小学校教諭1種免許・小学校教諭2種免許

小学校教諭 免許 資格

小学校の先生は、基本的に全ての科目を一人で教えます。近年はひとつのクラスを二人の教師で教えるチームティーチングという取り組みも進んでいます。小学校教諭は授業の他に、テストの採点や運動会、家庭訪問、PTAなど様々な仕事をすることになります。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

小学校教諭は幅広い年齢層の男女が目指せる、子供の変化に触れられる資格です。
小学校教諭資格取得者は他にも小学校の先生という名称で呼ばれております。

小学校教諭の資格は「国家資格」です。

sponsored link

専門学校・短大・大学10箇所を一度に資料請求や願書取り寄せを行うだけで全員にもれなく
1000円分の図書カードを全員にプレゼント!!

資料請求キャンペーン
キャンペーン詳細を見る

資格広場では小学校教諭になるには?小学校教諭なるためには?小学校教諭になりたいを応援しております。

小学校教諭になるために必要な知識・受験資格

小学校教諭になるには、小学校教諭1種(大卒程度)、2種(短大卒程度)、専修(大学院卒程度)のいずれかの免許状が必要である。それぞれの教育機関の小学校教員の養成課程などにおいて、所定の単位を取得する方法が一般的です。いずれも、社会福祉施設等で7日以上介護などを体験することが必要条件として加わっている。免許状取得後、各都道府県や政令指定都市が実施している教員採用候補者選考試験や私立小学校の教員採用試験を受け、合格する必要があります。一種と二種は基本的に仕事内容や給与に違いはないとされているが、二種取得者は教員になった後、大学で単位を取得して一種を取得することが努力義務とされています。小学校教諭は指導教科も多く、4年間学ぶ意味も大きいこともあり、一種を目指して大学に進む人が多い。一般的に、教員免許を取得するためには大学等の教職課程を修了することが必要ですが、小学校教員資格認定試験に合格すると、教員の資質、能力があるとみなされ、小学校教諭の二種免許状が与えられます。

小学校教諭の資格は「各都道府県・政令指定都市」が運営管理を行っております。

各都道府県・政令指定都市とは:
教員免許状は、対応した大学・短大などを卒業することで取得できますが、教諭になるためには教員採用試験に合格する必要があります。公立学校の場合は都道府県や政令指定都市の教育委員会が実施しています。

小学校教諭

小学校教諭ってどんな仕事?(仕事内容など)

小学校の先生は、基本的にはすべての科目を一人で教えます。なかには音楽や体育などを専門に教える先生を配置している学校もあります。また、近年は、一つのクラスを二人の教師で教えるチームティーチングという取り組みも進んでいます。 小学校の先生の役割は生徒に勉強を教えることだけではありません。6歳〜12歳の間は人格形成に大きな影響を与える時期です。子どもたちの個性を伸ばし、人間性豊かに育つように指導をすることも教師の大きな役目です。小学校教諭は社会的責任の大きな仕事と言えるでしょう。 授業や給食、ホームルームなどの時間以外にも数多くの業務があります。授業の準備やテストの採点、学級会や運動会の準備、家庭訪問、遠足、PTA、教員会議など、さまざまな仕事をしなければなりません。

小学校教諭資格取得の為の勉強法

〇12月〜3月(基礎力養成期)
・過去問などをチェックし、どの分野の問題が、どのくらいの頻度・難易度で出題されているのかおおまかに確認する。自分が志望する自治体の出題傾向も合わせて分析する。
・参考書などを用いた基礎力養成に努める。
・時事的な話題、教育問題をチェックする習慣をつける(特に教職教養の分野で役立つ)。
・自己分析を入念にする。…自己PR、教育観、児童観・生徒観などの確立
〇3月〜5月(実力養成期)
・志望する自治体を絞り込み、その出題傾向に合わせた学習を行う。
・苦手分野を補強する(基本問題→苦手分野の抽出・克服→応用問題→苦手分野の抽出・克服)。
・面接、論作文のトレーニング。
〇5月〜7月(直前対策期)
・これまでの学習の総復習(応用問題から実践問題へ、模擬試験の受験へ)。
・受験する自治体の過去問を反復演習する。
・苦手分野を補強する(集中的な演習・復習)。
*新しい参考書や問題集は広げない!徹底してこれまでの復習を行う。
〇7月
・一次試験本番
・一次終了次第、二次試験に向けた対策を開始。

小学校教諭の専門学校や通信講座について

準備中です。

sponsored link

小学校教諭の試験料・試験内容・難易度・合格発表について

小学校教諭の資格試験料

公立学校の教員採用試験は、試験自体は無料で受けることができます。ただし、受験地までの交通費や宿泊費などは自己負担となります。なお、自治体によっては、その都道府県以外にも試験会場を設けるところや、他の自治体で受験した1次試験の結果を使用できるところなどもあります。

小学校教諭試験・検定の年間試験回数

試験は年に1回で下記が一般的なスケジュールです。3~4月募集要項の配布開始、ホームページ掲載5~6月出願受付7月 第1次試験8月 第2次試験10月 合格発表、採用内定 翌年4月1日 採用

