職業訓練指導員資格取得の難易度は?試験情報・報酬相場を徹底分析

アバター

by 資格広場編集部

更新日:2019-05-01

公開日:2018-05-30

職業訓練指導員になるためには、まず職業訓練指導員試験を受けて「職業訓練指導員免許」を取得することが必要です。この試験は、職業能力開発促進法の規程に基づき実施されており、合格者には申請により、都道府県知事から職業訓練指導員免許証が交付されます。なお、職業訓練指導員免許は、それだけで就職が保証されるものではありません。就職を目指す場合には、免許取得後に各都道府県などの職業訓練指導員職に関する採用試験を受験し、採用される必要があります。


職業訓練指導員は幅広い年齢層の男女が目指せる、職業訓練を指導する人資格です。
職業訓練指導員資格取得者は他にも該当なしと呼ばれております。
職業訓練指導員の資格は「国家資格」です。


資格広場は、職業訓練指導員になるには?職業訓練指導員なるためには?職業訓練指導員になりたいを応援しております。

職業訓練指導員になるために必要な知識・受験資格

職業訓練指導員免許の種類は「インテリア科」「電子科」「介護サービス科」など計123種類に分けられており、それぞれの職種について担当できる訓練科目が定められています。全職種共通の「指導方法」と、職種別の「系基礎学科」及び「専攻学科」があり、実技試験も職種別に実施されています。

職業訓練指導員の資格は「各都道府県」が運営管理を行っております。

各都道府県とは:
各都道府県で行われています。

職業訓練指導員

職業訓練指導員ってどんな仕事?(仕事内容など)

職業訓練指導員は、「 ハロートレーニング 」で、就職やスキルアップなどに必要な技能や技術の指導や就職支援などを行っています。ハロートレーニング を受講して就職された方からは、「おかげで就職することができました!!」といった感謝の言葉をかけられます。○ 在職者や求職者などの様々な方を対象とした「ハロートレーニング」の「指導員」離職者訓練(これから働く方の訓練)学卒者訓練(主に学卒者を対象とした訓練)在職者訓練(働いている方の訓練)障がい者訓練(障がい者を対象とした訓練)などを行っています。

職業訓練指導員資格取得の為の勉強法

テキストなどが販売されているのでテキストを活用し勉強します。

職業訓練指導員の専門学校や通信講座について

準備中です。

職業訓練指導員の試験料・試験内容・難易度・合格発表について

職業訓練指導員の資格試験料

各都道府県により異なります。

職業訓練指導員試験・検定の年間試験回数

各都道府県で年に1回行われています。

職業訓練指導員試験科目等の内容

実技試験・学科試験、講習・6日間/48時間があります。講習では・職業訓練原理・教科指導法・労働安全衛生・訓練生の心理・生活指導・関連法規・事例研究・ 確認テストなどがおこなわれます。また所有する資格によって実技試験、学科試験のうち関連学科の両方、または、どちらかが免除されます。

職業訓練指導員資格の難易度

業訓練指導員試験の内容は、都道府県によって異なります。そのため、難易度や倍率は正式に発表されていないようですが、都道府県によってどうしても差が出てくるようです。そこまで難しい試験ではないといわれているものの、関連書籍がわずかしかなく、他の資格試験のように試験の過去問題集が広く出回っていないことから、その点で苦労する人もいるようです。

職業訓練指導員資格の合格率

試験の内容が都道府県によって異なるため倍率は正式に発表されていません。

職業訓練指導員試験の合格発表

各都道府県により異なります。

職業訓練指導員

職業訓練指導員資格取得後の就職先・年収・報酬相場

職業訓練指導員所持者の職業例

職業訓練指導員として各都道府県に就職します。

職業訓練指導員に向いている人

職業訓練指導員は、専門的な職業に初めて就く若者や、何らかの理由で新たな仕事を求める離職者・転職希望者などに対し、仕事で活用できる技術や技能の習得を目的とした訓練を行います。生徒に対して、さまざまな進路の基礎となる教育を行う教員とは役割が異なりますが、「その人が、より良い人生を送れるように手助けする」という点では同じです。社会貢献性の高い仕事でもあるため、困っている人や社会の役に立ちたいという気持ちが強い人にこそ向いている職業だといえるでしょう。

職業訓練指導員と同じ分野の他の資格

現在調査中

職業訓練指導員の年収・給料相場

職員訓練指導員の給料は、都道府県の職員として採用された場合、各都道府県の「職員の給与に関する条例・規則」により支給されます。大卒者であれば、各地域の初任給は17万~19万円程度となっていますが、職務経歴等がある場合は一定の額が加算されることがあります。このほか、扶養手当、通勤手当、時間外勤務当、住居手当、期末・勤勉手当等が支給されます。認定職業訓練施設で勤務する場合、施設によって給料は異なりますが、都道府県職員とその額が大きく変わることはないようです。

職業訓練指導員の現状

各業界の情報収集、就職活動の支援、また若年者を対象とする場合には生活指導などまで、実にさまざまな役割を果たすことが期待されています。ある職業に就くために新たな知識や技能を身に付けたいと考える人は大勢おり、現在も全国各地で多くの職業訓練指導員が活躍しています。日本の雇用を支える社会貢献性の高い仕事であることから、「人の役に立ちたい」という思いのある人にとっては、大きな誇りとやりがいを感じながら働くことができるでしょう。なお、公共職業能力開発施設で働く場合には、公務員あるいはそれに準じた身分となるため、安定した働き方が望める職業であることも、職業訓練指導員が人気を集める理由となっているようです。

職業訓練指導員の将来性

職業訓練は比較的景気に左右されやすい分野であり、企業等の求人件数が増え、就職に困らない人が増えれば、職業訓練指導員の需要も頭打ちになってしまうことが予想されます。とはいえ、職業訓練がなくなることは考えにくく、自分自身がさまざまな技能を習得し、その技能を訓練に生かそうとすることで、仕事の幅を広げていくことができます。ITの進化が急速に進む現代社会において、職業訓練指導員は常に時代のニーズに合った訓練を受講者に対して行わなくてはなりません。この先は、ますます技術の進展などに対応できる指導員が必要とされていくものと考えられます。なお、最近では職業訓練を、大学やNPO法人などの民間教育訓練機関に委託して行うケースが増えています。活躍の場も徐々に広がりを見せることによって、職業訓練指導員免許取得者の就職率も、さらに向上していくことが期待できます。

職業訓練指導員の独立について

この資格は独立開業という類の資格ではありませんので、この資格で独立というのは現実的ではありません。

職業訓練指導員資格を所有している主な著名人

該当なし

コメントを残す

*

*