになるには講座がある?在宅か勤務で年収の違いは?
    シナリオライターになるにはどうしたらいいのか?講座や学校など学ぶ段階でのご紹介のほか、シナリオライターになった後会社での勤務なのか在宅なのか、また年収などのご紹介もさせていただいております。

    有名映画や企業コピーを作るコピーライターのキャッチコピーまとめ

    有名なコピーライターや名キャッチコピーを紹介しながら、コピーライターの仕事についてまとめてきました。

    一口に広告と言っても、大手のFC広告もあれば商品単体のキャッチコピーを依頼される時もあります。

    またこれからの時代は、Web広告の需要もますます増していく時代ですね。

    つまり3秒以内で目にとめてもらえるようなキャッチコピーを、より求められる時代に突入しているというわけです。

    我こそは言葉の魔術師に!というあなた。

    ぜひコピーライターの世界に興味を持ってみてはいかがでしょうか。

    コメントを残す

    *

    *