エディトリアルデザイナーになるには?仕事内容・給料(収入)・必要なスキルなど

アバター

by 資格広場編集部

更新日:2019-04-30

公開日:2018-06-04

エディトリアルデザイナーの仕事は、書籍のデザインです。書籍として見やすく、読みやすいデザイン、可読性の高いフォントの選定、写真やイラストの詳細などを、打ち合わせを通して多数のスタッフと意見を交わしながら決定していきます。

       

エディトリアルデザイナーは幅広い年齢層の男女が目指せる、クリエイターとしての側面が非常に強い職業です。
エディトリアルデザイナーの職業は他にもエディトリアルデザイナーと呼ばれております。
エディトリアルデザイナーに「なるには」についてご紹介してまいります。

資格広場は、エディトリアルデザイナーになるには?エディトリアルデザイナーになるためには?エディトリアルデザイナーになりたいを応援しております。

エディトリアルデザイナー

目次

エディトリアルデザイナーの仕事内容

エディトリアルデザイナーは、雑誌や書籍を中心に、ページ数の多いカタログやマニュアルなども含めた本の編集とデザインを行う仕事です。編集者やアートディレクターなどの指示を受けて、美しさだけではなく、読者にとっての読みやすさ、理解しやすさまで考慮しながら、バランスよく誌面のデザインを行います。電子書籍のデザインを担当するのも、エディトリアルデザイナーの大切な仕事です。

エディトリアルデザイナーになる為の勉強法

デザイン関連の専門学校や美術系の大学を卒業したあと、エディトリアルデザイン関連の会社に就職するケースが一般的です。また、デザイン・美術関連の学校に通っていなくとも、デザイン事務所などで経験を積んでキャリアアップしていく場合や、DTPオペレーターなどの編集関連の仕事に就きながら、エディトリアルデザイナーを目指すケースもあります。

エディトリアルデザイナーになるための専門学校・通信講座

専門学校や通信講座は【専門学校案内所】からジャンルや都道府県別に簡単に調べられます。

エディトリアルデザイナーの学歴・勤務時間・スキル・やりがい・苦労ついて

エディトリアルデザイナーの学歴

現在調査中

エディトリアルデザイナーの勤務時間

現在調査中

エディトリアルデザイナーに必要なスキルや機材

現在調査中

エディトリアルデザイナーのやりがい

現在調査中

エディトリアルデザイナー苦労、大変なこと

現在調査中

エディトリアルデザイナー

エディトリアルデザイナーの年収・将来性・独立について

エディトリアルデザイナーに向いている人

エディトリアルデザイナーにはまず、デザインセンスや創造力が必要であるため、ものづくりが好きな人はこの仕事に非常に適しています。また、本を読むことが好きで普段からたくさんの本に接している人は、作り手に回った時にも、読みやすさや目の動線を考慮したレイアウトが自然にできるため、適性があるといえるでしょう。締め切り前には長時間残業せざるを得ないことが多いため、体力や忍耐力も求められます。さらに、編集者やライター、イラストレーターなど多くの人と一緒に1冊の本を作り上げる仕事なので、人とコミュニケーションを取るのが得意なこともエディトリアルデザイナーに向いている資質です。

エディトリアルデザイナーと同じ分野の他の職業

編集者、ライター、コピーライター、小説家、絵本作家、新聞記者、ジャーナリスト、コラムニスト、エッセイスト、ブックデザイナー、速記者など。

エディトリアルデザイナーの年収・給料相場

エディトリアルデザイナーを目指す人は、まずデザイン事務所や編集プロダクションにアシスタントとして就職することが多いですが、その際の初任給は月に15万円前後。正社員以外の場合、賞与が設けられていない事務所や、年俸制のため残業代がつかないケースも多く、残業が多い職種にしては年収は少なめです。アシスタント期間を終えて一人前になったエディトリアルデザイナーの収入は、事務所の規模や能力により、年収200?1000万円程度だとみられています。

エディトリアルデザイナーの現状

近年、インターネットや電子書籍の普及により、紙の書籍の発行部数が大幅に減少しています。紙の書籍に固執するエディトリアルデザイナーの場合は今後、活躍の場は狭まり、一部の能力が高く安い給料で働き続ける人だけに仕事が集中する世の中になっていくでしょう。

エディトリアルデザイナーの将来性

ここ数年、スマートフォンやタブレット端末の台頭により、電子書籍の発行タイトル数は右肩上がりで増えています。エディトリアルデザイナーの中には電子書籍の分野に転向する人も見られますが、まだ多数のデザイナーを必要とするほどまでは電子書籍も伸びていないという中途半端な段階です。こうしたことから、紙の書籍だけに固執せず、時期が来たら電子書籍も手がけようという柔軟な発想と、そのためのスキルを磨く努力を惜しまないエディトリアルデザイナーが、将来的にも有望であるといえそうです。

エディトリアルデザイナーの独立について

エディトリアルデザイナーの働き方は、かなり融通が効きます。そのため、納期さえ守れば服装も自由で、自分のペースで仕事を進めることも可能です。また、エディトリアルデザイナーは実力主義です。いいデザインを残せば、たとえ新人でもやりがいのある大きな仕事を任されることもザラです。実力主義ゆえに独立もしやすく、そうなれば縦社会のしがらみも無くなり、さらに自由に仕事を進めることが可能になります。

エディトリアルデザイナーの主な著名人

現在調査中

コメントを残す

*

*