フラワーデザイナー資格検定試験資格取得の難易度は?試験情報・報酬相場を徹底分析

アバター

by 資格広場編集部

更新日:2019-05-06

公開日:2018-05-24

フラワーデザイナー資格検定試験は50年以上の歴史があり、花の「植生」を先ず第一に考えた試験。花に親しみ、花を愛する人々にフラワーデザインを普及し、技術や知識の向上を目指しています。気軽に花束やブーケを作って楽しめる「フラワーアレンジメント」が広まったことでフラワーデザイナーの活躍の場がどんどん広がっています。

       

フラワーデザイナー資格検定試験は幅広い年齢層の女性が多いが目指せる、フラワーデザイナーの資格試験として最も広く認知されている資格です。
フラワーデザイナー資格検定試験資格取得者は他にも該当なしと呼ばれております。
フラワーデザイナー資格検定試験の資格は「民間資格」です。

資格広場は、フラワーデザイナー資格検定試験になるには?フラワーデザイナー資格検定試験なるためには?フラワーデザイナー資格検定試験になりたいを応援しております。

目次

フラワーデザイナー資格検定試験に必要な知識・受験資格

3級は植物をよく観察し、フラワーデザインの構成理論と植物特有の形体、形態、植生を考慮にいれ、造形のイメージから自然的、装飾的を考察して造形する力、?2級は植物の自然性を観察することから考えられたテーマで、形ではなく、構成を主とし、植物特有の植生、テクスチュアを考慮に入れ、感覚的なものを造形のなかに組み入れる力、?1級ではさまざまな構成法と個人の感性を生かし、植物素材の雰囲気、動き、色彩などをふまえて、幾何学形態から考えられたアレンジメントのなかに、植物素材のもつ特性を造形要素に組み入れる力が求められます。?

フラワーデザイナー資格検定試験の資格は「公益社団法人日本フラワーデザイナー協会」が運営管理を行っております。

公益社団法人日本フラワーデザイナー協会とは:
フラワーデザインの資格認定および登録を行うとともに、フラワーデザインの普及、広報を図り、日本の生活文化の向上に寄与することを目的として活動しています。

フラワーデザイナー資格検定試験

フラワーデザイナー資格検定試験の仕事内容

フラワーデザイナー資格検定試験は50年以上の歴史があり、花の「植生」を先ず第一に考えた試験です。花に親しみ、花を愛する人々にフラワーデザインを普及し、技術や知識の向上を目指しています。私たちの周りに自然に咲いている花をやさしく、テーブルの上で考え試験のテーマに取り入れています。花を使った装飾、造形物を作ることができ、またそれを企画、デザインする能力が必要です。

フラワーデザイナー資格検定試験資格の勉強法

まず前提として、NFD講師もしくはNFD公認校から受験日の2か月前までに受験に必要な履修単位を認定してもらう必要があります。筆記試験と実技があり、実技試験の方は、ある程度経験を積まないと上手にフラワーデザインすることができず、最初はテーマごとに自分で花をアレンジするのが難いので、経験が必要です。筆記試験に関しては発売しているテキストでしっかりと演習を行えば問題はないかと思われます。

フラワーデザイナー資格検定試験の専門学校・通信講座

専門学校や通信講座は【専門学校案内所】からジャンルや都道府県別に簡単に調べられます。

フラワーデザイナー資格検定試験の試験料・試験内容・難易度・合格発表について

フラワーデザイナー資格検定試験の資格試験料

1級〔学科〕2,000円 〔実技〕25,000円、2級〔学科〕2,000円 〔実技〕20,000円、3級〔学科〕2,000円 〔実技〕15,000円

フラワーデザイナー資格検定試験試験・検定の年間試験回数

札幌(10月)、仙台(11月)、東京(4月、5月、6月、7月、9月、10月、11月、2月、3月)、静岡(10月)、名古屋(6月、10月、2月)、金沢(11月)、大阪(4月(平成30年度で終了)、5月、6月、7月、10月、11月、2月、3月)、岡山(10月・隔年・奇数年度の実施)、広島(6月)、松山(6月・平成31年度で終了予定)、福岡(11月、3月)、大分(4月・平成31年度で終了予定)、鹿児島(10月・隔年・偶数年度の実施(平成三十年予定)と頻繁に行われています。

