中学校教諭普通免許状資格取得の難易度は?試験情報・報酬相場を徹底分析

アバター

by 資格広場編集部

更新日:2019-05-01

公開日:2018-05-21

中学校教諭普通免許状は、中学校の教師になるための国家資格です。国語、数学、理科、社会、英語、体育など、資格の取得は科目ごとになり、教員採用試験合格後に教師として働くときには、受験科目の担当となります。


中学校教諭普通免許状は幅広い年齢層の男女が目指せる、安定性資格です。
中学校教諭普通免許状資格取得者は他にも中学校教員と呼ばれております。
中学校教諭普通免許状の資格は「国家資格」です。


資格広場は、中学校教諭普通免許状になるには?中学校教諭普通免許状なるためには?中学校教諭普通免許状になりたいを応援しております。

中学校教諭普通免許状になるために必要な知識・受験資格

教育者としての使命感、人間の成長・発達についての深い理解、生徒に対する教育的愛情、教科等に関する専門的知識、広く豊かな教養、そしてこれらを基盤とした実践的指導力といった能力がいつの時代にも教員に求められる資質能力であると考えます。

中学校教諭普通免許状の資格は「教育委員会」が運営管理を行っております。

教育委員会とは:
地方公共団体が、教育・学術・文化に関する事務を行う場合は、その性質上、行政が安定していること、政治的中立を維持すること、住民の意思を反映することが求められます。これらにこたえるため、都道府県及び区市町村には、知事又は区市町村長から独立した行政委員会として、合議制の執行機関である教育委員会が設置されています。

中学校教諭普通免許状

中学校教諭普通免許状ってどんな仕事?(仕事内容など)

中学校教諭は、特定の専門教科を教えます。授業以外にも、クラス担任を受け持ってホームルームの時間に生活指導などを行うほか、クラブ活動の指導、学校行事への参加、PTAの運営など、いろいろな仕事があります。中学校時代は心身共に子どもから大人になる不安定な時期であり、進路を決める人生の大切な時期でもあります。そうした成長過程にある生徒を理解し、個性や才能を伸ばせるように指導を行うのも中学校教諭の重要な仕事です。不登校やいじめなどさまざまな問題が根強くあり、多忙で責任も重くなっているがそれだけに、やりがいのある仕事とも言えます。授業以外にも、補助プリントをはじめとする教材の準備、テストの作成、クラブ活動の指導、保護者との懇談などがあり多忙です。テストの採点や授業の準備など、自宅に持ち帰って仕事をすることもあるようです。

中学校教諭普通免許状資格取得の為の勉強法

おすすめの勉強法は、参考書を開くより先に、過去問や問題集をやってみることです。きっと、最初はほとんど点数が取れないことでしょう。でも、それでよいのです。まずは問題にチャレンジして、試験本番のイメージをつかみましょう。その後、解けなかった問題をチェックする段階で、参考書を活用します。いきなり参考書を使って勉強するときによりは、スムーズに読んでいけるはずです。参考書で知識を得た後に、その到達度を図るために「テスト」をするというのが一般的な勉強法です。普段の大学の授業が、そのまま採用試験に出るならば、それで構いません。でも、教員採用試験は、普段の大学の授業とはダイレクトにリンクしません。それだけに、参考書を読んでも、その内容がとても高度に感じてしまうのです。なので、教職・一般教養の参考書を開いて、嫌気がさしてしまった人がいたら、ぜひ一度、問題集にあたってみてください。大切なのは、本番さながら、きちんと制限時間を設けて、問題と向き合うこと、そして間違ったところをきちんと参考書で復習することです。これを何度も繰り返すうちに、ゴールが見えてくるに違いないです。

中学校教諭普通免許状の専門学校や通信講座について

専門学校や通信講座は【専門学校案内所】からジャンルや都道府県別に簡単に調べられます。

中学校教諭普通免許状の試験料・試験内容・難易度・合格発表について

中学校教諭普通免許状の資格試験料

地域により異なります。各都道府県教育委員会ホームページで確認いただけます。

中学校教諭普通免許状試験・検定の年間試験回数

試験は年1回です。県ごとにおこなわれます。試験日が異なれば他県との併願はできます。

中学校教諭普通免許状試験科目等の内容

地域により異なります。例として、1次 筆記 2次(1次合格者のみ)面接:個人面接、集団活動実技:音楽科、美術科、保健体育科、英語科の教科受験者のみ 国語、数学、英語、理科、社会、体育など、資格の取得は科目ごとになり、教員採用試験合格後に教師として働くときには、受験科目の担当となります。

中学校教諭普通免許状資格の難易度

専修偏差値53 一種偏差値52 二種偏差値50となっています。

中学校教諭普通免許状資格の合格率

中学校教師の採用倍率は約7倍。年々倍率が下がってきている状態ですが、地域よって競争率に差があります。採用数の少ない地方の倍率は高く採用数が多い都市部は倍率が低い傾向があります。

