和食検定資格取得の難易度は?試験情報・年収・給料・報酬相場を分析

アバター

by 資格広場編集部

更新日:2019-05-06

公開日:2018-03-13

和食検定は、日本の食文化を正しく理解し、正しく伝えるための基礎知識の普及と、和の食文化を継承し発信していくために必要な専門知識と実務知識の理解度を測るための試験です。和食を日本の文化として捉え、知っておきたい基本的な事柄をおもてなしの現場や日々の生活の中で生かしていけるでしょう。

       

和食検定は幅広い年齢層の男女が目指せる、日本の伝統である和食のプロフェッショナルとなる資格です。
和食検定資格取得者は他にも和食マスター、支配人、板前と呼ばれております。
和食検定の資格は「民間資格」です。

資格広場は、和食検定になるには?和食検定なるためには?和食検定になりたいを応援しております。

和食検定になるために必要な知識・受験資格

和食の知恵「一汁三菜」、和食文化と食事様式、日本の地理的、気候的、海流的特性と歴史的背景、地域の食材と郷土料理、冠婚葬祭、年中行事、暦と和食、和食を生み出す食材と料理、和食を生み出す水、うま味、調味料、日本酒、日本茶、和菓子、器、箸、和食の技とおもてなし、調理法、和室と和室での振舞い、食事作法、和食文化の継承と食育が初級レベルです。日本料理に関する歴史や概要、日本料理の特徴や料理名の語源、食材の知識、料理名とその調理方法、行事、しきたりと料理、和食店での食卓作法、器、箸、日本酒、日本茶の知識、異文化の食事マナー、料理や接遇に関する基本的な英語が基本レベルです。着物の知識と振る舞い、和室の知識と振る舞い、和食店での接遇マナー、接遇のチェックポイント、飲食店のマネジメント、クレンリネスと危機管理、部下の育成に向けたスキル、和食店での基本的な挨拶、食材や料理の説明とセールスアップが実務レベルです。これらが知識として必要になります。

和食検定の資格は「一般財団法人日本ホテル教育センター」が運営管理を行っております。

一般財団法人日本ホテル教育センターとは:
和食検定は、日本の食文化を正しく理解し、正しく伝えるための基礎知識の普及と、和の食文化を継承し発信していくために必要な専門知識と実務知識の理解度を測るための筆記試験です。レストランや旅館での和のサービスに向けた教育機関がない中で和食を日本の文化として捉え、知っておきたい基本的な事柄をおもてなしの現場や日々の生活の中で生かしていけるようにとの思いから生まれました。

和食検定

和食検定ってどんな仕事?(仕事内容など)

和食に関連する知識やしきたり、マナーについて学んだことを、そのまま和食関連の飲食業・サービス業として業務にあたります。実務レベルの資格を認定された人は、取得した知識をもって接客に対する人事評価などの経営面での業務があります。

和食検定資格取得の為の勉強法

試験に受かるという目標をまず持つことが大切だと思います。テキストを何度も何度も読み返し、ノートに書いて覚えるのが効果的です。もっと詳しく知りたい時は、関連する本を買って読み返したり、インターネットで検索した方が良いです。食に関連した年行事の節句やお花見、お彼岸にお墓参りをするなど、古くから行われているこれらの行事が何のために行われているのか、その経緯なども広く浅く勉強します。また英語の勉強もしておいた方良いでしょう。

