ビオトープ管理士資格取得の難易度は?試験情報・報酬相場を徹底分析

アバター

by 資格広場編集部

更新日:2019-05-02

公開日:2018-09-26

ビオトープ管理士

ビオトープ管理士とは、野生の動植物が生息可能な地域を管理・施工する職業です。より高度で専門的な1級は、受験資格が難しいといえますが、取得することでビオトープ事業の責任者として、幅広い活躍・活動を目指せます。

       

ビオトープ管理士は20歳以上の幅広い年齢層の男女が目指せる、自然事業の専門家の証となる資格です。
ビオトープ管理士資格取得者は他にもビオトープ計画管理士、ビオトープ施工管理士と呼ばれております。
ビオトープ管理士の資格は「民間資格」です。

資格広場は、ビオトープ管理士になるには?ビオトープ管理士なるためには?ビオトープ管理士になりたいを応援しております。

ビオトープ管理士に必要な知識・受験資格

生き物に関する知識をはじめ、法律、技術、倫理観、評価力、応用力といった幅広いスキルが必要です。

ビオトープ管理士の資格は「公益財団法人日本生態系協会」が運営管理を行っております。

公益財団法人日本生態系協会とは:
自然と共存する自然豊かな国やまちを目指して活動する団体です。

ビオトープ管理士

ビオトープ管理士の仕事内容

野生の動植物の生態系の保護・保全に貢献し、復元・創出を行います。都市計画・農村計画を担当する「ビオトープ計画管理士」と設計・施工といった現場監督を担当する「ビオトープ施工管理士」があります。さらには、自然保護の観点からボランティアとしての幅広い活躍・活動も担えるといえる資格です。

ビオトープ管理士資格の勉強法

試験対策セミナーでは「公式テキスト」「過去問題」「環境関連法」といった講義資料を使い、択一問題5科目の要点を勉強することができます。主に2級受験者が対象となっていますが、1級の問題もカバーされているのでセミナーの受講を検討すると良いでしょう。

ビオトープ管理士の専門学校・通信講座

自然環境コースのある大学や・専門学校へ通うことが近道といえます。2級は受験資格がないので、公式テキストやセミナーでの取得を目指すと良いでしょう。

ビオトープ管理士の試験料・試験内容・難易度・合格発表について

ビオトープ管理士の資格試験料

ビオトープ計画管理士・ビオトープ施工管理士共通で、2級は税込7,000円、1級は税込11,000円となります。

ビオトープ管理士試験・検定の年間試験回数

年に1回、1・2級ともに筆記試験は10月、1級の口述試験は12月上旬に実施されます。

ビオトープ管理士試験科目等の内容

2級は、筆記試験のみとなっており択一問題と小論文を提出する必要があります。共通科目として生物学・ビオトープ理論・環境関連法からの出題、専門科目では計画部門(計画管理士)・管理部門(施工管理士)からの出題となります。1級では筆記試験と口述試験が行われます。筆記試験では、2級と同じ共通科目・専門科目からの出題や小論文となり、加えて部門別から発展した記述問題が出題となっています。筆記に合格した者が、試験管との面談で行われる口述試験を受けることになります。

ビオトープ管理士資格の難易度

1級は4年制以上の大学・大学院卒業後5~7年の実務経験が受験資格となっており、難易度は高いといえます。2級は受験資格はなく、基礎的な知識レベルのある技術者でセミナーを受講していれば合格しやすいといえます。

ビオトープ管理士資格の合格率

セミナー受講者と未受講者とでは、合格率に差が出ています。平成29年度の合格率は2級の場合、受講者68%・未受講者49%になり、1級では、受講者40%・未受講者30%という結果になっています。

ビオトープ管理士試験の合格発表

1級の筆記試験の合否は、11月に郵送にて通知され12月上旬の口述試験に臨むことになります。2級の筆記試験および、1級の口述試験の合否通知は、12月下旬に郵送での通知となります。

ビオトープ管理士

ビオトープ管理士資格取得後の就職先・年収・報酬相場

ビオトープ管理士所持者の職業例

造園業、土地開発、土木建築業、環境コンサルタント、地方自治体など行政、環境ボランティア団体

ビオトープ管理士に向いている人

動植物の世話をする事が好きで、1つの事に熱中することが苦でなかったり、確固たる信念をもってやり遂げる能力といった性格の人向きです。その他、手順通りに進めたり、計画性があると良いとされています。

ビオトープ管理士と同じ分野の他の資格

環境カオリスタ検定、環境計量士、eco検定、こども環境管理士、森林インストラクター、グリーンアドバイザー、グリーンセイバー資格検定

ビオトープ管理士の年収・給料相場

就職企業により異なりますが、資格取得が応募条件となっている場合もあり、資格手当という待遇もあります。行政や地方自治体であれば、公務員となりますので給料・待遇面は良いといえるでしょう。

ビオトープ管理士の現状

環境省、国土交通省、農林水産省や地方自治体で行われる入札条件に、ビオトープ管理士の資格が高評価の対象となっています。行政・民間を問わず、信頼の証であるとの公認をうけた資格といえます。環境に対する関心は高く、ビオトープ管理士の資格はニーズがあります。

ビオトープ管理士の将来性

ビオトープ管理士は、環境教育の指導者として公認を受けており、次世代に向けた人材づくりを担っています。近年、ビオトープ管理士だけが取り扱うことができる、ビオトープ事業も増加傾向にあり将来性に期待できる資格といえます。国家資格ではありませんが、環境の保全・復元といった重要性が認知されており、今後注目度の高い資格になっていくでしょう。

ビオトープ管理士の独立について

行政・民間企業を問わず、会社に所属して活動を行う為の資格といえます。将来的にビオトープ事業としての活躍や活動を見越した事業所をの立ち上げを行っていくのも良いでしょう。その他、環境ボランティアとしての活動であればフリーランスでの独立は可能といえます。

ビオトープ管理士資格を所有している主な著名人

該当なし

コメントを残す

*

*