今注目の資格「野菜スペシャリスト」とは?合格率・仕事内容まとめ

masman

by ichikawa

更新日:2018.09.06

公開日:2018.09.03

サラダ

今注目の資格「野菜スペシャリスト」。野菜スペシャリストはどんな仕事をするのか?資格試験の合格率や難易度はどのくらいのなのか?独学で合格することは可能なのか?野菜ソムリエとの違いは?野菜スペシャリストの全容を明らかにします。


皆さんは野菜が好きですか?それ自体で栄養が豊富なだけでなく、食事に彩や季節感を持たせるという食材として重要な役割を持つ野菜。野菜スペシャリストはまさに、この野菜の専門家としての資格です。

では、野菜スペシャリストはどんな仕事をするのか。資格試験は難しいのか、合格率はどのくらいなのか。独学での合格は可能なのか。そもそも有名な野菜ソムリエとは何が違うのか。野菜スペシャリスト資格の全容を明らかにします!

健康ブームの昨今、野菜の専門家である野菜スペシャリスト資格を取ることは人生をより豊かにするチャンスです。ぜひ挑戦してみてはいかがでしょうか。

野菜スペシャリストとはどんなお仕事?

お料理

野菜スペシャリストは一般社団法人FLAネットワークが認定する民間資格です。したがって、あくまで「野菜スペシャリスト」は資格名であり、「野菜スペシャリスト」という職業が存在するわけではありません。

上記のように職業として存在するわけではありませんが、野菜スペシャリスト資格の取得を通じて得られるスキルは、自身の日常生活をより豊かにするだけでなく、「食」に関する仕事において大いに発揮される事でしょう。

野菜スペシャリスト資格を持つ人たちがどのようなところで活躍しているのかは、後段の「野菜スペシャリストの主な就職先は? 」で見ていきます。

野菜スペシャリストの資格とは?

野菜スペシャリスト資格は、この資格の取得を通じて、野菜や果物の食事への取り入れ方からこれらの食材を取り巻く社会環境に関する知識まで習得することができ、まさに野菜のスペシャリストになることができる資格です。

この資格の取得までの流れや、試験でどのような内容が出題されるのか確認していきましょう。

資格試験のしくみは?

野菜スペシャリスト資格は、ユーキャンの通信講座を通じて資格を取得する形になります。

まず、試験の構成ですが、マークシート方式で70%以上の正答で合格です。在宅でテキストを参照しながら解答をすることが可能な上、通信講座の受講期間中は何度でも試験を受けることができます。

講座自体は約5か月での終了を想定して作られています。
テキストを用いた座学で野菜に関する知識を習得し、副教材のレシピや野菜の図鑑、調理の仕方が収録されたDVDを利用しながら普段の料理で実践することにより、定着を図ります。
さらに全5回の添削課題を受けることでペースを崩さずに習得が図れます。野菜スペシャリスト資格取得にはこの添削課題の提出が必須になるので注意が必要です。

資格試験の内容は?

試験の問題は通信講座のテキストに準拠して出題されます。
そのため、テキストの主な収録内容である、「野菜と果物の栄養成分や健康効果、調理の仕方、保存方法、種類に選び方、生産・流通に関する知識など」が出題範囲になります。

出典:ユーキャンの野菜スペシャリスト講座|教材・テキスト

野菜スペシャリストの試験は独学でもOK?合格率は?

野菜スペシャリスト資格は、ユーキャンの通信講座の受講を通じてのみ取得可能なので、講座の受講により資格取得に必要な教材や添削などの環境が整うことになります。
つまり、必然的に独学により資格取得を目指すことにはなります。

ここでは、その上で独学のポイントや、合格率について考えてみました。

独学で野菜スペシャリストになるには?

講座の受講により資格取得に必要な環境が整うとはいえ、約5か月という期間勉強に集中するのはやはり大変でしょう。
ここでは、副教材を活かして普段の料理に工夫を加えるという実戦を通じて知識の定着を図ることや、添削課題の提出を学習の短期目標に据えるなどの工夫を通じてペースメイキングを図ることが重要になってきます。

資格試験の合格率は?

合格率は正式には発表されていませんが、マーク式でテキストを見ながらの回答が可能なうえ、何度でも試験を受けられることから、他の一般的な資格に比べて資格取得の難易度は低く、合格率も高いと言えるでしょう。

しかし、テキストを参照できるとはいえ、出題範囲も後半にわたるため、通信講座を通じてしっかりと対策を積むことが必要でしょう。

そして何より、野菜スペシャリスト資格は資格取得を通じて得た野菜に関する知識を日常生活や仕事に活かすことがその趣旨であるため、講座を通じてじっくりと学ぶことにこそ意味があるでしょう。

国家資格バナー

PR


野菜スペシャリストの主な就職先は?

冒頭でも述べたように野菜スペシャリスト資格取得を通じて野菜に関して専門的な知識を得た人たちは「食」に関わる様々な仕事でそのスキルを発揮する機会があります。

そして、「食」が健康や美と密接にかかわるとして注目を浴びている現代において、野菜の専門的な知識は、食品業界やスーパーなどの小売業界のみならず、美容・健康業界においても必要とされています。

もちろん、栄養士や飲食店で勤務している人たちにとっては、自身のスキルアップにもってこいの資格であると言えます。

かご一杯の野菜

野菜スペシャリストと野菜ソムリエの違いって?

野菜ソムリエという資格もここ最近よく耳にすると思われますが、野菜スペシャリストとの違いは「発行団体」です。

野菜ソムリエとは?

野菜ソムリエは一般社団法人日本野菜ソムリエ協会が発行しています。また、資格の取得も同協会が直接運営している講座の受講を通じて行います。

このように、野菜ソムリエもあくまで民間資格であり、野菜スペシャリストと同じく、「野菜ソムリエ」という職業があるわけではありません。

しかしながら、日本野菜ソムリエ協会は、野菜ソムリエをひとつの職業として確立させようと尽力しています。
その姿勢は野菜ソムリエの上級資格である野菜ソムリエプロ、野菜ソムリエ上級プロといった資格も用意し、知識の発信をこれらの資格者に要請しているところからうかがえます。

出典:野菜ソムリエとは -野菜の知識を深める資格の取得|日本野菜ソムリエ協会-


野菜スペシャリストの資格・仕事まとめ

野菜スペシャリストは、ユーキャンの講座との連携により、数ある野菜に関する資格の中でも最も手を付けやすい資格であると言えます。

「食」を通じて日常生活をより豊かにしたい、「食」に関する仕事で自身のスキルアップを図りたいという人にとって、とても有意義な資格です。ぜひ挑戦してみてはいかがでしょうか?皆さんの資格取得を応援しています。

コメントを残す

*

*