ベビーシッター認定資格試験資格取得の難易度は?試験情報・報酬相場を徹底分析

アバター

by 資格広場編集部

更新日:2019-05-06

公開日:2018-05-21

ベビシッターとは保護者に代わって子供のお世話をする人のことです。社会的信頼を得るための認定資格として複数の協会が資格認定試験を実施しています。待機児童が大きな社会問題になっている中で、その打開案の一つとしてベビーシッター利用者が着実に増えています。

       

ベビーシッター認定資格試験は幅広い年齢層の男女が目指せる、需要が増すと予測されている資格です。
ベビーシッター認定資格試験資格取得者は他にもベビーシッター技能認定 ベビーシッター資格と呼ばれております。
ベビーシッター認定資格試験の資格は「民間資格」です。

資格広場は、ベビーシッター認定資格試験になるには?ベビーシッター認定資格試験なるためには?ベビーシッター認定資格試験になりたいを応援しております。

ベビーシッター認定資格試験に必要な知識・受験資格

子育てに関する基礎知識や保育マインドに関する基礎知識が必要です。どの月齢・年齢の子供はどのような行動をとるのか、どのような遊びを好むのか、どのように接することが必要なのか、どのような体のケアが必要か等を学ぶ必要があります。

ベビーシッター認定資格試験の資格は「代表出来3つの資格の運営元は、1.公益社団法人全国保育サービス協会 2.一般財団法人日本能力開発推進協会 3.一般財団法人日本医療教育財団」が運営管理を行っております。

代表出来3つの資格の運営元は、1.公益社団法人全国保育サービス協会 2.一般財団法人日本能力開発推進協会 3.一般財団法人日本医療教育財団とは:
1.公益社団法人全国保育サービス協会では訪問保育サービスなどを通して、子供や子育て家庭の良質な成育環境を保障することのできる社会の実現に寄与することを目的として、研究・保育者を目指す者の教育・保育サーピス等の研修・保育に関する出版物の販売等を行っています。2.一般財団法人日本能力開発推進協会では保健、医療、福祉、社会教育、学術、文化および芸術の分野においての職業能力開発教育を行っています。3.一般財団法人日本医療教育財団では医療・介護・福祉の分野においての人材育成や能力評価事業等を行っています。

ベビーシッター認定資格試験

ベビーシッター認定資格試験の仕事内容

親に代わって乳幼児のお世話をする人のことをいいます。勤務先は主に個人宅や民間の託児所ですが、企業内であったりイベント会場などにおいても最近では保育を行うこともあります。年齢としては、生まれたばかりの乳児から12歳の子供が対象になります。親が共働きであったり、病気のとき、親がどうしても面倒をみられない時などに代わりに子供のお世話をします。内容は食事、トイレ、オムツ替え、お風呂のサポート、勉強のサポート、本の読み聞かせ、遊び等さまざまです。時には買い物にでかけたり、公園に行ったり、保育園や習い事の送り迎えなど、親の要望によってお仕事は多岐に渡ります。

ベビーシッター認定資格試験資格の勉強法

各協会指定の教育機関などが行う教育訓練において、その全てのカリキュラムを修了したものが、受験資格を受けることが出来ます。その研修で学んだ内容をしっかり復習し、よく理解することが大切です。資料などを何度も読み直し、その内容を人に説明することが出来るくらいに理解することが重要です。

ベビーシッター認定資格試験の専門学校・通信講座

専門学校や通信講座は【専門学校案内所】からジャンルや都道府県別に簡単に調べられます。

ベビーシッター認定資格試験の試験料・試験内容・難易度・合格発表について

ベビーシッター認定資格試験の資格試験料

1.公益社団法人全国保育サービス協会は11,330円 2.一般財団法人日本能力開発推進協会は5,600円 3.一般財団法人日本医療教育財団は3,000円

ベビーシッター認定資格試験試験・検定の年間試験回数

1.公益社団法人全国保育年に1回6月末から7月頃に行われています。2.日本能力開発推進協会はカリキュラム修了後、随時受験可能です。3.日本医療教育財団はカリキュラム修了後随時受験可能です。

ベビーシッター認定資格試験試験科目等の内容

1.全国保育サービス協会の試験時間はは90分で、選択式(5肢択一問題)が40問出題されます。そしてさらに記述式(400字以内)が1問出題されます。ベビシッターとしての基礎知識及び技術はもちろんのこと、訪問保育の特性及び専門性を配慮し、ベビーシッターとしても専門知識及び技術について研修の履修全般から出題されます。実技試験はありません。2.日本能力開発推進協会はカリキュラム修了後、随時、在宅で受験できます。内容はカリキュラムで習得した内容です。得点率70%以上で合格とします。3.日本医療教育財団は試験時間は60分以内で資料の持ち込みが可能です。得点率90%以上で合格とします。出題形式は択一式でベビーシッターに関わる基礎知識が25問以上出題されます。

