幼稚園教諭普通免許状資格取得の難易度は?試験情報・報酬相場を徹底分析

アバター

by 資格広場編集部

更新日:2018.09.06

公開日:2018.05.31

保育士資格と並んで人気があるのが、幼稚園教諭資格。幼稚園教諭は、幼稚園(私立・効率)で3歳児から小学校就学前までの子供たちの指導・保育を行います。幼稚園は、「学校教育法」という法律に基づいた学校なので、幼稚園教諭免許状が必要なのです。


幼稚園教諭普通免許状は幅広い年齢層の男女が目指せる、幼稚園の先生資格です。
幼稚園教諭普通免許状資格取得者は他にも該当なしと呼ばれております。
幼稚園教諭普通免許状の資格は「国家資格」です。

資格広場は、幼稚園教諭普通免許状になるには?幼稚園教諭普通免許状なるためには?幼稚園教諭普通免許状になりたいを応援しております。

幼稚園教諭普通免許状になるために必要な知識・受験資格

児童学科や子ども教育学科など学習では、共通科目として「日本国憲法」「生物の多様性」「児童文化」をはじめ、専門科目として「発達心理学」「教育心理学」「教諭論」、さらに音楽(ピアノ)や図画工作・体育・国語(言語表現)などがあり、さらに教育現場体験もあります。

幼稚園教諭普通免許状の資格は「各都道府県の教育委員会」が運営管理を行っております。

各都道府県の教育委員会とは:
都道府県・市区町村の教育委員会は、国が設定している教育課程の基準に基づいて、各学校で教育課程が正しく行われているかを管理または監督、指導します。

幼稚園教諭普通免許状

幼稚園教諭普通免許状ってどんな仕事?(仕事内容など)

幼稚園教諭免許状は「普通免許状」と「臨時免許状」があり、幼稚園教諭になるにはこの「普通免許状」を取得する必要があります(臨時免許状は、普通免許状を持っている代理の職員がどうしても採用できない場合に与えられる免許状です)。

幼稚園教諭普通免許状資格取得の為の勉強法

幼稚園教諭免許状取得の出来る教職課程がある大学や短期大学等で必要単位を修得し卒業します。現在、幼稚園教諭の免許状を受け取ることができるのは、文科省の指定を受けた大学・短大・専門学校で所定の単位を修得し、卒業した人のみで、まったくの独学で幼稚園教諭の免許を取得することは不可能です。

幼稚園教諭普通免許状の専門学校や通信講座について

準備中です。


幼稚園教諭普通免許状の試験料・試験内容・難易度・合格発表について

幼稚園教諭普通免許状の資格試験料

試験料と言うよりは、大学、短大、専門学校の授業料がかかります。

幼稚園教諭普通免許状試験・検定の年間試験回数

特に試験はなく、短期大学や、大学で単位を取得し卒業できると取得できます。

幼稚園教諭普通免許状試験科目等の内容

所定の単位をすべて修得し、大学(短大)卒業と同時に、幼稚園教諭の免許取得状を申請する準備が整います。

幼稚園教諭普通免許状資格の難易度

幼稚園教諭を目指す場合、文科省の指定した大学・短大の幼児教育関連の学部学科に進学し、所定の単位を修得して卒業することが、免許取得への王道と言えます。難易度は受験する大学によります。

幼稚園教諭普通免許状資格の合格率

単位を取得し卒業できれば取得できるので合格率などはありません。

幼稚園教諭普通免許状試験の合格発表

単位を取得し、学校を卒業できれば合格となります。

国家資格バナー

PR



幼稚園教諭普通免許状

幼稚園教諭普通免許状資格取得後の就職先・年収・報酬相場

幼稚園教諭普通免許状所持者の職業例

幼稚園教諭の求人状況ですが、決して少ないわけではありません。自分が気に入った幼稚園で働けるかどうかは別として、幼稚園に就職すること自体は、だいたいの人ができるくらいの状況です。

幼稚園教諭普通免許状に向いている人

幼稚園教諭に向いている人は、「子どもが好きである」ということが絶対条件となります。幼児期の子どもは精神的にもデリケートなので、1人1人と真摯に向きあい、愛情を持って接することが大切なのです。 毎日大勢の子どもと触れ合い、面倒を見なければならないので、体力も必要となります。

幼稚園教諭普通免許状と同じ分野の他の資格

保育士などです。

幼稚園教諭普通免許状の年収・給料相場

幼稚園教諭の年収は、300万円~350万円程度とされています。 しかし、地方や地域、働く幼稚園によって差があります。公立の幼稚園の場合、身分は公務員となります。定期的な昇給があり、長く働けば働くほど給料は高くなっていきます。 私立の場合、幼稚園によっての差がだいぶ大きくなっています。同じ年度に、同じ短大を卒業したとしても、勤務する幼稚園によって給料に数万円もの差が出ることは珍しくありません。

幼稚園教諭普通免許状の現状

3歳からの幼児を対象に教育を行う幼稚園。昔も今も変わらず社会から必要とされている場所ですが、少子化が急速に進んでいる現代、幼稚園に入る子の数が減少するとともに、幼稚園の数も減りつつある一方、近年では幼稚園のあり方にも変化が見られています。 たとえば、最近では幼稚園と保育園が一体となった「認定こども園」ができており、そこでは本来幼稚園の役割である教育以外に、保育園の「保育」を提供することで、「子どもを長時間預かってほしい」といった保護者の多様なニーズに応えることが可能となっています。

幼稚園教諭普通免許状の将来性

幼稚園教諭と保育士の両方の資格を持っている人のニーズは上昇傾向にあり、国としてもそうしたスキルを有する人の育成に積極的に取り組んでいます。 たとえば、平成26年度から平成31年度末までは、厚生労働省が定める特例制度として、幼稚園教諭の資格を持っている人で3年または4320時間以上の実務経験がある場合には、保育士の資格を最短で取得できるようになっています。

幼稚園教諭普通免許状の独立について

この資格は独立開業という類の資格ではありませんので、この資格で独立というのは現実的ではありません。

幼稚園教諭普通免許状資格を所有している主な著名人

該当なし

コメントを残す

*

*