パソコン財務会計主任者試験資格取得の難易度は?試験情報・年収・給料・報酬相場を分析

アバター

by 資格広場編集部

更新日:2019-05-06

公開日:2018-04-04

会計ソフト実務能力試験は、一般社団法人コンピュータソフトウェア協会が主催していたものですが、平成27年度の試験を最後に現在は廃止されています。IT化が急激に進む社会の中で、企業や組織にとって重要な役割を担ってきただけに残念でなりません。


パソコン財務会計主任者試験は幅広い年齢層の男女が目指せる、経理担当者のスキルアップに役立つ資格です。
パソコン財務会計主任者試験資格取得者は他にも情報処理技術者、経理担当者と呼ばれております。
パソコン財務会計主任者試験の資格は「民間資格」です。


資格広場は、パソコン財務会計主任者試験になるには?パソコン財務会計主任者試験なるためには?パソコン財務会計主任者試験になりたいを応援しております。

パソコン財務会計主任者試験になるために必要な知識・受験資格

(現在この能力試験は廃止されています)2級は筆記試験のみで実技がありませんので、実際に会計ソフトを使ったことが無くても合格はできるでしょう。財務会計や簿記に関する基礎知識や企業運営や理念、時事問題などの知識が必要です。1級は、より実践に則した実技試験のみが行われますので、パソコン操作に通じているのはもちろんのこと、財務や税務に関する専門知識や処理能力も問われます。

パソコン財務会計主任者試験の資格は「一般社団法人コンピュータソフトウェア協会」が運営管理を行っております。

一般社団法人コンピュータソフトウェア協会とは:
一般社団法人コンピュータソフトウェア協会は、会計ソフト実務能力試験(旧名称:パソコン財務会計主任者試験)を実施する経済産業省所管の団体で、1982年に任意団体として発足し、2012年4月に一般社団法人に移行しましたが、平成27年度の試験を持ってこの制度の廃止を発表しました。これまで認定された資格は試験終了後も継続されていますが、企業にとって大変貢献してくれていた資格だけに、廃止が残念でなりません。

パソコン財務会計主任者試験

パソコン財務会計主任者試験ってどんな仕事?(仕事内容など)

(現在この能力試験は廃止されています)今やパソコンを使わないシーンはないほどに私たちの生活に浸透しており、若い世代はもちろんのこと、年配の方も周りの人に教えてもらったり教室に通ったりと、パソコンを使えることで生活が便利になる部分も多いと思われます。企業においても、様々な業務においてパソコンが導入され、合理的かつ統括的な遂行の為に普及していると言えます。その中でも特に経理部門において、専用のパソコンソフト等を用いて会社全体の財務会計の処理を担うのが、パソコン財務会計主任者です。

パソコン財務会計主任者試験資格取得の為の勉強法

(現在この能力試験は廃止されています)2級に関しては、財務会計の基礎知識や時事に関する筆記問題のみが出されますので、会計ソフトを使ったことが無くても、そのしくみや構成を理解しておけば大丈夫でしょう。一般社団法人コンピュータソフトウェア協会が出している公式テキストを読み、しっかりと頭に入れておけば合格できるでしょう。1級は全て実技試験になりますので、会計ソフトを用い自分で解答を導き出さなければなりません。専門の教室に通ってソフトの使い方や試験のノウハウを学ぶのも有効ですし、自分で会計ソフトを買い参考書や過去問題集などを見ながら使い方を覚えるのもよいでしょう。ただ実技試験はとにかく時間との戦いなので、ソフトに慣れ時間配分を鍛えておくのも重要です。

パソコン財務会計主任者試験の専門学校や通信講座について

準備中です。

パソコン財務会計主任者試験の試験料・試験内容・難易度・合格発表について

パソコン財務会計主任者試験の資格試験料

(現在この能力試験は廃止されています)1級は、受験者本人がパソコンとソフトを持参する場合の受験料はは9,000円、試験会場にあるパソコンとソフトを借りて受験する場合は12,000円となっています。2級は筆記試験のみですので一律5,000円です。

