造園施工管理技士資格取得の難易度は?試験情報・報酬相場を徹底分析

アバター

by 資格広場編集部

更新日:2019-05-06

公開日:2018-05-21

造園施工管理技士は、造園の計画から完成までのすべてを行う現場監督です。一昔前はとても簡単な資格でしたが、現在の難易度はわりと高めです。造園に関する計画から完成までに実際に携わっていき、基礎知識を補っていけば取れないことはない資格です。

       

造園施工管理技士は幅広い年齢層の男女が目指せる、造園工事の現場監督資格です。
造園施工管理技士資格取得者は他にも造園施工管理技士と呼ばれております。
造園施工管理技士の資格は「国家資格」です。

メディパートナーバナー 資料を比較して取得を目指す

資格広場は、造園施工管理技士になるには?造園施工管理技士なるためには?造園施工管理技士になりたいを応援しております。

造園施工管理技士に必要な知識・受験資格

造園施工管理技士は、造園の施工の計画から完成するまですべての工程についての監督する必要がありますので、工程管理や安全管理・品質管理と幅広い知識が必要です。また、そのうえで法的順守が求められますので、法規の知識も必要と思われます。

造園施工管理技士の資格は「一般財団法人 全国建設研修センター」が運営管理を行っております。

一般財団法人 全国建設研修センターとは:
全国建設研修センターは、国づくりに携わる人材を育成することで国土の整備に寄与することを目的にできた団体です。主に建設技術者の講習や試験・建設技術者養成のための教育・技能検定等を実施している団体です。

造園施工管理技士

造園施工管理技士の仕事内容

造園施工管理技士は、造園工事の着手から完成までの施工順序をしるした施工計画を作成し、それが順調にすすんでいるかどうか、安全にできているかを確認するために置かれた専門家をいいます。造園施工管理技士には、1級と2級があり、1級造園施工管理技士は主に指導監督として仕事を行い、2級造園施工管理技士は、主に専門性の高い技術者として仕事を行います。

造園施工管理技士資格の勉強法

1級・2級ともに、受験資格として学歴や職歴によって実務経験の期間が必要となってくるため、まずは、自分にどの程度の実務経験が必要かを確認し、実際に造園施工をしながら経験を積んでいく必要があります。実務の中で学ぶのももちろんですが、加えて基本書の購入をお勧めします。また、学科試験は過去問より傾向等がわかると思いますので、過去問を解きながら、不明な点は基本書で知識を増やしていくことをおすすめします。

造園施工管理技士の専門学校・通信講座

専門学校や通信講座は【専門学校案内所】からジャンルや都道府県別に簡単に調べられます。

造園施工管理技士の試験料・試験内容・難易度・合格発表について

造園施工管理技士の資格試験料

申込書の費用が各600円 1級造園施工管理技士の学科試験が10400円・実地試験が10400円 2級造園施工管理技士の学科試験が5200円・実地試験が5200円となっております。

造園施工管理技士試験・検定の年間試験回数

造園施工管理技士の試験は、1級が年1回で9月に学科試験・11月に実地試験となっております。2級に関しては、平成29年度までは年1回であったが、今年度より年2回にただし、学科試験が6月と11月に実施、実地試験は、11月に実施されているため、実地試験については、年1回となっています。

造園施工管理技士試験科目等の内容

造園施工管理技士は、1級・2級ともに学科試験は、土木工学等・施工管理法や法規に対する問題が出題され択一式のマークシート方式で出題されます。実地試験は、施工管理法に関する出題がされ、すべて記述式で出題されます。

造園施工管理技士資格の難易度

一昔前は非常に簡単なで資格でしたが、その後、施工管理技士の中で最難関になりました。徐々には合格率もあがってきているものの、しっかりと対策・勉強しなければとれない資格となってきております。

先ずは無料で資料請求

造園施工管理技士資格の合格率

1級の学科試験の合格率は50%程度・2級の学科試験の合格率は60%程度 実地試験は両方とも35%前後となっております。学科試験の合格率と実地試験の合格率をかけた推定合格率が1級で18%前後、2級で21%前後となっております。

造園施工管理技士試験の合格発表

2級の学科試験の合格発表が7月ごろ・1月ごろ 1級の学科試験の合格発表は、10月ごろ 1級・2級の実地試験の合格発表は3月ごろとなっています。

造園施工管理技士

造園施工管理技士資格取得後の就職先・年収・報酬相場

造園施工管理技士所持者の職業例

庭師や造園施工管理技士1級をもっていれば「管理技術者」や「主任技術者」に2級をもっていれば「主任技術者」になれます。

造園施工管理技士に向いている人

造園施工管理技士は、造園の施工計画の作成から現場監督まで多岐にわたる仕事があります。計画の段階では、いろいろな人たちと話し合いながら、コストやスケージュールがニーズに合った計画を立てていかなければなりません。そのためには、コミュニケーション能力がある人・マネジメントがきちんとできる人がむいています。また、現場監督としては、日々いろいろとトラブル等もありますので、冷静で正確な判断ができる人が向いています。

造園施工管理技士と同じ分野の他の資格

造園技能士

造園施工管理技士の年収・給料相場

造園施工管理技士としての賃金にかんしては、就職した会社の賃金によりますが、同じ造園業の会社に就職するとしても造園施工管理技士の資格を持っていると、資格手当を支給する会社が多くあります。

造園施工管理技士の現状

造園業は、土木・建築業におされ気味傾向にあり、仕事自体を奪われているのが現状です。大規模な仕事を受注する際に造園施工管理技士は必要となります。また、造園施工管理技士の資格が公共工事の入札でも有利に働くため、就職には強い資格となっています。

造園施工管理技士の将来性

前記述のとおり、仕事自体は奪われており、少なくなっていく傾向にあるため、ですが、造園のアフターフォロー(維持管理など)もあり、施工管理の仕事しては減っていきますが、造園としての仕事はあります。また、造園と聞くと和風な造園を考えるかもしれませんが、将来を考えると洋風造園も考えていくと、幅は広がります。

造園施工管理技士の独立について

造園施工管理技士もその技術等を生かして、庭師としてやガーデナー等として独立することは可能です。独立前の仕事での人脈づくりやホームページやSNSを通じて自身の仕事が伝わるような営業も必要となります。その営業力で得た仕事を丁寧にひとつづつ地道に仕事をこなしていき、ある程度経営が波に乗らせることが出来れば、造園施工管理技士の資格を生かし、大きな仕事することも可能です。

造園施工管理技士資格を所有している主な著名人

該当なし

先ずは無料で資料請求

コメントを残す

*

*