グリーン・ツーリズムインストラクター

グリーンツーリズム 資格

Tweet Tweetグリーン・ツーリズムインストラクターは幅広い年齢層の男女の、自然が好きな方にとって人気あるの資格です。 資格名:グリーン・ツーリズムインストラクター 目次1 グリーン・ツーリズムインストラクターの資 […]


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

グリーン・ツーリズムインストラクターは幅広い年齢層の男女の、自然が好きな方にとって人気あるの資格です。

資格名:グリーン・ツーリズムインストラクター

グリーン・ツーリズムインストラクターの資格は「民間資格」です。

sponsored link

専門学校・短大・大学10箇所を一度に資料請求や願書取り寄せを行うだけで全員にもれなく
1000円分の図書カードを全員にプレゼント!!

資料請求キャンペーン
キャンペーン詳細を見る

資格広場ではグリーン・ツーリズムインストラクターになるには?グリーン・ツーリズムインストラクターなるためには?グリーン・ツーリズムインストラクターになりたいを応援しております。

グリーン・ツーリズムインストラクターになるために必要な知識

地域案内人になるためには地域案内人の役割・地域案内手法・安全対策など、体験指導者になるには、体験指導者の役割・体験指導方法・責任と法律など、企画書などを作る人になりたい場合は、地域連携・体験プログラム作成・企画書作成などの知識が必要となります。これらの知識は育成スクールで学習することができるのでそれをしっかり聞いておけば大丈夫です。

グリーン・ツーリズムインストラクターの資格は「都市農山漁村交流活性化機構」が運営管理を行っております。

都市農山漁村交流活性化機構とは:

この団体は、都市住民の自然・ふるさと志向と豊かな村づくりを進めようとする農山漁村の意向を踏まえ、都市と農山漁村の交流を推進すると共に、都市と農山漁村が一体となった地域活性化を図り、国土の均衡ある発展及び自然と調和のとれた社会の実現に寄与することを目的とした団体です。

資格 グリーンツーリズム

▼ 仕事内容▼ 試験詳細▼ 資格取得者の傾向

グリーン・ツーリズムインストラクターってどんな仕事なの?(仕事内容など)

グリーン・ツーリズムへの関心が高まりつつある今、農山漁村を訪れる方々に安全かつ有意義に楽しんでもらうため、地域を案内したり体験活動を指導したりしています。あとはフィールドの実地踏査をしたりもしています。

グリーン・ツーリズムインストラクター資格取得の為の勉強法

2泊3日や3泊4日の育成スクールに通って、講師の方や生徒と一緒に座学や実技をこなせば大体のことは学べます。受講料はかなり高いですが、その分たくさんのことを学べるのでこの方法が一番確実に学べてなおかつ試験に合格する近道であることは間違いないでしょう。

グリーン・ツーリズムインストラクターの試験料・試験の内容・合格発表について

グリーン・ツーリズムインストラクター資格試験料

試験料は各コースそれぞれ5000円でこれは受講料に含まれています。合格すれば希望で自然体験活動リーダーの初級として登録でき、その登録料は3年間で2000円となっています。

グリーン・ツーリズムインストラクター試験・検定の年間試験回数

エスコーターコース、インストラクターコース、コーディネーターコースそれぞれ地方開講があったりするので年間の試験回数というのは変わってきます。運営側が決めている育成スクールもあってそれは3つのコースそれぞれで一年に1回なので合計3回ということになります。

グリーン・ツーリズムインストラクターの試験科目等の内容

エスコーターコースは地域案内人の役割や地域案内手法、話し方、安全対策など、インストラクターコースは体験指導者の役割、体験指導方法、話し方、安全対策など、コーディネーターコースは企画書作成、危機管理、リスクマネージメント、保険の種類などが試験に出題されると思います。

グリーン・ツーリズムインストラクター資格の難易度

難易度はエスコーターコースは低め、インストラクターコースは普通、コーディネーターコースは高めとなっています。ですが、育成スクールに行って講義を真面目に聞いていればコーディネーターコースでも難しくはないでしょう。

グリーン・ツーリズムインストラクター資格の合格率について

具体的な合格率は分かりませんが、徳島県で行われた育成スクールでは10名受験したのですが、10名全員受かったそうです。

グリーン・ツーリズムインストラクター試験の合格発表

合格発表のことについてはよく分かりませんが、恐らくですが認定試験の後間もないうちに合格発表が行われると思います。どうしても不安な人は、答えてくれるかどうかは分かりませんが都市農山漁村交流活性化機構に電話で聞いてみると良いと思います。

sponsored link

グリーン・ツーリズムインストラクター資格取得後の傾向

グリーン・ツーリズムインストラクターの職業例

3つのコースどれを受講してもグリーン・ツーリズムインストラクターとして働く人が多いです。ですがそれぞれのコースによって資格取得後の役職が少し違って、エスコーターコースで資格を取得すると地域案内人、インストラクターコースで資格を取得すると体験指導者、コーディネーターコースで資格を取得すると企画書や体験プログラムを作成したりする役職に就きます。

グリーン・ツーリズムインストラクターに向いている人

農山漁村の自然や文化に興味のある人や知識のある人、学習したい人、いろんな人と交流を深めるのが好きな人、プログラムを作成することが得意な人やそのような能力を身に付けたい人は向いていると思います。

グリーン・ツーリズムインストラクターと同じ分野の他の資格

レクリエーション・コーディネーター、森林インストラクター、キャンプ・インストラクター、福祉レクリエーション・ワーカーなどがあります。

グリーン・ツーリズムインストラクターの給料相場

給料は良く分かりませんが、育成スクールを卒業した人のほとんどがこの仕事だけでやっていけてるので少なくはないと思います。どうしても知りたいという人はと都市農山漁村交流活性化機構の人に聞くと良いと思います。

グリーン・ツーリズムインストラクターの現状

最近は、グリーン・ツーリズムに関心が高まっておりエスコーターコース、インストラクターコースに至ってはエスコーターコースは今まで35回の育成スクールが開講されて747人、インストラクターコースは今まで82回開講されて2111人もの人が受講しています。これは1回の開催で20人を超える人が参加している計算になり、人数制限が大体20〜30人なので、どれほど人気になっているかがうかがえます。

グリーン・ツーリズムインストラクターの将来性

様々の年層の人達がこの資格に興味を持って育成スクールを受講しており、その数は年々増え続けているのでこの資格がなくなることはないと思います。ただあまりにも卒業生が増えすぎると職に就けない人が出てくると思うので早めに受講しておいた方が良いと思います。特に若い人はまだまだこれからが長いので早めに受けておいた方が良いと思います。

グリーン・ツーリズムインストラクターの独立について

グリーン・ツーリズムインストラクターとして独立するには育成スクールを卒業するのはもちろん、卒業後の就職先で何年間か働いてより高い知識、技術を身につけておく必要があります。なので住んでいるところによっては卒業後に遠くに引っ越して経験を積む必要があります。

こんな著名人の方もグリーン・ツーリズムインストラクター資格を持ってます。

グリーン・ツーリズム界で有名な人なら中村文彦さんという人がいます。この方はグリーン・ツーリズムインストラクター育成スクールの講師を務めてらっしゃり、旅行業の免許も持ってらっしゃいます。

コメントを残す

*

*