フラワー装飾技能士資格取得の難易度は?試験情報・報酬相場を徹底分析

アバター

by 資格広場編集部

更新日:2019-06-22

公開日:2018-05-21

フラワー装飾技能士は、生花を使用し、空間を装飾する仕事の唯一の国家資格です。実務経験が必要な資格ですので、実際にフラワー装飾技能に携わっている人のための資格となります。難易度はそこまで高くはありません。独立も可能です。

       

フラワー装飾技能士は幅広い年齢層の男女が目指せる、フラワーデザインに関する唯一の資格です。
フラワー装飾技能士資格取得者は他にもフラワーデザイナーと呼ばれております。
フラワー装飾技能士の資格は「国家資格」です。

資格広場は、フラワー装飾技能士になるには?フラワー装飾技能士なるためには?フラワー装飾技能士になりたいを応援しております。

フラワー装飾技能士に必要な知識・受験資格

メディパートナーバナー 無料で比較して資料請求

フラワー装飾の歴史・活用方法・用語・デザイン・造形法や作業法や材料・植物一般・安全衛生などから幅広い知識が必要となります。

フラワー装飾技能士の資格は「各都道府県職業能力開発協会」が運営管理を行っております。

各都道府県職業能力開発協会とは:
都道府県職業能力開発協会は、中央職業能力開発協会と密接な連携の中で職業能力の開発を推進するため、技能検定や技能競技大会などを実施している団体です。

フラワー装飾技能士の仕事内容

フラワー装飾技能士

フラワー装飾技能士とは、主に生花を使用し、ブライダルブーケの製作や冠婚葬祭にかかわる空間の装飾花などを製作する唯一の国家資格です。

フラワー装飾技能士資格の勉強法

フラワー装飾技能士は、1級から3級までに分かれておりますが、基本的には、実務経験者が取得する資格となっております。また、受験資格として学歴や職歴によって実務経験の期間が必要となってくるため、まずは、自分にどの程度の実務経験が必要かを確認し、実際に花に触れ合う仕事(生花店など)で修行を積むことが大事。1級をめざすのであれば、長期間にわたった実務経験が必要となってくるため、勉強をする時間はたくさんあると思われる。また、実務経験を積んでいく中では得られない独特の手法やスピード等もあるため、一度、職業訓練校や専門学校で学ぶのも一つの手であると思います。

フラワー装飾技能士の専門学校・通信講座

メディパートナーバナー 無料で比較して資料請求

フラワー装飾技能士の試験料・試験内容・難易度・合格発表について

フラワー装飾技能士の資格試験料

他の技能試験と同様で学科試験料が3100円・実技試験料が17900円となっています。

フラワー装飾技能士試験・検定の年間試験回数

フラワー装飾技能士は、他の前期の技能検定と同様に年1回4月の初旬に受付を行い、6月~9月に試験は実施されます。

フラワー装飾技能士試験科目等の内容

フラワー装飾技能士1級・2級については、学科試験は、真偽を問う問題と択一の問題となっており、3級に関しては、真偽を問う問題のみとなっております。学科試験の内容としては、フラワー装飾一般として、歴史・活用方法・用語・デザイン・造形に関する基礎理論等が出題され、フラワー装飾作業法として、基礎技法・ブライダルブーケ・コサージおよび花束の製作方法・アレンジメントの製作方法・空間および平面の装飾並びにディスプレイ方法・その他装飾品の製作方法が出題され、材料・植物一般・安全衛生などから出題されます。また、実技試験は、フラワー装飾技術を出せるような出題となっております。

フラワー装飾技能士資格の難易度

フラワー装飾技能士の資格取得の学科試験よりも実技試験の難易度が高いです。実務経験を持っていても練習していなければ厳しいレベルで、練習するにも使用するものが生花だけに花代などでかなり費用がかかります。それを乗り越えてしっかりと練習すれば、難易度としてはそこまで高くないと考えられます。

フラワー装飾技能士資格の合格率

フラワー装飾技能士2・3級は7割から8割とわりと合格率が高く、フラワー装飾技能士1級でも5割程度あります。基本的に経験をしっかり積んで試験に臨めばフラワー装飾技能士2・3級は問題なし。フラワー装飾技能士1級については、しっかりと対策が必要。また、他の技能検定と同じで学科試験・実技試験どちらかが不合格でも次回以降、どちらかを受け、合格すれば技能士となれるので、あきらめないことも大切です。

フラワー装飾技能士試験の合格発表

都道府県によっても違いますが、他の前期の技能試験と同様に8月下旬から9月下旬に学科試験・実技試験・科目合格者に合格通知が届きます。

フラワー装飾技能士資格取得後の就職先・年収・報酬相場

フラワー装飾技能士

フラワー装飾技能士所持者の職業例

フラワーショップの店員やフラワーデザイナー

フラワー装飾技能士に向いている人

フラワー装飾技能士に向いているのは、花が好きな人と言えるでしょう。花はとてもデリケートでまめに手入れをしないといけないので、マメな人が向いています。また、相手がある職業ですので、相手の要望を聞き出すコミュニケーション能力がある人や次々とデザインを生み出していく向上心があることも必要です。

フラワー装飾技能士と同じ分野の他の資格

フラワーデザイナー検定

フラワー装飾技能士の年収・給料相場

フラワーショップの店員だと就職した会社にもよりますが、300万円前後です。また、ホテルや結婚式場などでも同じくらいです。大手のフラワーショップや結婚式場では、経験を積むことで昇給していきます。収入アップを求めるのであれば、独立して、フリーランスで教室をひらいたり、フラワーデザイナーとして有名になるとかなりの年収が期待できます。

フラワー装飾技能士の現状

花は冠婚葬祭などでも使用されており、また、母の日などでも花を贈るということが多々あり、そういった意味でフラワー装飾技能士としての仕事はわりとたくさんある状況です。

フラワー装飾技能士の将来性

前述にも記載のとおり、将来的に見ても冠婚葬祭など(特に結婚式では)での花は不必要ともならないでしょうし、ニーズはあると思います。ただ、イベント等が少なくなれば、需要も減少しますので、わりと景気には左右されやすい職種でないかと考えられます。

フラワー装飾技能士の独立について

フラワー装飾技能士として独立は可能です。独立前の仕事で人脈作りをし、SNS等で自分の作品等を公開することにより、実力が認知されるようなアピールが必要です。フラワーアレンジメントの教室をしたり、TVやイベント等での飾りをする有名なフラワーデザイナーになると、かなりの収入も得ることができます。ただ、独立をしてイベント等のデザイナーとして食べていけるのは少数で、ほとんどは、フラワーデザイナーとフラワー教室の講師と兼任しているとのことですので、独立は決して簡単なものではありません。

フラワー装飾技能士資格を所有している主な著名人

メディパートナーバナー 無料で比較して資料請求

該当なし

コメントを残す

*

*