高等学校教諭普通免許状資格取得の難易度は?試験情報・報酬相場を徹底分析

アバター

by 資格広場編集部

更新日:2019-05-06

公開日:2018-05-21

高等学校教諭普通免許状は、高等学校の教師になるための国家資格です。現代の日本では、ほぼ義務教育化している高等学校教育課程において、中学校教諭や小学校教諭に比べて、より専門的な力が必要となります。試験は地域により異なりますが、高等学校教諭普通免許状を取得すれば、すべての都道府県で有効となる資格です。高校教師を目指す人には必須の資格となります。


高等学校教諭普通免許状は幅広い年齢層の男女が目指せる、公立、私立高校の学校の先生資格です。
高等学校教諭普通免許状資格取得者は他にも該当なしと呼ばれております。
高等学校教諭普通免許状の資格は「国家資格」です。


資格広場は、高等学校教諭普通免許状になるには?高等学校教諭普通免許状なるためには?高等学校教諭普通免許状になりたいを応援しております。

高等学校教諭普通免許状になるために必要な知識・受験資格

文、社会、自然、英語 専門知識、教育原理、教育心理学、生徒指導等 論文、など必要知識は広範囲となっています。

高等学校教諭普通免許状の資格は「教育委員会」が運営管理を行っております。

教育委員会とは:
都道府県・市区町村の教育委員会は、国が設定している教育課程の基準に基づいて、各学校で教育課程が正しく行われているかを管理または監督、指導します。

高等学校教諭普通免許状

高等学校教諭普通免許状ってどんな仕事?(仕事内容など)

高等学校教員は、高等学校における教員です。高等学校に置かれる職員のうち、おおむね、副校長、教頭、主幹教諭、指導教諭、教諭、助教諭、講師、養護教諭、養護助教諭、栄養教諭などの職員が該当します。 このうち、「副校長」「教頭」「養護をつかさどる主幹教諭」「栄養の指導及び管理をつかさどる主幹教諭」「養護教諭」「養護助教諭」「栄養教諭」でない者は、原則として「高等学校の教員の免許状」が必要です。

高等学校教諭普通免許状資格取得の為の勉強法

教職課程とは教員免許を取得する過程で受講しなければならない単位のことで、取得方法は主に大学ですが、通信講座でも受講することができます。基本教職課程で勉強することは大学によっても異なります。数多くの講義の中に、教職課程の単位に含まれる講義というものがあります。その中から、必要分の授業を受けるという形です。また、教員免許を取得する上で、必ず受講しなければならない講義もあります。文系を中心に説明しますが、この2つは必ず含まれます。歴史関係においては東洋学や西洋学、地理などがあります。国語関係で言えば、習字や文学関連があります。どれも大学によってカリキュラムは異なりますので注意が必要です。教職課程で取得しなければならない単位は沢山ありますので、大学1年生の時から教員免許取得に向けて単位を取っていかないと、卒業までに間に合わなくなりますので、注意が必要です。

高等学校教諭普通免許状の専門学校や通信講座について

準備中です。

高等学校教諭普通免許状の試験料・試験内容・難易度・合格発表について

高等学校教諭普通免許状の資格試験料

地域により異なります。

高等学校教諭普通免許状試験・検定の年間試験回数

1次 7月中旬・2次 8月下旬(面接)、9月上旬(実技)におこなわれています。

高等学校教諭普通免許状試験科目等の内容

一次試験は一般教養人文、社会、自然、英語 専門知識・教育原理、教育心理学、生徒指導等 文・教育に関する論述問題が出題されます。二次試験は面接・模擬授業、集団討論、実技は音楽科、美術科、保健体育科、英語科の教科受験者のみで口述試験 などです。

高等学校教諭普通免許状資格の難易度

高等学校教員採用試験の採用倍率は、年々低下の傾向にあります。しかしながら、7.2倍と依然として高い数字です。既卒性の受験率も高く、新卒で合格することは簡単ではない状況です。

高等学校教諭普通免許状資格の合格率

高等学校教員採用試験の採用倍率は、年々低下の傾向にあります。しかしながら、7.2倍と依然として高い数字です。既卒性の受験率も高く、新卒で合格することは簡単ではない状況です。高校教師採用試験の受験者数の増加以上に、採用数の割合が増加しているため、採用倍率は低下しつつあります。平成27年の採用倍率は7.2倍となり、過去10年で最も低い倍率となりました。なお、男性は7.6倍、女性は6.5倍と男性の方がやや高い倍率です。

高等学校教諭普通免許状試験の合格発表

各自治体により異なります。

高等学校教諭普通免許状

高等学校教諭普通免許状資格取得後の就職先・年収・報酬相場

高等学校教諭普通免許状所持者の職業例

教員免許取得後、公立の場合には、各都道府県などで実施されている教員採用候補者試験、私立の場合には、各高校の教員採用試験を受験します。教員採用試験に合格することができれば、高校教諭として働くことができます。

高等学校教諭普通免許状に向いている人

高校教師は、生徒のさまざまな悩みや相談に対応していかなければなりません。生徒に対して愛情があり、人間性が豊かであることが求められます。高校生活になじむことができなかったり、不登校の生徒を導いてくような、熱意を持っていることも必要になります。

高等学校教諭普通免許状と同じ分野の他の資格

小学校教諭免許状 ・中学校教諭免許状・ 特別支援学校教諭免許状です。

高等学校教諭普通免許状の年収・給料相場

高校教師の年収は、年齢とともに順調に上がっていきます。40代では男性は700万円台後半に、女性は600万円台後半になります。 男女の年収を比較すると、男性の平均年収が693万円であるのに対して、女性の平均年収は585万円となっており、男性のほうが100万円ほど高い傾向にあります。

高等学校教諭普通免許状の現状

一昔前までは教職は誰でも応募すればなれる職業でした。しかしバブルがはじけて企業信頼度が低下し、日々の残業、リストラへの不安、薄給などが叫ばれて教師を羨望の眼差しで見る人が多くなってきました。 高校教師への門は狭く、倍率も高いのが現状です。高校教師を夢見て何年も教員採用試験を受け続けている人も大勢いらっしゃいます。 私立でなければ教師は公務員なので、特別な問題を起こさない限りはリストラはありません。給料、賞与、年金や退職金も保証されているので、一般的なサラリーマンよりかは良い待遇が期待できることは事実です。

高等学校教諭普通免許状の将来性

将来性を問うならば状況は変わってきます。まず第一に言えることは公務員となる教職の給与は日本の経済状況によって上下します。ここ数年日本の景気は低下を辿っているので、ボーナスが数パーセントカットされたりと政治の強制力を受けることとなります。 また年金問題もあります。教師は共済年金と言って、通常の民間企業が加入している厚生年金よりも多く恩恵を受けることができるシステムとなっています。しかしこれも日本の財政悪化を受けて見直されているのが現状です。 どんなに頑張っても、どんなに残業をしてもそれが給与に反映されないのは教職の宿命と言えます。

高等学校教諭普通免許状の独立について

この資格は独立開業という類の資格ではありませんので、この資格で独立というのは現実的ではありません。

高等学校教諭普通免許状資格を所有している主な著名人

稲葉浩志(B’z)安住紳一郎(TBSアナ)小林麻耶(フリーアナウンサー)など多くの著名人が習得しています。

コメントを残す

*

*