小学校教諭試験科目等の内容

公立学校の常勤の教員となるためには、教員免許状を取得済み又は取得見込みの状態で、各都道府県・指定都市教育委員会が行う教員採用選考試験に合格することが必要となります。 <第1次試験> (筆記試験) ○一般教養や教職教養に関する試験 ・人文・社会・自然科学に関する一般的な教養について ・教育関係法規、教育原理、教育心理など教員として必要な教養及び知識について ○教科専門に関する試験 ・指導内容や指導方法など教科の専門的知識及び能力について (面接試験) ○個人面接、集団面接、集団討論 など <第2次試験> (筆記試験) ○小論文 (面接試験) ○個人面接、集団面接、集団討論、模擬授業 など (実技試験) ○体育、音楽、美術、英会話 など (その他) ○適性検査 一般選考のほか、教職経験や民間企業等での勤務経験を有する者、英語に関する資格を持つ者、スポーツ・芸術での技能や実績を持つ者など、特定の資格や経験を有する者を対象とした一部試験免除や特別の選考などが行われています。 出願期間や願書配布方法等については県市ごとに異なりますので、採用を希望する県市の教育委員会のホームページ等で、採用選考試験の要項の確認が必要 また、国立及び私立学校の教員採用はそれぞれの学校を設置する法人が独自に行うため、各学校を設置する法人にお問い合わせが必要。

小学校教諭資格の難易度

小学校教員採用試験の受験者は、近年増加の傾向にありますが、採用者も微増しているため、採用倍率はあまり変化がありません。採用倍率4.5倍は決して低い倍率ではありませんが、中学校の採用試験倍率7.5倍、高等学校の採用倍率7.7倍と比べると、教員職のなかでは合格しやすいといえるかもしれません。ただし、既卒生が受験する割合も高く、臨時教員として仕事をしながら、何年も試験を受けている人も多くいます。

小学校教諭資格の合格率

採用率とは、「採用率(%)=採用者数/受験者数」で算出された数字です。平成26年度は24.4%となっています。

小学校教諭試験の合格発表

教員採用試験は、試験結果の上位者から順に「教員候補者名簿」に登載され、教員需給を調整した上で候補者名簿の中から採用内定が出されます。したがって、最終合格者数が教員需要数を上回った場合は採用されないことになります。ただし、候補者名簿は1年間有効ですので、採用されなかった場合でも、その期間内に教員の欠員が生じたときには採用されることがあります。しかし、採用がなかった場合は、次年度の試験を再受験しなければなりません。最近では、その年度の採用試験において候補者名簿に登載されながら採用されなかった者に対して、次年度の1次試験を免除するといった特別な措置をとる都道府県(市)が増えてきています。

sponsored link

小学校教諭

小学校教諭資格取得後の就職先・報酬相場

小学校教諭所持者の職業例

全国の公立、私立の小学校

小学校教諭に向いている人

小学校の先生は子どもに対する愛情がなければ務まらない仕事です。子どもの成長を心から喜び、責任を持って指導をしていくことが必要です。 また、保護者との関係づくりも大切な仕事です。自らの教育理念をしっかりと持ち、保護者に対して誠実に対応をすることが求められます。

小学校教諭と同じ分野の他の資格

幼稚園教諭、中学校教諭・高等学校教諭、特別支援学校教諭、養護教諭 、栄養教諭

小学校教諭の給料相場

公立小学校の教員は、地方公務員となるため、地方公務員の給与体系が適用されます。40代になると、年収は700万円ほどになり、福利厚生もしっかりしているため、待遇は良いと言えるでしょう。 平均給与40万5388円/月 ※公立小・中学校教育職のデータ ■総務省「平成24年地方公務員給与実態調査」

小学校教諭の現状

教員の場合は資格をもつ専門職ということもあり、1年目から担任を受けもつなど、経験にかかわらず責任ある仕事をまかされるのが特色。教職員の間で連携は取りつつも、自分なりのやり方を工夫できる余地が大きい仕事だ。なお、授業はもちろん、教材の準備、保護者への対応、児童間のトラブルの解決、クラブ活動の指導など、やるべき仕事は非常に多い。数年ごとに同じ都道府県内のほかの小学校への異動もある。

小学校教諭の将来性

学級崩壊やモンスターペアレントなど、小学校の教育現場は難しいものになってきています。 二人で授業を行うチームティーチングなど、新しい取り組みも進んできており、教育の方針も徐々に変わってきています。 今後も時代の流れと共に教育現場を取り巻く状況は変わってくると考えられ、教師には柔軟な対応が求められるようになるでしょう。

小学校教諭の独立について

教育関連の起業で考えられるのは、塾講師が挙げられますが基本的に教諭免許は不要。独立や起業には不向きな資格です。

小学校教諭資格を所有している主な著名人

稲葉浩志、加藤雅也、優木まおみ

コメントを残す

*

*