高等学校卒業程度認定試験資格取得の難易度は?試験情報・報酬相場を徹底分析

アバター

by 資格広場編集部

更新日:2019-05-01

公開日:2018-05-21

「高卒認定」の正式名称は「高等学校卒業程度認定試験」、略して「高認」「高認試験」などとも呼ばれます。その名称から”高校卒業資格”と勘違いもされやすいのですが、「高卒認定」は、高校を卒業した人と同じくらいの学力があるかどうかを認定するための国の試験です。


高等学校卒業程度認定試験は幅広い年齢層の男女が目指せる、高校卒業程度を認定する試験資格です。
高等学校卒業程度認定試験資格取得者は他にも高卒認定・高認と呼ばれております。
高等学校卒業程度認定試験の資格は「国家資格」です。


資格広場は、高等学校卒業程度認定試験になるには?高等学校卒業程度認定試験なるためには?高等学校卒業程度認定試験になりたいを応援しております。

高等学校卒業程度認定試験になるために必要な知識・受験資格

大学受験のようなレベルを想像している人もいるかもしれませんが、「高卒認定」は基礎学力を判定するレベルの試験です。出題内容のレベルでいうと、どの科目も中学~高校1年生くらいの学習内容となっています。

高等学校卒業程度認定試験の資格は「文部科学省」が運営管理を行っております。

文部科学省とは:
文部科学省(もんぶかがくしょう、略称:文科省(もんかしょう)、英語: Ministry of Education, Culture, Sports, Science and Technology、略称:MEXT)は、日本の行政機関の一つです。

高等学校卒業程度認定試験

高等学校卒業程度認定試験ってどんな仕事?(仕事内容など)

高等学校卒業程度認定試験は、様々な理由で、高等学校を卒業できなかった者等の学習成果を適切に評価し、高等学校を卒業した者と同等以上の学力があるかどうかを認定するための試験です。合格者は大学・短大・専門学校の受験資格が与えられます。また、高等学校卒業者と同等以上の学力がある者として認定され、就職、資格試験等に活用することができます。(大学入学資格検定(大検)は、平成17年度より高等学校卒業程度認定試験にかわりました。)

高等学校卒業程度認定試験資格取得の為の勉強法

通信講座は、自宅勉強をして、勉強でわからない箇所が出てくれば、電話・FAX・スカイプ・メールで質問ができます。学校にもよりますが、通う必要が一切ないところもあります。通学コースは、基本的に予備校に通い、わからない箇所を質問を聞きに 行けます。学校によって様々なスタイルがあるので、週1~週4などから選んで個別で授業をしたり・月〇回授業をすると選べる所もありす。独学の場合は、本屋で参考書を買うか、以前使っていた教科書など勉強します。

高等学校卒業程度認定試験の専門学校や通信講座について

専門学校や通信講座は【専門学校案内所】からジャンルや都道府県別に簡単に調べられます。

高等学校卒業程度認定試験の試験料・試験内容・難易度・合格発表について

高等学校卒業程度認定試験の資格試験料

7科目以上(8科目全科目) 8500円、4科目~6科目 6500円、3科目以下4500円となっています。

高等学校卒業程度認定試験試験・検定の年間試験回数

年に2回実施されています。

高等学校卒業程度認定試験試験科目等の内容

平成26年度第1回高卒認定試験より「理科」の科目について試験科目や合格要件が変更になっています。これに伴い、高卒認定試験に合格するためには科目免除を含めて8科目(公民の科目で倫理・政治経済を選択した場合には9科目、理科で科学と人間生活を選択しない場合にはさらに1科目追加となり最大10科目)に合格することが必要です。

高等学校卒業程度認定試験資格の難易度

高卒認定の合格率は40%前後にとどまっているため、難易度が高いイメージをもたれがちです。しかし、難しいのは出題内容というよりも、試験科目の数と出題範囲が広いところです。実際に一部科目(1科目以上の合格者)の合格率だと、毎年80%前後まで高くなるので、難しいのは”量”の部分といえます。

高等学校卒業程度認定試験資格の合格率

公表はされていませんが高卒認定試験の合格点は40点前後です。40点を取るためには、確実に取れる問題はきっちりと得点しておく必要があるのです。それが1番の高卒認定の難易度を低くすることです。プラス合格する人数に制限はありません。合格点と言われる点数さへ取れれば全員が合格できます。倍率という概念がありません。中卒…980人:10.3%・高校中退…5,249人:55.4%・全日制高校在学…1,790人:18.9%・定時制、通信制高校在学…777人:8.2%・高専中退…140人:1.5%・その他…543人:5.7%という属性の割合です。この割合は例年ほとんど変わっていません。

高等学校卒業程度認定試験試験の合格発表

それぞれの受験者に対して願書に記入された住所あてに、簡易書留郵便で通知します。 合格者には合格証書、科目合格者には科目合格通知書が送付されます。

高等学校卒業程度認定試験

高等学校卒業程度認定試験資格取得後の就職先・年収・報酬相場

高等学校卒業程度認定試験所持者の職業例

大学や、専門学校などへの進学、就職などです。

高等学校卒業程度認定試験に向いている人

高校を中途退学した人や、高校に進学しなかった人など高校を卒業できなかった人で、高校を卒業したい人

高等学校卒業程度認定試験と同じ分野の他の資格

現在調査中

高等学校卒業程度認定試験の年収・給料相場

働き出して10年後の年収は高校中退 年収200万~300万・高校卒業 年収250万~350万・大学卒業 年収350万~450万ぐらいとなっています。職業や、能力などにもよるので一概には言えませんがこのぐらいの目安です。やはり高校中退者と高校卒業者では年収にすると50万円ほど違ってきます。この年収の開きは年数を重ねるごとに開いて行っています。

高等学校卒業程度認定試験の現状

高卒認定試験は、さまざまな理由で高校を卒業できなかった人たちの学習成果を適切に評価し、高校を卒業した人と同等以上の学力があるかどうかを認定するための試験です。合格者には、大学・短大・専門学校の受験資格が与えられ、就職や資格試験などにも活用できます。第2回高卒認定試験は、平成29年11月11、12日の2日間で実施ししました。12,279人が志願し、10,912人が受験し、1以上の科目に合格したのは9,958人で、このうち高卒認定試験合格者(大学入学資格取得者)は5,117人です。平成28年度(2016年度)第2回高卒認定試験と比較すると、高卒認定試験合格者は677人の増加となっています。

高等学校卒業程度認定試験の将来性

高卒認定試験は就職に有利に働くかについて以下企業の採用試験・人事考課における合格者の取扱いです。採用試験において「高卒と同等である」割合は企業において25.9%(前回21.2%)自治体 では44.9%(前回38.3%)と前回より増加。人事 考課において「高卒と同等である」割合は 企業では、21.2%(前回18.1%)自治体では29.2%(前回25.2%)と前回より増加しています。

高等学校卒業程度認定試験の独立について

この資格で独立というのは現実的ではありません。

高等学校卒業程度認定試験資格を所有している主な著名人

高梨沙羅(女子スキージャンプ選手)西原理恵子(漫画家)安田成美(女優)など他にも多くの著名人が取得しています。

コメントを残す

*

*