気象予報士

気象予報士 資格

気象情報士は気象庁から提供される各地方の気象情報関連のデータをもとに、天気、気温、湿度、降水確率等の予測をするお仕事です。気象情報士の資格を持たない者による業務としての気象予測は禁止されています。気象予報士の資格は国家資格で、超難関な試験となっています。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

気象予報士は幅広い年齢層の男女が目指せる、大きな影響力のある仕事です。
気象予報士は他にもお天気キャスターと呼ばれています。

sponsored link

専門学校・短大・大学10箇所を一度に資料請求や願書取り寄せを行うだけで全員にもれなく
1000円分の図書カードを全員にプレゼント!!

資料請求キャンペーン
キャンペーン詳細を見る

気象予報士

気象予報士ってどんな仕事?

気象予報士とは、気象庁から提供される各地のデータをもとに、これからの天気・気温・湿度・降水確率などを予測を行います。天候や気候は、企業にとても影響があるため責任重大な仕事であると言えます。例えばレジャー施設などでは天気の変化で来場者数が変わりますし、農家や漁師にとっては気象予報が肝になります。このように影響力の強い内容ですので、気象予報士の資格を持たない人が業務として気象を予報することは禁止されています。

気象予報士になるためには?

一般の本屋さんで売っている参考書やテキストではクオリティが低いため、通信講座を受講するのがいいと言われています。実技試験においては、暗記量も非常に膨大になる為、効率的に勉強する為にはポイントを絞った勉強をする必要があります。筆記試験は過去問を中心にりっかりと理解をすることが大切です。

気象予報士の専門学校(養成所)や通信講座について

準備中です。

sponsored link

気象予報士

気象予報士の仕事例・報酬相場

気象予報士の他の職業例

アナウンサー、天気予報士、気象予報士、ラジオパーソナリティ

気象予報士に向いている人

気象現象はいまだにわかっていないことが多く、常に勉強や情報収集ができる人が向いていると言えます。数多くのデータや資料を見てそこから天気予報を導き出す力を身につけるために、日々の勉強と努力を惜しまずに分析し続けることが大切になります。曖昧なデータをもとにして適当な予報をしたことによって大きな災害が起こることも考えられるため、責任感の強い人、緊張感をもって仕事に打ち込める人は向いている仕事です。

気象予報士と同じ分野の他の職業

環境マネジメント実務士、環境コンサルタント

気象予報士の給料相場

天気予報士の平均月収は勤務地にもよりますが約20万~30万円、年収ですと480万円ほどで平均的な金額だと言えます。主な就職先から見るとメディア関係は約300万円~500万円、国家公務員ですと原則的に俸給表によって定められているので収入に変化が生じますが約300万~500万円といわれています。

気象予報士の現状

日本全国で気象予報士の資格を持っている人は10,000人ほどととても少なく感じますが、実際では国家資格にもかかわらず就職先が見つからない、役に立たないと言った現状が見られます。90年代半ばまでは、医師や弁護士と同じく資格を取得すれば職に困らないと言われていましたが、今では求職数が減り気象業界で働きたくても働けない人があふれています。

気象予報士の将来性

地球温暖化の進行により異常気象がたびたび発生しているため、より正確な気象予報の情報が求められます。また、スマートフォンの普及によってその地域のピンポイントでの天気予報などが求められているため気象予報士としてのニーズも高まりつつあります。天候は生活に関わるだけでなく、命に関わるものでもあり、気象予報士の果たす役割の重要さは今後も変わることはないでしょう。

気象予報士の独立について

気象予報士の資格を利用し、独立することは可能です。実際に何年か企業で実務経験を積み、気象コンサルタントとして独立している人もいます。外部への情報提供や資格試験対策授業の講師などが主な業務となります。ですがやはりお金に結びつきにくい職業であるため、独立するよりは企業などで勤める方が安定していると言えます。

コメントを残す

*

*