パソコン財務会計主任者試験試験・検定の年間試験回数

(現在この能力試験は廃止されています)試験は年に2回、9月下旬と2月下旬に、全国各地で行われています。

パソコン財務会計主任者試験試験科目等の内容

(現在この能力試験は廃止されています)会計ソフト実務能力試験には1級と2級とがあります。2級は受験資格は無く、誰でも受けることができます。マークシート方式60分の筆記試験で、パソコンシステムの知識やコンピュータの基本構成、ソフトやネットワークの基礎知識に加え、企業実務の知識や簿記、企業会計や税金の知識、さらには時事問題など、幅広い問題が出されます。一方1級の受験資格は、2級に合格しているかもしくは2級以上の簿記検定資格を持っている人になります(平成25年度試験より2級試験が廃止となったので、受験資格は無くなりました)。こちらは90分の実技試験で、財務会計ソフト操作や会社データ作成、導入・日常・月次・決算・年度更新処理やその分析など、より実践に則した問題が出されます。

パソコン財務会計主任者試験資格の難易度

(現在この能力試験は廃止されています)1級・2級ともに7割近くの人が合格していますので、しっかりと準備をしておけば比較的容易に取得することができるでしょう。

パソコン財務会計主任者試験資格の合格率

(現在この能力試験は廃止されています)平成24年度の合格率は、1級で64.3%、2級で83.0%となっています。

パソコン財務会計主任者試験試験の合格発表

(現在この能力試験は廃止されています)1級・2級ともに、年に2回行われる能力試験の約1ヶ月後に、主催する一般社団法人コンピュータソフトウェア協会のホームページにて合格者が発表されます。その後合否判定通知書が郵送されます。

パソコン財務会計主任者試験

パソコン財務会計主任者試験資格取得後の就職先・年収・報酬相場

パソコン財務会計主任者試験所持者の職業例

会計事務所、税理士事務所、一般企業の経理課、教育機関の経理部門

パソコン財務会計主任者試験に向いている人

(現在この能力試験は廃止されています)膨大な量のデータを間違えることなく正確かつ迅速に処理していかなければなりませんので、数字やパソコンに強い人、集中力のある人、また経理の重要性を認識した上で他部門の人と無理なくコミュニケーションの取れる人が向いているといえるでしょう。

パソコン財務会計主任者試験と同じ分野の他の資格

日商簿記、電子会計

パソコン財務会計主任者試験の年収・給料相場

(現在この能力試験は廃止されています)正社員として働いた場合、平均として月給で20~25万円程度、年収に換算すると300~400万円ほどになります。

パソコン財務会計主任者試験の現状

(現在この能力試験は廃止されています)最近では、企業内での財務経理部門でも、簿記会計に加えてパソコンでの財務会計知識が重要視されています。ビジネスのIT化により誕生した新時代のビジネスニーズをサポートする資格として、会計ソフト実務能力試験は重要な役割を担っているといえます。

パソコン財務会計主任者試験の将来性

(現在この能力試験は廃止されています)今やどのような企業や組織でも、財務・経理部門のスペシャリストは必須の人材とされています。その中でも、専用のパソコンソフトを用いて、企業や組織の重要部門である経理において専門的な技術を発揮するこの資格は、就職・転職においても有効に活用できるといえるでしょう。

パソコン財務会計主任者試験の独立について

(現在この能力試験は廃止されています)経理知識とパソコンへの入力作業に関する能力が重宝され、企業の経理事務や財務会計に携わる事務職に大変有効です。中小企業診断士やアドバイザーなどの資格も併せて取得すれば、コンサルタント業務等、独立して仕事の幅を広げることもできるでしょう。

パソコン財務会計主任者試験資格を所有している主な著名人

該当なし

コメントを残す

*

*