和食検定の専門学校や通信講座について

専門学校や通信講座は【専門学校案内所】からジャンルや都道府県別に簡単に調べられます。

和食検定の試験料・試験内容・難易度・合格発表について

和食検定の資格試験料

3種類のテストがあります。初級レベルだと4000円です。基本レベルだと5000円です。実務レベルだと8000円ですべて税込みとなっております。

和食検定試験・検定の年間試験回数

試験は年に2回です。Web試験もあります。2月と10月です。実務レベルは10月のみです。

和食検定試験科目等の内容

実務レベルでは、着物の知識と振る舞い・和室の知識と振る舞い・和食店での接遇マナー・接遇のチェックポイント・飲食店のマネジメント・クレンリネスと危機管理・部下の育成に向けたスキル・和食店での基本的な挨拶・食材や料理の説明とセールスアップが出題されます。基本レベルでは、日本料理に関する歴史や概要・日本料理の特徴や料理名の語源・食材の知識・料理名とその調理方法・行事、しきたりと料理・和食店での食卓作法・器、箸、日本酒、日本茶の知識・異文化の食事マナー・料理や接遇に関する基本的な英語が出題されます。初級レベルでは、和食の知恵「一汁三菜」・和食文化と食事様式・日本の地理的、気候的、海流的特性と歴史的背景・地域の食材と郷土料理・冠婚葬祭、年中行事、暦と和食・和食を生み出す食材と料理・和食を生み出す水、うま味、調味料、日本酒、日本茶、和菓子、器、箸・和食の技とおもてなし、調理法、和室と和室での振舞い、食事作法・和食文化の継承と食育が出題されます

和食検定資格の難易度

実務レベル、基本レベルでは、正解率85%以上(各項目80%以上)で1級です。正解率65%以上~85%未満(各項目60%以上)で2級の認定となります。初級レベルにおいては、正解率90%以上で1級です。正解率75%以上~90%未満で2級です。正解率60%以上~75%未満で3級の認定となります。実務レベル1級になるとやや優しいくらいで、実務2級、基本レベルになるとやさしいです。

和食検定資格の合格率

合格率は、実務レベル1級だと16.7%、実務レベル2級だと50.0%、基本レベル1級だと8.3%、基本レベル2級だと30.8%ほどです。

和食検定試験の合格発表

和食検定の公式サイトで受験番号で発表されます。試験終了後約2週間で検定本部から郵送され、受験者全員には成績通知表、認定者には認定書と認定証明書を同封します。

和食検定

和食検定資格取得後の就職先・年収・報酬相場

和食検定所持者の職業例

レストラン、旅館、ホテル、観光

和食検定に向いている人

就職活動中の場合は、履歴書に書くことができるので、自分をアピールする材料として利用することができます。もちろん企業によっては、優遇されるパターンも出てくると思われますが、大手や専門職など、限られた範囲に留まるでしょう。調理の仕事に携わっている方・経営者の方・留学生の方にも向いています。

和食検定と同じ分野の他の資格

和食エキスパート、日本料理インストラクター、和食マイスター、和食アドバイザー検定

和食検定の年収・給料相場

推定でばらつきはありますが、20代の給与は13~19万円です。30代の給与は20~25万円です。40代の給与は25~30万円となっており、平均給与は25万円となるようです。平均年収は300~330万円と推定されております。見習いは低く、一人前になると多くなります。

和食検定の現状

和食は、美味しくて健康にも良いということが認められ、アメリカ・欧米を中心に世界中で高い評価を得ており、アジアでも急速に普及が進んでいます。私たち日本人の礼儀正しいおもてなしの精神は、世界でも類をみない高水準にあり、サービス業では世界のどの国よりも圧倒的に優れています。

和食検定の将来性

和食を始めとしたサービス業で、日本は圧倒的有利な立場にありますので、これをどんどん世界に発信する事で、日本文化を広める事ができ、世界から高い評価を得る事ができるでしょう。2020年にオリンピックが開催されます。食は人間が生存するための必要不可欠な存在である以上、和食文化の正しい知識とスキルを身につけ、海外にそれを発信する事ができる人材が増えることは世界において日本国全体の利益にとってもプラスになるでしょう。2011年からスタートした歴史・実績の無い検定試験ですが、これらを踏まえると将来性は十分にあります。

和食検定の独立について

レストランや旅館での和のサービスに向けた業務。また教育機関がない中で和食を日本の文化として捉え、知っておきたい基本的な事柄をおもてなしの現場や日々の生活の中で生かしていける教育や講演など、独立としては今後に期待されております。

和食検定資格を所有している主な著名人

該当なし

コメントを残す

*

*