保育士採用試験資格取得の難易度は?試験情報・報酬相場を徹底分析

アバター

by 資格広場編集部

更新日:2018-10-31

公開日:2018-05-24

公立保育所で働くためには保育士資格を取得後、各市区町村でおこなわれている「資格免許職(免許資格職)」の採用試験を受け、それに合格し、採用されなければなりません。 公務員試験なので、専門試験、教養試験、実技試験、口述試験、作文試験があります。


保育士採用試験は幅広い年齢層の男女が目指せる、安定性資格です。
保育士採用試験資格取得者は他にも保育士と呼ばれております。
保育士採用試験の資格は「国家資格」です。

ヒューマンアカデミー

資格広場は、保育士採用試験になるには?保育士採用試験なるためには?保育士採用試験になりたいを応援しております。

保育士採用試験になるために必要な知識・受験資格

保育士に求められる資質として、一般的には「人間性」「意欲」「態度」「健康・体力」があげられます。 そのほかにも、音楽能力と制作能力、パソコン操作能力なども必要になってきます。

保育士採用試験の資格は「教育委員会」が運営管理を行っております。

教育委員会とは:
地方公共団体が、教育・学術・文化に関する事務を行う場合は、その性質上、行政が安定していること、政治的中立を維持すること、住民の意思を反映することが求められます。これらにこたえるため、都道府県及び区市町村には、知事又は区市町村長から独立した行政委員会として、合議制の執行機関である教育委員会が設置されています。

保育士採用試験

保育士採用試験ってどんな仕事?(仕事内容など)

保育士は、保育園などで生後6ヵ月の赤ちゃんから6歳児までの子どもを預かりお世話をする仕事です。単純に子どもを預かって身の回りのお世話をするだけではありません。保育士の役割とは、子どもたちの生活全般のお世話をしながら、心身の発達を促し、社会性を養うこと。そして、食事や睡眠、排せつ、清潔さ、衣類の着脱などの基本的な生活習慣を身につけさせることです。子どもの成長にとって重要な役割を担っているといえるでしょう。年齢や発達に合わせて、食事や着替え、昼寝の寝かしつけ、遊びなど、身の回りに関するさまざまなことを行います。親に代わって子どもを危険から守るのはもちろん、一緒に遊んだり会話をしたりすることで、子どもの成長を手助けしていきます。子どもの様子に変わったことがあったときは、欠かさず保護者へ連絡することも大事な仕事のひとつです。

保育士採用試験資格取得の為の勉強法

人文科学(国語・文学・日本史・世界史・地理・思想・芸術)社会科学(社会・政治・経済)自然科学(数学・生物・物理・化学・地学)保育士の採用試験では、高校~短大卒業程度の問題が出題されます。範囲が広いので、なるべくたくさん問題を解いて勉強するとよいでしょう。過去問題をひと通り解くと、出題傾向や正解を選ぶコツがつかめるはずです。特に社会科学の問題が出やすいので、過去問題にしっかり目を通しましょう。採点の重要度が高いのは、数的推理・判断推理・資料解釈です。もし時間がなければ、優先して勉強しましょう。問題集を用意して毎日勉強し、すらすら解けるようにしておくことをおすすめします。自治体によって実技試験の内容は異なりますが、保育に関係のあるピアノ、素話、読み聞かせなどがテーマになることが多いです。子どもが楽しめるような雰囲気づくりが求められるので、明るくはきはきと実技をやり切ると、好感が持たれます。試験前から練習しておく事が大切です。

保育士採用試験の専門学校や通信講座について

準備中です。

ヒューマンアカデミー


保育士採用試験の試験料・試験内容・難易度・合格発表について

保育士採用試験の資格試験料

保育士試験の受験手数料は、「12,700円(税込)+250円(郵送料)=12,950円」となっています(平成30年現在)。※幼稚園教諭免許所有者で筆記試験科目が全て免除の方の受験手数料は「2,400円(税込)+250円(郵送料)=2,650円」です。

保育士採用試験試験・検定の年間試験回数

試験は年2回です。保育士試験は全国一斉に行われるようになっています。

保育士採用試験試験科目等の内容

地域により異なります。1次試験 教養試験専門試験 2次試験 論作文試験面接(口述)試験 適正試験 適正検査 実技試験 身体検査 体力検査 保育園は大きく公立と私立に分かれています。公立保育園に就職する場合は、各自治体が実施している試験を受けて合格し、採用されなければなりません。私立保育園で働く場合は、各事業所の求人に応募し試験に臨む必要があります。

