ガーデンデザイナーになるには?仕事内容・給料(収入)・必要なスキルなど

アバター

by 資格広場編集部

更新日:2018-09-06

公開日:2018-05-30

個人宅の庭だけでなく、公園や公共施設などの造園の設計を行うのがガーデンデザイナー。ガーデンデザイナーは、庭師のように実際に植物を植えたり、石を配置したりと実際の施工工事を行うのではなく、主に設計をするのが仕事です。


ガーデンデザイナーは幅広い年齢層の男女が目指せる、自然との関わりが深い仕事職業です。
ガーデンデザイナーの職業は他にもガーデンデザイナーと呼ばれております。
ガーデンデザイナーに「なるには」についてご紹介してまいります。

資格広場は、ガーデンデザイナーになるには?ガーデンデザイナーになるためには?ガーデンデザイナーになりたいを応援しております。

ガーデンデザイナー

ガーデンデザイナーってどんな仕事?(仕事内容など)

ガーデンデザイナーは、個人宅の庭や街の公園、庭園などを設計・デザインし、美しい景観造りを行う仕事です。勤務先は造園会社やハウスメーカーが中心となりますが、個人宅の庭造りを専門にしていたり、街づくりの一貫としての仕事を主に受注していたりと、会社によって扱う対象は異なることが多いです。

ガーデンデザイナーになる為の勉強法

庭造りのプロフェッショナルであるガーデンデザイナーになるためには、植物に関する知識や造園のテクニックを身につける必要があります。こうしたことを学ぶ場として、民間の専門学校や短大、大学の「園芸科」や「造園科」があります。学校によって履修期間は異なりますが、およそ2?4年間です。何百種類もの植物の特性や取扱い方を学んだり、実際に育てたり庭の手入れをしたりしながら、プロフェッショナルとして働くために必要なことを幅広く習得していきます。ガーデンデザイナーという職業は学歴不問で就くことができるので、このような専門学校や大学で勉強をすることが必ずしも必要とは限りません。

ガーデンデザイナーになるための専門学校や通信講座について

準備中です。


ガーデンデザイナーの学歴・勤務時間・スキル・やりがい・苦労ついて

ガーデンデザイナーの学歴

現在調査中

ガーデンデザイナーの勤務時間

現在調査中

ガーデンデザイナーに必要なスキルや機材

現在調査中

ガーデンデザイナーのやりがい

現在調査中

ガーデンデザイナー苦労、大変なこと

現在調査中

ガーデンデザイナー

ガーデンデザイナーの年収・将来性・独立について

ガーデンデザイナーに向いている人

庭を設計するガーデンデザイナーは、建築士と同じような役割を担っています。庭の中に噴水や池を作るのかどうか、テーブルやベンチを設けるのかどうか。どのような植物を配置するのか。自分の中でイメージを固め、図面に起こしていくのが仕事です。実際にミニチュアの模型を作って、より具体的に完成図を確認することもあります。この作業には、美的なセンスが欠かせません。もともとデザインを考えるのが好きだったり、イラストやスケッチを描くのが得意だったりする人は、そのスキルを存分に発揮することができるでしょう。

ガーデンデザイナーと同じ分野の他の職業

グリーンアドバイザー、園芸装飾技能士、造園技能士、造園施工管理技師、フラワーコーディネーター、グリーンコーディネーターなど。

ガーデンデザイナーの年収・給料相場

ガーデンデザイナーの就職先は、ホームセンターや造園会社などがメインです。企業に就職する場合、初任給は16?20万円と、一般よりもやや低めの設定です。就職先のほとんどが中小企業となるので、それほど給与は期待できません。年収は300万円?500万ほどがボリュームゾーンとなりますが、独立して高収入を得ている人もいます。ガーデンデザイナーという職業自体に、資格がなく肩書もバラバラなため、平均的な年収のデータは出ていません。

ガーデンデザイナーの現状

近年は地球の環境問題への関心が高まってきたこともあり、都市部においてもできるだけ自然と共生していけるライフスタイルが追求されるようになってきました。たとえば、オフィスビルの窓の外を覆うように植物を植える、いわゆる「緑のカーテン」は近年一気に普及したものですし、大型の商業施設やマンションなどの屋上に小さな庭を作る「屋上緑化」「屋上庭園」も珍しくなくなりました。街路樹や花壇のある道路も増えてきています。植物の存在は、気温の上昇を防いでくれたり景観を良くしてくれたりする効果があり、さらには人々の心に癒しを与えてくれます。ささやかな緑でも、大きな役割を果たしているのです。

ガーデンデザイナーの将来性

個人の住宅の庭造りに関しては今後も一定の需要があることが見込めますが、どんどん増えていくとは考えにくいでしょう。その大きな理由は、戸建住宅を建てる人が減っていることです。とくに都会ではタワーマンションのような大型マンションで暮らす人が増えているため、ベランダの家庭菜園くらいしか自分の庭を持てないという人も多いのです。このように、将来的には、個人住宅の案件に関しては少ない顧客を奪い合うことになるため、お客さんを満足させる高いデザインセンスに加えて営業能力なども必要になるでしょう。

ガーデンデザイナーの独立について

ガーデンデザイナーとして高収入を望むのであれば、やはり独立するのが一番良いでしょう。ガーデンデザインの仕事の報酬は自由に設定することができるので、実力がつき有名なデザイナーになれば、年収1000万円を超えることも夢ではないのです。独立・開業するにあたっては、特別な学歴や免許、資格等は必要ありません。花屋のように商品を陳列するわけではないので、店舗がなくても自分のオフィスさえあれば開業することができます。

ガーデンデザイナーの主な著名人

現在調査中

コメントを残す

*

*