フラワーデザイナー資格検定試験試験科目等の内容

筆記試験と実技試験が行われ、学科が45分、実技はそれぞれにテーマが出題され、アレンジメント:50分、花束:60分、ブーケ:60分?の試験となっています。

フラワーデザイナー資格検定試験資格の難易度

試験自体の難易度は高くないです。しかし、NFD資格試験の受験には指定校に通うことが必要条件のため、そこで単位の取得が必要となります

フラワーデザイナー資格検定試験資格の合格率

合格率は、1級で80%程、2級と3級はほぼ100%合格できており、合格率は高いです。高い確率で合格できる理由は試験自体が簡単だからではなく、NFDの指定校などで一定数の授業を受講することが、受験資格として定められているからです。

フラワーデザイナー資格検定試験試験の合格発表

審査得点を記載した書面にて、試験実施後2 週間以内に受験者に発送されます。

フラワーデザイナー資格検定試験

フラワーデザイナー資格検定試験資格取得後の就職先・年収・報酬相場

フラワーデザイナー資格検定試験所持者の職業例

フラワーデザイナー、フラワーコーディネーター

フラワーデザイナー資格検定試験に向いている人

第1条件としてやはり花が好きだという気持ちがある人。また、花はとてもデリケートな生き物、ちょっとしたことで枯れてしまうし、元気をなくすことがあるため、花の様子をこまめに観察し、手入れをめんどくさがらずに出来るような几帳面な人。?さらに花に関する情報量は膨大なため、どうすれば綺麗に見せられるか、育てられるか、長持ちするか、などデザインと生態双方の知識が必要となり、勉強熱心な人に向いています。フラワーデザイナーは花に直接触れる以外にも市場に仕入れに行ったり、小道具を運搬したり雑務もたくさんこなしているので、こういった雑務には意外と体力も使うので体力は割と必要です。雑務もこなせたほうが良いです。

フラワーデザイナー資格検定試験と同じ分野の他の資格

フラワー装飾技能士、飾花インストラクター認定試験、ガーデンコーディネーター、菊花園芸士

フラワーデザイナー資格検定試験の年収・給料相場

給料は月給15万円から30万円ほどです。大手フラワーショップや結婚式場では、シニアデザイナーとなるなど、ポジションによる昇給もある。フリーランスのフラワーデザイナーとして働く人の年収には、大きな幅があり、フリーランスの場合、スクールの講師料やアレンジメントの製作費用が主な収入源。スクールの講師では、1時間当たり5,000円から10,000円程度の収入が目安となります。フラワーアレンジメント料は、ブライダルブーケ1点の製作費用として、15,000円から20,000円程度が相場。アレンジメントの製作のみでは収入が安定しにくいため、講師との2本立てで収入を得ている人が多いです。

フラワーデザイナー資格検定試験の現状

気軽に花束やブーケを作って楽しめる「フラワーアレンジメント」が広まったことで、さらに自由に花を楽しむ人が増えてきており、時代の変化から、季節ごとに自宅に花を飾ったり、遠方の人にギフトとして贈ったり、結婚式や誕生日などのイベント時の花束を長期保存して残したりする機会が増えていて、フラワーデザイナーの活躍の場がどんどん広がっています。

フラワーデザイナー資格検定試験の将来性

世間の花束やブーケへのニーズが高まるなか、圧倒的にインターネット通販が売り上げを伸ばしています。今後はこうしたインターネットでの販路拡大を狙うのも効果的です。「花の組み合わせのセンスが良い」「価格が良心的」「丁寧に応対してくれる」などの強みがあれば、店舗の周辺の住民だけでなく全国に自分の花束のファンを広げていくことも可能なので、上手に利用することで大幅な売り上げアップにつなげていける可能性があります。

フラワーデザイナー資格検定試験の独立について

安定は難しいですがフリーランスで仕事をする人やフラワーアレンジメント教室を開業している人も多いです。

フラワーデザイナー資格検定試験資格を所有している主な著名人

該当なし

コメントを残す

*

*