地図製図専門技術認定試験資格取得の難易度は?試験情報・報酬相場を徹底分析

アバター

by 資格広場編集部

更新日:2019-05-01

公開日:2018-05-30

地図製図専門技術認定試験は日本測量協会が運営していたものですが、現在は地理空間情報専門技術者試験と名称が変更されて、この資格に対応する試験はありません。製図の基礎知識と、製図や注記という地図を作るにあたっての基本的な技術が要求されました。


地図製図専門技術認定試験は幅広い年齢層(ただし実務経験などの要件があります。)の男女が目指せる、現在では地図製図専門技術認定は行われていません。資格です。
地図製図専門技術認定試験資格取得者は他にも該当なしと呼ばれております。
地図製図専門技術認定試験の資格は「民間資格」です。


資格広場は、地図製図専門技術認定試験になるには?地図製図専門技術認定試験なるためには?地図製図専門技術認定試験になりたいを応援しております。

地図製図専門技術認定試験になるために必要な知識・受験資格

地図の製図などに関する知識、測量地図の製図に必要な専門技術が絶対に必要不可欠です。学科、実地の両方の試験に対応するためにバランスよく、これらの技量を習得することが必要です。

地図製図専門技術認定試験の資格は「公益社団法人日本測量協会」が運営管理を行っております。

公益社団法人日本測量協会とは:
昭和24年の測量法の制定と、測量士・測量士補の国家資格の創設を契機に、昭和26年に官・学・産各界の有志により測量技術者の会員団体として設立し、平成25年に内閣府に認定された公益社団法人です。

地図製図専門技術認定試験

地図製図専門技術認定試験ってどんな仕事?(仕事内容など)

地図製図専門技術認定試験とは、地図の製図などに関する知識などを有するかどうかを試すための資格試験です。測量地図の製図に必要な専門技術をどの程度習得しているのかを認定する試験で、国および地方公共団体発注の地図製図の製作には必携の資格とされていました。ただし、現在は実施されておらず、地理空間情報専門技術認定制度に変更されています。

地図製図専門技術認定試験資格取得の為の勉強法

この資格に挑戦するには、測量士・測量士補の資格所有や、所定の実務経験など、受験資格が設定されているので、まずは勉強してこれらの資格を取得することが大前提です。試験には学科と実技があり、実技では実際に平面製図や曲製図などの製作をしますので、実務的な経験も必要です。知識の習得だけでなく、こういった技術の習得も大切な勉強です。

地図製図専門技術認定試験の専門学校や通信講座について

専門学校や通信講座は【専門学校案内所】からジャンルや都道府県別に簡単に調べられます。

地図製図専門技術認定試験の試験料・試験内容・難易度・合格発表について

地図製図専門技術認定試験の資格試験料

2級は14,000円です。単科目受験の場合は、1科目3,500円です。1級は、学科が3,500円、実技が9,000円です。

地図製図専門技術認定試験試験・検定の年間試験回数

1年に1回、11月上旬に実施されていました。

地図製図専門技術認定試験試験科目等の内容

1級は、「地図製図理論及び地図複製理論」「実技(前面清絵、平面、曲線、注記すべてのトレース)」、2級では、「地図製図に関する基礎知識、理論」「実技(平面製図)、(曲線製図)、(写真植字)」が出題されます。

地図製図専門技術認定試験資格の難易度

1級、2級ともに難易度は高く、合格基準も高かったです。

地図製図専門技術認定試験資格の合格率

この資格は現在認定試験を実施していません。

地図製図専門技術認定試験試験の合格発表

この資格は現在認定試験を実施していません。

地図製図専門技術認定試験

地図製図専門技術認定試験資格取得後の就職先・年収・報酬相場

地図製図専門技術認定試験所持者の職業例

測量地図の製図に必要な専門技術をどの程度習得しているのかを認定する試験で、国および地方公共団体発注の地図製図の製作には必携の資格でした。建築や土木関係で測量に従事する者は、必ず取得することが求められていました。

地図製図専門技術認定試験に向いている人

地図に深い関心と興味を持ち、測量などの実地の作業もいとわず出来る人に向いているでしょう。細かい作業も必要となるため、ある程度の手先の器用さや根気強さも必要とされるでしょう。また高度なパソコンスキルを有している事も求められます。緻密な作業の連続になるので、忍耐力と集中力に優れた人、細かな所までおろそかにせず、キッチリと仕事を進めて行ける人材に適正があります。

地図製図専門技術認定試験と同じ分野の他の資格

測量士など

地図製図専門技術認定試験の年収・給料相場

測量士の平均年収は454万円となっています。サラリーマンの平均年収とほとんど差異はありません。

地図製図専門技術認定試験の現状

平成19年5月に公布された「地理空間情報活用推進基本法案」の基本理念に基づき、従来の測量専門技術に加え地理空間情報分野に関する高度な専門知識と豊富な知見、地理空間情報の基盤を確立するための設計・構築に関する基本的な能力を有する技術者を社会的に認定するため、地理空間情報専門技術講習が創設されました。阪神・淡路大震災の際に地理的位置とそのデータ、分かりやすく言うと、平面と立体の地図のデータを正確に残すことの重要性が叫ばれて以来、その重要性は、ますます高まっています。

地図製図専門技術認定試験の将来性

公共性の高い仕事ですので今後も需要のある仕事です。技術進歩により測量の現場も変わってきていますが、この地理空間情報専門技術認定もGISの活用など時代に則したものといえるでしょう。測量士としての技術水準をはかることができる資格であり、受注機関からも高い評価を得ることができる資格です。そのため測量士だけの資格よりは、合わせて取得することで将来性が高くなるでしょう。

地図製図専門技術認定試験の独立について

測量士として独立を考えているのならば、実務経験を経て地理空間情報専門技術を取得しておくことは非常有益です。いずれは空間情報総括監理技術者としての資格を取得することによって、公共工事の受注も増加することでしょう。申請書類を作成することができる行政書士や土地家屋調査士などを一緒に取得しておけば、一連の流れの仕事を全て行うことが可能となり、独立に有利となるでしょう。

地図製図専門技術認定試験資格を所有している主な著名人

該当なし

コメントを残す

*

*