教育・保育系資格一覧

   

 

小学校教諭、栄養教諭などの教育系の資格を紹介しているページです。
こちらは、「教育系」の資格ページです。
「小学校教諭(小学校の先生)」や「栄養教諭」など、俗に「先生」と呼ばれる職業です。
子どもたちに勉強を教えたり、健康に生きるための指導をしたりします。
学校教諭は「地方公務員」扱いになります。
子どものころからの夢だという方も多いのが特徴です。
教諭になるためには?試験の合格率、免許の取り方、試験の概要などを細かく解説していきます。
人と深くかかわる仕事なので簡単にこなせることではありませんが、その分達成感も得やすい仕事です。
気になっている方は是非参考にしてくださいね!

 

児童指導員

施設を利用する子どもたちが健やかに成長できるようサポートする「児童指導員任用資格」保持者のことです。具体的には、以下の福祉施設で、児童指導員の配置が義務付けられています。・児童養護施設・放課後等デイサービス・児童発達支援センター・児童心理治療施設(情緒障害児短期治療施設から名称変更)・障害児入所施設その他、乳児院や児童相談所、児童家庭支援センターといった施設も、児童指導員として働くことができます。

中学校教諭普通免許状

中学校教諭普通免許状は、中学校の教師になるための国家資格です。国語、数学、理科、社会、英語、体育など、資格の取得は科目ごとになり、教員採用試験合格後に教師として働くときには、受験科目の担当となります。

特別支援学校教諭

特別支援学校教諭になるには、大学や短大で教員養成課程を修了し、幼稚園・小学校・中学校・高校のいずれかの教員免許を取得する必要があります。さらに、特別支援学校教諭養成課程を持つ福祉系や教育系の大学で所定の科目を修了し、特別支援学校教諭免許を取得します。

教員採用試験

公立学校の教員採用は、県ないしは政令指定都市ごとの採用となります。県立学校や、政令指定都市以外の市町村立学校の教員になる場合は、県の実施する採用試験を受験することになります。政令指定都市立学校の教員の採用は(例外もありますが基本的には)県とは別に行われ、採用後の異動も県採用の教員とは別になります.。

高等学校教諭普通免許状

高等学校教諭普通免許状は、高等学校の教師になるための国家資格です。現代の日本では、ほぼ義務教育化している高等学校教育課程において、中学校教諭や小学校教諭に比べて、より専門的な力が必要となります。試験は地域により異なりますが、高等学校教諭普通免許状を取得すれば、すべての都道府県で有効となる資格です。高校教師を目指す人には必須の資格となります。

高等学校卒業程度認定試験

「高卒認定」の正式名称は「高等学校卒業程度認定試験」、略して「高認」「高認試験」などとも呼ばれます。その名称から”高校卒業資格”と勘違いもされやすいのですが、「高卒認定」は、高校を卒業した人と同じくらいの学力があるかどうかを認定するための国の試験です。

チャイルドマインダー

チャイルドマインダーとは少人数制保育のスペシャリストです。自宅に保育ルームを作って複数の子供を預かったり、訪問保育を行ったりしています。ベビーシッターとの違いは、教育や健康管理を行うことにあります。認知度は低い資格ですが、需要が増えつつあります。

ベビーシッター認定資格試験

ベビシッターとは保護者に代わって子供のお世話をする人のことです。社会的信頼を得るための認定資格として複数の協会が資格認定試験を実施しています。待機児童が大きな社会問題になっている中で、その打開案の一つとしてベビーシッター利用者が着実に増えています。

学校図書館司書教諭

司書教諭とは学校の図書館を管理し、読書指導などを行う教師です。この資格は教員免許を持っている人が講習を受けることによって取得することが出来、ほとんどの司書教諭は教師として勤務しながら学校図書の仕事も行っているので、とても忙しい仕事です。

チャイルドケア

チャイルドケア資格はハーブやアロマセラピーといった自然療法を育児に取り入れたり、親子のケアを行うことが出来る資格です。在宅で資格を取得出来ることも特徴のひとつで、女優の上戸彩さんがチャイルドケア・コーディネーター資格を取得していた事が知られて、更に資格取得者数が増えました。