ベビーシッター認定資格試験資格の難易度

合格率がとても高いので難易度としてはあまり高くはないということがいえます。

ベビーシッター認定資格試験資格の合格率

80%程度と高い合格率となっています。

ベビーシッター認定資格試験試験の合格発表

1.公益社団法人全国保育サービス協会は協会ホームページ上に合格者の受験番号を掲載し、併せて全員に結果を郵送します。2.日本能力開発推進協会は試験から約1ヶ月後に送付されます。3.日本医療教育財団は約1ヶ月後に郵送されます。

ベビーシッター認定資格試験

ベビーシッター認定資格試験資格取得後の就職先・年収・報酬相場

ベビーシッター認定資格試験所持者の職業例

訪問保育、ベビーホテル、保育園のほか、独立して保育サロンの経営や自宅での開業をする人もいます。テーマパークやショッピングセンターの店員。

ベビーシッター認定資格試験に向いている人

絶対に必須と言えるのは子供が好きという気持ちです。どの子供に対しても平等に愛情を注げる人でなくてはなりません。基本的には保護者に言われたことをこなしていかなくてはなりませんので、あまり目立たない仕事でも自分の行動で相手を喜ばせたいと自然に思える人がベビーシッターにはむいているでしょう。他にも、子供と楽しく過ごすことも大事ですが、重要なのは子供を絶対に危険にさらさないようにすることです。場合によっては叱ることも必要になってきます。状況の変化に気付いて臨機応変に動ける人、強い責任感と観察力がある人が向いているといえます。

ベビーシッター認定資格試験と同じ分野の他の資格

保育士、チャイルドマインダー

ベビーシッター認定資格試験の年収・給料相場

契約社員・アルバイト・パートは時給にして1000円~1400円程となっていますが、働く地域や条件、内容によって給料には差がでてきます。保育士や看護師などの資格を取得していたり、育児経験が豊富にあったり、ベビーシッターとしての経験を積むことで時給アップに繋がることもあります。正社員の給料は16万~20万円程が相場です。フリーランスで収入を伸ばす人もいます。

ベビーシッター認定資格試験の現状

共働き世帯の増加等により、保育サービスの需要はますます増えています。都市部では幼稚園・保育園に定員の関係で入れない待機児童が大きな社会問題となっています。こうした背景の下、近年はベビーシッターの存在に期待が寄せられています。欧米に比べると歴史が浅いものの、少しずつその認知度は高まりを見せていますが、一方でベビーシッターが子供を危険にさらしたといった衝撃的な事件も発生しています。より強い責任感と、豊かな人間性を持った人材が求められるようになってくるでしょう。その他にも、大型娯楽施設で乳幼児の一時預りサービスを実施していたり、美容室やスポーツジムにおいても子供預かりサービスを導入しているところが多くあります。ベビーシッターという仕事は将来性のある仕事と言えるのではないでしょうか。

ベビーシッター認定資格試験の将来性

共働きの世帯が増えるなどで、保育所不足という問題が大きな社会問題になっています。しかし、設置場所の問題や人員不足などによって政策が進まず、政府の介入を待っているよりは、自分たちで何とか解決しようと考えている保護者の打開案のひとつとして、ベビーシッターを利用する人が着実に増えてきています。大型施設、美容室やスポーツジムにおいても子供の一時預かりサービスを導入しているところが増えている現状からもこの仕事は将来性があるといえるでしょう。

ベビーシッター認定資格試験の独立について

開業するにあたって必要な登録や認可がない為、個人でも比較的開業しやすいことが特徴です。保護者としては信頼のおけるベビーシッターに任せたいと考えるのがふつうですから、未経験者がいきなり開業して経営を成り立たせるのはほぼ不可能だといえます。まずは経験を積むことが必要と言えるでしょう。他に、万が一のトラブルに備えておく必要があります。どんなに気をつけても子供に怪我をさせてしまったり、私物を壊してしまうという可能性もゼロとは言い切れないので、「全国保育サービス協会」に加入していれば協会の保険制度を利用することが出来ます。出張のみで働く場合には設備等の初期費用があまり必要ないため、働き方次第で大きく稼ぐことも夢ではありません。

ベビーシッター認定資格試験資格を所有している主な著名人

やしろ優

コメントを残す

*

*