バイオ技術者認定試験の難易度は?試験情報・年収・給料・報酬相場を分析

バイオ技術者認定試験とは日本では数少ないバイオテクノロジーに関する民間の資格となります。会員となる大学や専門学校が60ほどありバイオ研究を行う上では必須の資格でもあります。初級、中級、上級となっており、中級までは大学などで専門課程を行っている方であれば取得することも容易な資格でもあります。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

バイオ技術者認定試験は10代、20代の男女が目指せる、数少ないバイオに関する資格です。
バイオ技術者認定試験は他にも該当なしと呼ばれております。

バイオ技術者認定試験は「民間資格」です。

sponsored link

バイオ技術者認定試験取得のために必要な知識・受験資格

生物に関する専門的な知識が必要となります。遺伝子の仕組みや微生物の仕組みなど級が上がっていくにつれて専門性が高くなり大学の専門課程での知識が必要となります。上級では実際に研究としての知識以上のものが必要とされる問題もありますのでしっかりつ対策を行いましょう。

バイオ技術者認定試験は「NPO法人日本バイオ技術教育学会」が運営管理を行っております。

NPO法人日本バイオ技術教育学会とは:
平成7年設立。全国の60余の大学や専門学校を団体会員校となっています

バイオ技術者認定試験

バイオ技術者認定試験ってどんな資格?

生物に関する研究者として化粧品や医薬品、食品や燃料開発まであらゆる研究所で活躍することとなります。遺伝子の組み換えや品種改良などを行い農作物や発行、醸造などの食品の分野だけでなく医療分野では再生医療などにも関与します。生物の構造やシグナル伝達、タンパク質などを研究し解析しその結果を製品として実用化されるまでを研究し開発していきます。2016年のノーベル生理学・医学賞のオートファジーもバイオ技術としての研究となります。

バイオ技術者認定試験取得の為の勉強法

各級によって受験資格が異なりますが、高等学校でのバイオ技術に関する課程を修了した方や実務経験を3年以上などが要件となります。独学で取得できる資格ではあり、初級、中級であれば学校の授業で学習した内容をしっかりと把握し対策すれば問題なく取得できるでしょう。上級になってくると、大学の専門課程の授業を受けていても難易度が高く深い知識を必要とします。過去問を何年分も解き対策をすることが一番だと思います。

バイオ技術者認定試験の専門学校や通信講座について

準備中です。

sponsored link

バイオ技術者認定試験の試験料・試験内容・難易度・合格発表について

バイオ技術者認定試験の試験料

初級の受験料は1,500円、中級の受験料は個人申込で7,000円、団体申込で5,000円、上級の受験料は個人申込で9,000円、団体申込で7,000円となっております。

バイオ技術者認定試験の年間試験回数

年間の試験回数は各級とも1回です。初級は7月の上旬に行い、中級、上級は12月の中旬頃に行われます。

バイオ技術者認定試験試験科目等の内容

初級は60分50問となり申込高等学校で受験を行います。中級は午前と午後とに分かれ午前ではバイオテクノロジー総論30問、生化学30問、午後は微生物学30問、分子生物学30問、遺伝子工学30問となっております。上級も午前と午後に分かれ午前では拡散・タンパク質30問、安全管理10問、バイオ機器10問、午後では微生物、動物、植物それぞれのバイオテクノロジーが20問ずつとなっております。中級、上級は午前、午後とも90分間で多肢選択式のマークシートとなっております。

バイオ技術者認定試験の難易度

初級、中級では専門の学校で勉強をしていれば比較的に取得しやすいでしょう。上級の場合でも試験としての対策をしっかりと行えば取得できる資格です。

バイオ技術者認定試験の合格率

平成28年7月に行われた初級の合格率は申込者数2,086名に対し合格者が1,710名、平成27年12月に行われた中級、上級ではそれぞれ1,937名の申込者数に対し合格者1,431名、756名の申込者数に対し合格者497名となっております。受験者数が不明ですが初級では80%以上、中級では70%以上、上級では65%以上の合格率となります。

バイオ技術者認定試験の合格発表

初級で8月上旬、中級、上級では1月中旬の発表となります。

国家資格バナー

PR


バイオ技術者認定試験

バイオ技術者認定試験取得後の就職先・年収・報酬相場

バイオ技術者認定試験所持者の職業例

化粧品製造メーカー、医薬品メーカー、燃料開発メーカー、食品メーカー、農業系技術者、大学研究員

バイオ技術者認定試験の取得に向いている人

研究員として携わる仕事に従事することとなりますので研究の成果が出なくても出るために研究を継続して行える地道に行える方がよいでしょう。また、研究の成果は偶然ではなく必然へと変えるためには論理的な研究の結果を出すことが必要ですので論理的思考を持つ方が望まれると思います。

バイオ技術者認定試験と同じ分野の他の資格

環境測量士、技術士、危険物取扱責任者、作業環境測定士

バイオ技術者認定試験の年収・給料相場

業種によって差はありますが研究員として400万円~700万円ほどとなるでしょう。40代以上で研究を行っている方は実績値が高いため年収も高額になりやすい職業となります。大学の研究員としては比較的作業環境もよく安定して働くことも可能です。

バイオ技術者認定試験の現状

バイオに関わる研究は日に日に増加しておりますが、欧米などと比較するとまだまだ認知度が低くバイオベンチャー企業数は少なく売上高も少ないです。しかし研究に対する成果は高く技術水準は高く維持されております。約60ほどの大学や専門学校などは会員校として認定されており団体として試験を受験することが可能です。研究者を目指すならば最低限持っておくことが必須な資格であります。

バイオ技術者認定試験の将来性

今後もバイオ研究の重要性は高まっていくことでしょう。研究者にとってはバイオ技術者認定の資格は必須となっておりますが、民間資格でもあり持っているからといって大きく将来に有利にはたらくものではないでしょう。あくまでバイオ研究に携わる人としてのパスポート的な意味合いが強いです。研究の成果を上げることが一番の将来性へと繋がり、研究の幅を広げるために他の資格を取得しておくことがよいでしょう。

バイオ技術者認定試験所持者の独立について

この資格を持っているということで独立できる資格ではありません。民間資格であり名称独占資格でもないため一定の技術水準を学んだことを表す資格だと思ってください。研究を行うには研究を行う機器や施設が充実していないとできず、開発コストは膨大となります。研究員として企業や大学に勤めながら社員や派遣社員として働くことが多くなることでしょう。

バイオ技術者認定試験を所有している主な著名人

該当なし

コメントを残す

*

*