保育士採用試験資格の難易度

合格率は10%~20%となり、簡単に合格できる試験ではありません。科目によっては、かなり細かい部分まで問われるため、しっかりと時間を掛けて勉強することが必要となります。

保育士採用試験資格の合格率

保育士試験の合格率は、平成25年度より上昇し続けており、平成28年度の合格率は25.8%となりました。また、補充の要員を必要としていない地域では、公務員保育士試験自体の実施をしていない場合もあるため、ご自身が希望する地域では、その年の受験自体ができないこともあります。

保育士採用試験試験の合格発表

地域によって異なります。保育士試験の申し込み期間と試験日は、毎年一定ではありません。

ヒューマンアカデミー

国家資格バナー

PR



保育士採用試験

保育士採用試験資格取得後の就職先・年収・報酬相場

保育士採用試験所持者の職業例

保育士

保育士採用試験に向いている人

保育士の仕事は、当然ながら子どもが好きなことが何よりも大事です。一緒に楽しんだり子供を思いやる優しさや悲しんだりする感受性が必要とされます。待遇は決していいとはいえない仕事のため、子どもが大好きでやりがいを感じる人でないと、続けていくことは難しいかもしれません。子どもと遊んだりあやしている保育士の姿は、楽しそうに見えますが実際にはかなりの体力が必要となる仕事です。子どもを抱いたり、一日中元気な子どもの相手をすることはとても大変です。どんなに疲れていても、子どもの前ではそうした姿を見せないようにすることも大切です。

保育士採用試験と同じ分野の他の資格

幼稚園教諭認定試験、司書教諭、司書補、学芸員

保育士採用試験の年収・給料相場

正規職員は年金や保険などが給料から引かれます。そうなると、給料から2~3万ほど引かれることになるので、手取りにすると、13万~15万くらいが相場となります。社会保険が完備されていない保育園で働く場合も、自分で年金や保険を支払うことになるので、結果的には手元に残る給料は変わりません。手取りの初任給が10万程度の保育園もあり、保育士の給料は厳しいものとなっています。

保育士採用試験の現状

少子高齢化が進む日本。保育士の将来性について危惧する人は少なくないかもしれません。たしかに、子どもの数は年々減少傾向にあり、今後もこの流れは続くものと考えられます。しかし、それと同じだけ保育士の需要が減ったり、活躍の場がなくなってしまったりするかというと、そうともいえません。現代社会は、長引く不況の影響や人々の価値観・ライフスタイルの多様化などにより、共働きの夫婦やシングルマザーが増えており、女性の社会進出とともに、保育所の利用率が上昇しています。ひと昔前よりも保育の需要はずっと増えているといわれます。その一方、近年ニュースなどでも頻繁に取り上げられている「待機児童」の問題。保育園に我が子を預けたいと考える親御さんが多数いるなかで、まだまだ保育施設や保育士の数は不足しているのが現状です。実際、保育士を新たに求める職場も多く、これからの保育士にとってもチャンスは十分にあるといえるでしょう。ただし、なかには労働環境があまりよくない職場もあり、それを理由に早く退職してしまう人もいるようです。就職先を探す際には注意が必要です。

保育士採用試験の将来性

少子化の流れのなかで、子ども一人に対してかけるお金は以前よりも増えているといわれます。「大事な子どもに、できるだけ質の高い保育サービスを受けさせたい」という親御さんの気持ちが強くなってきています。子ども一人ひとりとじっくりと向き合い、その子に合った保育を提供できる、質の高い保育士が求められつつあります。従来の保育園や保育所のみならず、デパートなどの商業施設や民間の託児所などでも保育士として働ける人が求められるなど、活躍の場も広がっているといえます。また、最近では「幼保一元化」という言葉の通り、保育のみならず教育まで併せて行う施設も、保育士の中心的な保育士の職場となっていくでしょう。理想の保育のあり方は議論が重ねられているため、これから保育士を目指そうと考えている人は、新しい情報を追っていくとよいです。

保育士採用試験の独立について

自治体によって制度が異なりますが、家庭福祉員(保育ママ)などは、自治体の面接、研修、実習、試験結果などから自治体による総合的な審査に合格した人だけがなることができます。また保育士資格を必須としているところもあります。保育ママは、保護者から支払われる保育料+自治体からの助成金が入りますので、比較的高い収入を得られることから、保育士資格を持っていることが生かせる仕事と言えそうです。

保育士採用試験資格を所有している主な著名人

叶 美香

ヒューマンアカデミー

コメントを残す

*

*