中学校教諭普通免許状試験の合格発表

地域によって異なります。9月中旬~10月下旬 「2次試験合格発表」合格者は採用候補者として名簿に登載されます。

中学校教諭普通免許状

中学校教諭普通免許状資格取得後の就職先・年収・報酬相場

中学校教諭普通免許状所持者の職業例

中学校教師 塾講師

中学校教諭普通免許状に向いている人

教育に対する信念があることが第一です。教員免許状は教育のプロフェッショナルを証明する資格なので、一人ひとりの子どもと真剣に向き合える真摯さが必要です。どれだけ働いても残業代は出ないので、教育にお金以上にやりがいを感じられる人が向いていると思われます。人と関わる仕事なので、人が好きであることが必要な条件といえます。教育現場では専門科目に関係なく「先生」となるため、自分の専門科目以外の一般教養、一般科目にある程度精通していることが求められます。教育活動は子ども本人だけでなく保護者、他の教員との連携が必要になります。円滑にコミュニケーションをとれることも必要です。

中学校教諭普通免許状と同じ分野の他の資格

司書教諭、司書補、学芸員

中学校教諭普通免許状の年収・給料相場

公立の中学校に就職した場合、給与は各自治体の規定によって決まります。私立学校の場合は各学校の規定によって決まるので、あらかじめ調べておくことをおすすめします。公立の各校種で働く場合は教育公務員になるため、毎年の昇給と手厚い福利厚生が保障されています。ただし注意しておきたいのは、教員には残業手当がないということです。「残業見込み手当」などの名称であらかじめ基本給に見込み残業代が上乗せされています。そのため地方公務員と比べると基本給は高いといわれます。?

中学校教諭普通免許状の現状

平成18(2006)年、全国の小・中学校の校長・教頭・教員の8,059人を対象に「教員意識調査」が行なわれました。この調査では、「今の仕事にやりがいを感じている」という項目40.8%の先生が「あてはまる」と答えています。「どちらかといえばあてはまる」と答えた先生と合わせると85.6%の教師が、教職にやりがいを感じていることが分かります。また、「今の仕事を通じて成長できていると思う」との項目には、86.2%の教員が「あてはまる」「どちらかといえばあてはまる」と回答しています。後述する「忙しさ」の中に身を置きながらも、小・中学生の学びや育ちをサポートする仕事はやりがいがあり、人間的にも教員としても職務の中で成長を感じている先生が多いようです。同調査では「仕事が忙しすぎて、ほとんど仕事だけの生活になってしまっている」という項目もあり、64.7%もの教師が「あてはまる」「どちらかといえばあてはまる」と答えています。また、ストレス状況を調べた項目では21.3%の教諭(正規採用の教員)が「ストレス予備状態(要注意)」に該当しています。担任や部活動顧問を任されている先生は特に、仕事量も多く、学校への拘束時間も長くなりがちです。近年では、不登校やいじめ、校内暴力、保護者からのクレームなど、問題を抱える生徒への対応が難しいことも周知の事実です。さらに、自閉症、情緒障害、学習障害などハンディキャップを抱える生徒への指導・支援も増加しています。

中学校教諭普通免許状の将来性

少子高齢化で教員の削減の方向に進んでいますが、一方で教育の必要性や、特別な教育を必要とする子どもの増加により教員はまだまだ一定数以上必要とされています。将来的にも必要とされ続ける貴重な職業です。塾や予備校、家庭教師も教員免許状をもっていることを条件にしていたり、採用されやすくなることがあります。学校だけでなくあらゆる教育現場で働くことが期待できます。

中学校教諭普通免許状の独立について

資格を生かし、家庭教師や塾講師などでは独立してやることはできます。近年、少子化が進む一方で、子ども一人あたりにかける教育費は増加の傾向にあり、学習塾や家庭教師の需要がなくなることはありません。最近では、特に「個別指導塾」のニーズは高まっており、子どもの絶対数が減るなかでも市場の拡大を示すデータもあります。受験対策としてだけでなく、学校での授業の予習・復習を目的として学習塾や家庭教師を利用する人も。少子化の半面、ニーズは多様化していると言えそうです。

コメント・口コミ・体験談

  1. ぴよ より:

    教員免許を取得するため、まずは大学合格を目指し猛勉強しました。勉強方法としては、例えば数学なら苦手な問題は何回も繰り返し解いて、公式を身体にしみこませる、英語は自分で単語帳を作って、繰り替えし声に出して覚える、などです。無事に合格できた後は、資格取得のために必要な単位を取得するために様々な授業を受けました。一番大変だったのはやはり教育実習でした。母校での教育実習でしたが、生徒達を目の前にして実際に授業をするのはとても緊張したのを覚えています。実習期間中は子ども達にわかりやすく伝えるためにはどうしたらよいものかと日々指導案を練り続け、毎日寝不足でした。同じく教育実習に来ていた他の実習生達と先生役と生徒役に分かれて、実際に模擬授業を行ってお互いに意見を出して練習も行いました。無事に実習を終えた後は、自分に自信を持つことができました。最終的には無事に大学を卒業することができ資格取得となりました。
    (ぴよ/高知県在住/20代/女性)

コメントを残す

*

*