シェフになるには?仕事内容・給料(収入)・必要なスキルなど

アバター

by 資格広場編集部

更新日:2019-04-30

公開日:2018-09-26

シェフとは西洋料理店において厨房の全責任を負うトップの料理人のことを言います。


シェフは年齢制限はありませんの男女が目指せる、厨房の全責任を負うトップになる職業です。
シェフの職業は他にもシェフ・コックと呼ばれております。
シェフに「なるには」についてご紹介してまいります。

資格広場は、シェフになるには?シェフになるためには?シェフになりたいを応援しております。

メディパートナーバナー 資料を比較して取得を目指す

シェフってどんな仕事?(仕事内容など)

シェフ

シェフとは西洋料理店において厨房の全責任を負うトップの料理人のことです。調理だけではなく味付けやスタッフの教育や、料理の原価計算など、利益を意識しながらマネージメントも行います。食材の仕入れや選択、そして調達もシェフの腕の見せどころになります。現場の指揮者として利益の追求は最も重要な使命で、大規模なホテルやレストランになれば管理責任者としての職務のほうがメインになることもあります。

シェフになる為の勉強法

シェフになるための勉強法は、ひとつに料理師の専門学校や養成学校で基本的な知識と技術を習得し、実際の店に入る方法があります。またシェフになりたいと決めたら、学校等には通わず思い切って店へ飛び込みで働くのも有効的です。厨房の下積みから始まり、掃除や食材の手配に下ごしらえ、皿洗いや後片付けなどの周りのことから行います。仕事の流れを覚え、調理をする上で必要な段取りや整理整頓、衛生面の管理などを覚えるためにはとても有効的です、体力、忍耐力、技術を習得する姿勢、経験の積み重ねが大切な仕事なのです。

シェフになるための専門学校や通信講座について

先ずは無料で資料請求

シェフの学歴・勤務時間・スキル・やりがい・苦労ついて

シェフの学歴

現在調査中

シェフの勤務時間

現在調査中

シェフに必要なスキルや機材

現在調査中

シェフのやりがい

現在調査中

シェフ苦労、大変なこと

現在調査中

シェフ

シェフの年収・将来性・独立について

シェフに向いている人

シェフになるには第一に体力がなくては務まりません。早朝から深夜まで重い鍋やフライパンを扱いながら、厨房に立ち続けなければいけないからです。下積み時代や独立直後は、過酷な毎日が休みなく続きます。体調を壊していては仕事にならないので、体調管理も大切です。料理の世界は日進月歩のため、新しい情報を仕入れたり知識や技術を学び、自身の料理をブラッシュアップしていかなければなりません。料理への好奇心や情熱を持ち続け、常に進歩していくことが大切です。

先ずは無料で資料請求

シェフと同じ分野の他の職業

栄養士・パティシエ・調理師・ソムリエ・バーテンダー・バリスタ・フードコーディネーター・野菜ソムリエ・ショコラティエ

シェフの年収・給料相場

ホテル勤務や個人店舗、料亭勤務かなどでも違いが出てきますが、平均年収は360万円から700万円程度といわれています。ただし、長時間の労働に加えて、個人店以外での勤務では立ち位置が上がることで発生する後輩の指導や厨房の経営管理などと、労働との対価が見合わないと感じているシェフもいるようです。独立し、オーナー兼シェフで開業した場合は経営がうまく行けば年収1000万円以上を稼ぐことも可能になってきます。

シェフの現状

ディナーレストランやファミリーレストランなどの外食産業は、近年依然として良好です。少子高齢化による高齢者のための食生活のサポート、ファストフードからスローフードへの意識の変化や、食の偽装化における安全・安心など、ただ単純に飲食を提供するという時代は終わりつつあります。そんななかで、どのような食をどのように提供するかが大切なことになります。食材の品質を重視した料理や、おいしくてヘルシーな高齢者向けのメニューや、農家をレストラン形式にしたスローフードレストランなどといったように、時代の変化を敏感にとらえた料理や過ごしやすい店舗の展開が必要となります。

シェフの将来性

長時間立ちっぱなしで調理などを行い、調理器具などの重たいものを扱うシェフの仕事はとても重労働になります。最近では少しずつではありますが女性のシェフも増えてきて徐々に活躍の場を広げています。女性のシェフの場合、独身時代は自分自身を面倒みるだけでよいのですが、結婚して家庭を持つと独身時代のような働き方は現実的に困難になります。また、出産・子育てで期間が開いてしまうと腕が鈍る可能性もあるので、店側も採用しにくくなるのが現状です。

シェフの独立について

自分の店を開くということは、経験や技術があればやっていける、というわけではありません。料理の腕や接客サービスがどれだけ質がよくても、うまく経営しなければ潰れてしまいます。まずは店を出す場所が自分の業態が求められている場所か。そして料理にあった店の雰囲気や内装、外観がデザインされているか。また、提供するメニューが同業他店と差別化できるか、固定客を獲得するために他店と違う強みを見つけることが必要です。たとえば「○○○を食べるならあの店しかない」「このあたりで安くておいしくて雰囲気のいいお店っていったらあそこしかない」と、リピートしてもらえるようになれば、継続していける可能性は高まります。

シェフの主な著名人

川越達也・笠原将弘・茂出木浩司・周富徳・神田川俊郎

先ずは無料で資料請求

コメントを残す

*

*