2019年公認会計士試験の日程・試験日最新情報

masman

by matsuo

更新日:2019-04-27

公開日:2019-03-20

公認会計士

公認会計士資格の取得には、短答式試験を合格した上で、論文式試験も合格しなければなりません。2019年公認会計士試験は第Ⅰ回短答式試験は既に終了していますので、第Ⅱ回短答式試験以降の試験日や日程についての最新情報をここでご紹介します。


公認会計士試験は、金融庁の公認会計士・監査審査会が実施しています。

公認会計士試験には短答式試験と論文式試験があり、短答式試験には第Ⅰ回と第Ⅱ回があります(どちらかで合格すれば論文式試験に進むことが出来ます)。

ここでは、2019年度公認会計士試験の試験日、申し込み・合格発表の日程についての最新情報をご紹介します。

公認会計士の試験日・日程

公認会計士

2019年の試験日日程

区分 試験日 備考
第Ⅰ回短答式 2018年12月9日 ※終了
第Ⅱ回短答式 2019年5月26日
論文式 2019年8月23日~8月25日

出典:公認会計士・監査審査会ホームページ

公認会計士の申し込み日

2019年に行われる試験日の申し込み日程

対象試験日 申込日 備考
第Ⅱ回短答式試験 2月上旬
~
3月上旬
インターネット出願
第Ⅱ回短答式試験 2月上旬
~
2月下旬
書面出願

公認会計士の合格発表日

公認会計士

第Ⅱ回短答式試験:6月下旬
論文式試験:11月中旬

関連リンク

資格広場では、以下のように公認会計士関連の記事を紹介しています。
ぜひ参考にしてください。

公認会計士になるには?仕事内容・報酬相場を徹底分析
公認会計士は企業の監査業務、会計業務、コンサルティング業務、税務業務を行うお仕事です。監査業務は会社とは独立した第三者である公認会計士が必要となるため、公認会計士は重宝されます。公認会計士はいわば会計と監査の専門家で、超難関な三大国家資格として知...
米国公認会計士(CPA)資格取得の難易度は?試験情報・報酬相場を徹...
アメリカの会計士の資格で、試験は英語、試験地もアメリカになります。日本でも手続きをすれば受験可能です。日本の会計士よりは年間の受験回数が多く、内容も基本的なものが多いそうですが英語の能力が問われるので難易度は高いといわれます。資格取得後は転職やキ...

コメントを残す

*

*