臭気判定士の難易度は?仕事内容・報酬相場を徹底分析

アバター

by 資格広場編集部

更新日:2018-09-13

公開日:2018-03-14

臭気判定士とは工場や事業所などからの悪臭苦情に対応し分析機器や人の嗅覚を用いて臭気を判定するための国家資格です。全国で3000名強と認定されている臭気判定士は少なく、環境保全に取り組む企業や分析企業で必要となる資格でもあります。


臭気判定士は18歳以上の男女が目指せる、ISO14001の取得を目指す企業で推進している仕事です。
臭気判定士は他にも該当なしと呼ばれています。

臭気判定士

臭気判定士ってどんな仕事?

全国で24,000件以上の悪臭苦情を解決するために工場や事業所などのにおいを測定するのが仕事となります。においの測定方法は2種類あり、分析機器による測定と人の嗅覚によって測定する測定法とがあります。パネルの選定、試料の採取、試験の実施、結果をすべてを統括し行うことができます。人の嗅覚を用いて測定するほうが主流となっているため、一度試験に合格しても5年毎に嗅覚検査を行わないと資格の維持ができないようになっております。

臭気判定士になるためには?

試験科目は5科目あり「嗅覚概論」「悪臭防止行政」「悪臭測定概論」「分析統計概論」「臭気指数等の測定実務」となっております。それぞれで基準値以上の点数を取らなければいけないため万遍なく点数を稼がなければいけません。協会が指定する参考書などを使用し独学でされる方が多いでしょう。参考書を一通り読んだあと過去問を解きながら理解度を上げていきましょう。不安のある方は協会が開催しる講習を受講してみてもよいでしょう。ここ何年かは問題が難化傾向ですので過去問の傾向に囚われず学習していきましょう。臭気指数などの計算問題は確実に解けるようにしておきましょう。

臭気判定士の専門学校(養成所)や通信講座について

準備中です。

臭気判定士

臭気判定士の仕事例・報酬相場

臭気判定士の他の職業例

分析サービス業、医薬品業、ISO14001に力を入れている企業、化粧品業界

臭気判定士に向いている人

特に特別なにおいをかぎ分ける能力は必要ありませんのでどなたでも目指すことは可能です。環境に対して常に高い意識を持つ方などには向いております。化学薬品や化粧品、香水などを製造する会社などに就職を考えている方なども取得しておくことで損はないでしょう。

臭気判定士と同じ分野の他の職業

一般計量士、環境計量士、技術士、公害防止管理者、作業環境測定士

臭気判定士の年収・給料相場

働く業種によって異なりますが、分析サービス業の場合、日本の平均年収である400万円ほどとなるでしょう。技術職として長期的に働くことを行うことで給与は上がっていきます。

臭気判定士の現状

平成25年3月で3,000名強の臭気判定士が活躍しております。工場での分析室や製薬会社の技術研究所などで活躍されている場合が多く、他自治体などから依頼を受けて行う分析サービス業などで活躍もされております。世間的に認知度が低い国家資格であるため、毎年の受験者数も700名ほどと他の人気資格に比べ少ないのが現状です。

臭気判定士の将来性

ISO14001などの取得を目指す企業では推奨されている資格であり、今後の環境保全の中で活躍が期待される資格だともいえます。しかしまだまだ世間的に認知度が低い資格であるため大きな活躍は期待できない可能性が高いです。臭気判定士だけでなく計量士などを取得し業務拡大を目指すことや海外事業を展開し世界的に認知度を上げることが必要でしょう。

臭気判定士の独立について

臭気判定士として独立をすることは困難でしょう。自治体の依頼を受けて臭気判定を行い業績を上げることがメインとなると思いますが、全国の悪臭苦情は30,000件弱ですので現状の判定士の登録数からいっても利益を上げるための件数が少なく思えます。委託測定を行う場合協会認定の事業所登録をすることが可能です。第1種と第2種があり第2種で臭気判定士2名以上、パネル選定試験に合格して6名以上、必要な場所や設備を備えているかなどの認定基準があります。

コメントを残す

*

*