学芸員・学芸員補

学芸員 なるには 資格

学芸員の仕事は、博物館法に基づく様々な文化施設の専門職員として、施設内に保管する資料などを収集して研究します。欧米では「キュレーター」と呼ばれ、細かく専門が分かれておりますが、日本は数が少ないため、多くの作業を担当しなければなりません。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

学芸員・学芸員補 は 幅広い年齢層 の 男女 が目指せる、 就職するための競争率が高い 仕事です。

学芸員・学芸員補 は他にも キュレーター と呼ばれています。

	学芸員・学芸員補

学芸員・学芸員補 ってどんな仕事?

学芸員の仕事は、博物館法に基づくさまざまな文化施設(美術・科学・動物・植物等々)の専門職員として、施設内に保管する資料などを収集して研究し、適切に整理分類・保管し、時には展示などに使用して学術振興や文化向上に貢献していくことです。そしてこの役割を果たすには前提として、博物館の扱う分野に対しての深い専門的な知識や幅広い教養を身につけていることが必要です。学芸員の資格もこうした学識や博物館の運営能力をチェックするためにあります。学芸員になってからも、日頃から知識を深め、仕事の質を高められるよう研鑽努力することが期待されています。学芸員職は欧米では「キュレーター」と呼ばれ、細かく専門が分かれていますが、日本の学芸員は数が少ないため、多くの作業を担当しなければなりません。
また、学芸員補とは博物館法において定められた博物館(歴史、芸術、民俗、産業、自然科学、資料館、研究施設なども含む)に勤務して施設内の資料の収集や研究を手助けし、展示や保管、訪問客の応対など博物館業務にたずさわって職員や学芸員を補助していくお仕事です。
学校教育法にもとづいて大学に入学できる人間(高等学校と中等学校の卒業者、高等学校卒業程度認定、大学入学資格検定の合格者など)は誰にでも学芸員補になる資格があるとされており、特別な資格はいりません

学芸員・学芸員補 になるためには?

学習方法としては、文部科学省のHPから昨年の問題がダウンロードでき、問題は手に入ります。いずれも答えは付いていないので、これを調べながらノートを作っていけば良いかと思います。参考書は色々と出ていますが、参考書だけだと試験に対応しきれません。他にもアマゾンのレビューなどを参考にしなから1~2冊用意して置いた方がよいとは思います。

学芸員・学芸員補 の専門学校(養成所)や通信講座について

準備中です。

	学芸員・学芸員補

学芸員・学芸員補 の仕事例・報酬相場

学芸員・学芸員補 の他の職業例

美術館や博物館、動物園などの文化施設

学芸員・学芸員補 に向いている人

・勉強が苦にならない
学芸員は勉強や研究が好きであることが必要です。一時的なアルバイトとしてでなく、学芸員として正式に勤務したい場合はこうした適正が求められます。また、博物館の職員には古文書も普通に読めたり、専門雑誌に論文が掲載されたり、著書を発行している人もいます。そうした人たちと協力して運営してくわけですから、深い知識がないと続けていけないでしょう。展示の運営から、来館者への説明まで専門的な知識は要求されますし、自分に足りない部分を日夜の勉強で補っていくことが大切です。そうした姿勢があることと、自己研鑽に励める人材が向いていると言えます。
・社会性がある
これは意外に思われるかもしれませんが、調査や研究のイメージが強い学芸員でも、人とコミュニケーションする能力は必要となります。大きい博物館であると職員が数十人にも及ぶことがありますし、調査の場合でもチームで協力し合って、成果を出す必要はあります。
加えて学芸員は博物館の運営にも携わります。学術的な面でなく、日常のこまごまとした雑務もこなさねばなりません。予算の使い方から、敷地や建物の管理、来館者への応対や案内、対外的な交渉や報告書作成、事務手続きの作業など、仕事の内容はさまざまです。
ノルマ・競争が要求されるような仕事ではありませんが、やはりそういったことをやれるにはフットワークが軽く、ある程度の器用さも必要でしょう。企画にあたってはどうしたら来客してくれるか、どんな宣伝の仕方をしたら受けるかなど、「俗っぽい」仕事にも頭を使います。
いわゆる研究一筋で他のことはまったく頭になかったり、一般常識に欠けるなどの場合は他のスタッフも困るでしょう。任期があって、契約が更新制であった場合は、そういった点でどれだけ貢献できているかも基準になります。調査研究の能力だけでなく、こうした一般的な社会性も必要になってくるのが、ただの研究職と違うところです。

学芸員・学芸員補 と同じ分野の他の職業

図書館司書

学芸員・学芸員補 の給料相場

学芸員は博物館関連の施設に勤務します。学芸員の仕事は専門性が求められますが、給与はあまり良くないのが現状です。一般的には月給15万〜20万、年収250万〜400万円くらいがが平均と言われています。公立の博物館に所属するとなると公務員としての扱いであり、各自治体の給与体系に従って給与が支給されるので、年収もそれなりにはなってきますが、恵まれた待遇の求人は非常に競争率が高くなっています。

学芸員・学芸員補 の現状

現在日本にある博物館数は5,700件にを超え、緩やかに増加する傾向が続いています。それに伴い雇用される学芸員数も一貫して増加していて、平成20年頃の資料では7,000人に迫っています。また、博物館への訪問者数は横ばいを続けていて特に需要が減少するという傾向は見られません。現在でも人気のある展示の場合は期間中に数十万人の訪問者を数えるなど、博物館の人気が衰える気配はありません。また文化施設という性質上、国や自治体の助成やバックアップは残り続けるでしょうし、博物館運営の重要性は今後も変わらないでしょう。したがって、そこで働く学芸員も一定数の需要は有り続けるでしょう。ただし、現在の政治状況での公務員への風当たりを見ても分かる通り、特に雇用条件が厳しくなる可能性は十分にあります

学芸員・学芸員補 の将来性

公立博物館の場合、地方自治体が運用しているため、そこで働く学芸員の身分は公務員になります。公務員は今では安全な職業の代名詞になってしまいましたが、最近の情勢ではそうも言えません。民間の不況と給料削減の流れにともなって、公務員の給料削減をはじめとする行政改革が叫ばれ、政治側も応じる姿勢を見せています。実際に公共施設の運用を外部に委託する流れは進みつつあります。博物館や美術館も例外ではなく、正規雇用ではなく、臨時職員や嘱託職員の採用が増えつつあります。学芸員を目指す人は常にある一定数以上いますが、正規雇用は少ないため、学芸員として就職するにはかなり厳しい状況です。学芸員が消滅することは考えにくいですが、待遇の変化または求人状況の悪化などは見越しておくべきかもしれません。

学芸員・学芸員補 の独立について

美術館や博物館、動物園などの文化施設にて勤務するための資格であり、独立や起業には不向きな資格です。

コメントを残す

*

*