自然・環境系資格一覧

   

 

キャンプや気象予報士などの自然環境に関わる資格を紹介、解説しています。
こちらは、「自然」「環境」に関わる資格のページです。
人が暮らすうえでは切っても切れない密接な関係にあるのが「環境」です。
現在は、お天気のプロ「気象予報士」の資格について解説しています。
実はとても合格率が低く、狭き門といわれているのが「気象予報士」です。
毎年、合格して気象予報士の資格を手にできるのはほんの一握りの人たちだそうです。
試験の勉強法・合格率・現状や将来性についても細かく紹介しておりますので、是非参考にしてください!
資格広場では、このほかにもさまざまな資格・職業についても解説しております。
興味のある資格・仕事がありましたら是非読んでください!

 

造園施工管理技士

造園施工管理技士は、造園の計画から完成までのすべてを行う現場監督です。一昔前はとても簡単な資格でしたが、現在の難易度はわりと高めです。造園に関する計画から完成までに実際に携わっていき、基礎知識を補っていけば取れないことはない資格です。

フラワー装飾技能士

フラワー装飾技能士は、生花を使用し、空間を装飾する仕事の唯一の国家資格です。実務経験が必要な資格ですので、実際にフラワー装飾技能に携わっている人のための資格となります。難易度はそこまで高くはありません。独立も可能です。

園芸装飾技能士

園芸装飾技能士は観葉植物などで空間の装飾を行う人材を確保するために実施されている国家資格の一つです。園芸装飾技能士としては、3級・2級・1級があり、各々勉強範囲や合格率も違います。フリーランスで仕事をするには、厳しいですが、可能性はあります。

造園技能士

現在、全国で約12万人が活躍していて、その多くが造園連の組合員です。造園技能士は、一般のご家庭の庭づくりや維持管理ばかりでなく、大規模な公共工事では現場に参加することが義務づけられるなど、その高い技能を社会の中でさまざまに活かしています。

防災士

防災士とは更新のない終身の民間資格で現在受講者数が急増している資格のひとつです。年間1万人以上が防災士と認定されており、講習や試験を行う認定団体が全国で増加しております。国民の災害意識の高まりで今後も増加が期待される資格となっております。

バイオ技術者認定試験

バイオ技術者認定試験とは日本では数少ないバイオテクノロジーに関する民間の資格となります。会員となる大学や専門学校が60ほどありバイオ研究を行う上では必須の資格でもあります。初級、中級、上級となっており、中級までは大学などで専門課程を行っている方であれば取得することも容易な資格でもあります。

毒物劇物取扱責任者

毒物劇物取扱責任者とは法令に基づき、毒物劇物を取扱う事業所では必須となる資格です。受験難易度はそれほど高くはなく、各都道府県で試験内容が異なるため、どこで受験するかで過去問などの対策が変わっていきます。

臭気判定士

臭気判定士とは工場や事業所などからの悪臭苦情に対応し分析機器や人の嗅覚を用いて臭気を判定するための国家資格です。全国で3000名強と認定されている臭気判定士は少なく、環境保全に取り組む企業や分析企業で必要となる資格でもあります。

作業環境測定士

作業環境測定士とは有機溶剤や金属粉じんなど特定の作業場において作業環境の測定を行うことができる国家資格です。企業や大学の研究所でも必要な存在であり今後も必ず必要な資格となるでしょう。第一種では他の資格と持っていることで科目免除にもなりやすい資格のため合格率が高くなっております。

公害防止管理者

公害防止管理者は特定の工場などにおいて必要となる資格です。13の区分に分かれおりそれぞれで区分合格として資格取得となります。複数所持することで他業種へと転職するのに有利となり、誰でも受験できることで環境関係の資格の登竜門となっております。