菓子製造技能士資格取得の難易度は?試験情報・年収・給料・報酬相場を分析

アバター

by 資格広場編集部

更新日:2019-05-01

公開日:2018-03-13

菓子製造技能検定を受検するためには、一定の年数の実務経験が必要です。そのため、菓子製造業に就いてから受験するのが普通です。働いて経験を積み、一定の技能を取得してから、さらに高い技能を身につけ認められるための目標のひとつと考えても良いでしょう。

       

菓子製造技能士は幅広い年齢層の男女が目指せる、お菓子作りの技術を高められる資格です。
菓子製造技能士資格取得者は他にもパティシエ・和菓子職人・洋菓子職人と呼ばれております。
菓子製造技能士の資格は「国家資格」です。

メディパートナーバナー 資料を比較して取得を目指す

資格広場は、菓子製造技能士になるには?菓子製造技能士なるためには?菓子製造技能士になりたいを応援しております。

菓子製造技能士に必要な知識・受験資格

関係法規などのほかに、菓子製造業者としての広い知識の有無が試されます。菓子だけではなく食品一般に関する知識、材料などを数値で示せる能力、製菓機械の使い方および性能の把握などが筆記試験で必要とされております。実技では、出来上がりの良さだけではなく、仕様書の理解度なども評価されます。

菓子製造技能士の資格は「日本菓子教育センター」が運営管理を行っております。

日本菓子教育センターとは:
日本菓子教育センターは、国家試験だけでなく、技能検定制度の推進に必要な調査、研究、講習、展示、技能大会などを行っている団体です。昭和42年に設立しました。

菓子製造技能士

菓子製造技能士の仕事内容

洋菓子は、卵・バター小麦粉などから生地を作り焼いてからフルーツやクリームなどで盛り付けをします。和菓子は、饅頭などを蒸す・どら焼きなど焼く・羊羹などを流す・落雁などを型に押す・飴のように練るなどの作業となります。和菓子、洋菓子ともに味も厳しくそして何より美しさも大事になってきます。非常に繊細です。また新しいものを作るのと同時に今までのものを作り続けるのが大事です。ホテルやレストランや洋菓子メーカーといった精密に作業されるところ働くことが多いです。朝は早く、夜は遅い方もいらっしゃるようです。

菓子製造技能士資格の勉強法

学科試験は過去問題を解きながら復習していくことが大事です。実技試験は、実務経験と知識を頭の中で結びつけるということが大事です。練習を繰り返しながらその都度学んでいく訳ですので勉強した分だけ力がつくので問題ありません。実技試験の問題は、実技試験の1か月前に公表されますので逆算して練習したほうが良いと思います。

菓子製造技能士の専門学校・通信講座

先ずは無料で資料請求

菓子製造技能士の試験料・試験内容・難易度・合格発表について

菓子製造技能士の資格試験料

学科は3100円で実技が15700円となっております。この試験料は税込みとなっております。

菓子製造技能士試験・検定の年間試験回数

試験は1年で実技試験、筆記試験共に2回行われております。実技試験:6月上旬~9月中旬・12月上旬~2月下旬です。学科試験:7月下旬~9月上旬・1月下旬~2月上旬です。

菓子製造技能士試験科目等の内容

2級と1級がありますが、2年以上の実務経験者または、専門高校・短大・高専・高校専攻科卒業者であることです。または、厚生労働大臣指定の専修学校や各種学校卒業者で800時間以上の修了者が受験に必要なものです。1級を受験するには、実務経験のみの場合は7年以上、職業訓練終了者の場合は2年以上の実務経験が必要となります。学科試験では60問程度が出題され、公衆衛生学・栄養学・食品衛生学・成果理論・製菓実技になっています。和菓子部門ではまんじゅうの製造や練りきり製品の製造、羊羹の文様など 埋め込み加工、扇形羊羹の包丁仕上げとなっています。試験時間3時間30分です。ビスチュイ・ラ・キュイエールの製造・デコレーションケーキの仕上げとなっています。試験時間3時間15分です。

菓子製造技能士資格の難易度

技能士試験の中でも難易度がかなり高い部類に入ります。資格試験の難しさから、この資格取得者の技術力の高さは業界の中でも信頼度が高いものです。そしてこの高い難易度の恩恵として菓子製造技能士の資格を持つことで、他の資格を受験する際にも有利に働きます。

先ずは無料で資料請求

菓子製造技能士資格の合格率

菓子製造技能士は、国が検定している技能士の資格のなかでは難しい試験だといわれています。合格率は各県によって差がありますが、全国平均では40~50%前後です。

菓子製造技能士試験の合格発表

合格発表は10月上旬・3月中旬です。合格発表は受験者本人に通知されます。

菓子製造技能士

菓子製造技能士資格取得後の就職先・年収・報酬相場

菓子製造技能士所持者の職業例

製菓メーカー・和菓子店・洋菓子店経営、和洋菓子店での菓子職人、ホテル、レストラン、ファミリーレストラン、個人経営の洋・和菓子店

菓子製造技能士に向いている人

基本的に仕事中はずっと立ちっぱなしです。30キロ程度もある重い食材や鉄板なども、当たり前のように運ばなければなりません。朝から晩まで同じ商品を作ったり焼き続けたりするのは、当たり前の日常です。正確に分量や時間を測る几帳面さや、一日中工房の中で単純作業を続ける忍耐強さが求められます。したがって体力と忍耐力がある人が望ましいです。味が良いことは当然求められますが、盛り付けや飾り付けの芸術的な出来映えで評価をされます。人の琴線に触れるような感性を常に磨いていられるような人、創造力を発揮できるような人が向いているでしょう。

菓子製造技能士と同じ分野の他の資格

冷凍空調技士、調理技能士、製菓衛生師、職業訓練指導員

菓子製造技能士の年収・給料相場

初任給は月給15万~18万円くらいが相場となります。年収は200万~300万円くらいが一般的ですが、勤務先によっては200万円に届かないこともあります。企業に勤務する場合はチーフ、リーダーなどの役職がありますが、昇進しても年収は500万円に届くかどうかというところです。また、菓子製造技能士の資格を取得していることで、技術や能力が証明されやすく、勤務先によっては待遇面でも良い方向へ変わりやすい傾向にあります。

菓子製造技能士の現状

高い技術とセンスさえ持っていれば、あちらこちらのお店から声がかかりますし、もっと高みを目指して外国でも働くことだって可能です。自分の作ったもので人々を感動させることができるためやりがいはあります。しかし、非常に厳しい世界であるということは知っておく必要があります。勤務時間の長さ、決して高くない給料、厳しい師弟関係など、大変なことはいくらでもあり、途中で挫折する人も少なくありません。

菓子製造技能士の将来性

自分のセンスで小さな店舗を構え、独自の雰囲気を演出する店舗もあります。洋菓子好きな男性をターゲットにした商品の開発で、さらなる市場の発展を目指す傾向も見られます。一方、女性消費者は味だけでなく、見た目の可愛らしさにまでこだわったり、素材の安全性に敏感になる女性はとても多いものです。また海外留学など行い海外で仕事をされている方もいらっしゃいます。ネットの普及により、お取り寄せ商品やお歳暮・お中元などにもネット販売されており何か月も先まで予約が殺到することもあります。これらから言えるのは成熟しているように見えますが、まだまだ幅広い範囲で活躍できると思われます。

菓子製造技能士の独立について

自分の腕一本で勝負する仕事です。男女は関係ない、実力主義の厳しい世界で生き残るには、お菓子作りの技術やセンスはもちろんのこと、洋菓子に関する幅広い知識、味の研究などが欠かせません。実際に、独立して自分の店を出した人の多くは、国内の有名店や本場フランスなどで修業を積んでいます。

菓子製造技能士資格を所有している主な著名人

該当なし

先ずは無料で資料請求

コメントを残す

*

*