バリスタになるには資格は必要?目指すための学校や費用をご紹介

masman

by MATSUZAWA

更新日:2019-06-17

公開日:2019-06-17

バリスタ

今回はバリスタに関して、バリスタになるには資格は必要かということについてまとめました。バリスタになるための学校や通信教育についても必要な費用も含めて紹介します。ぜひ参考にしてください。

       

皆さん一度は耳にしたことがある職業かと思いますが、バリスタは主にカフェや喫茶店で働き、コーヒーやラテなど最高の一杯をお客さに提供する職業です。

バリスタは飲食業の中でも人気のある職業で、将来目指している方もいると思います。

そこで、バリスタになるために資格は必要かということも含め、目指すための学校や通信、それぞれに費用について紹介します。

バリスタとは?

バリスタ

バリスタとは、コーヒーやラテ、カプチーノなどに関する専門的スキルや知識を持ち合わせたプロフェッショナルで、喫茶店やカフェなどでお客さんに最高の一杯を提供します

一般的なカフェの店員とは違い、コーヒーやラテなどを作る際にコーヒー豆など材料の厳選からお湯の温度、入れ方などに気を使いそれぞれの最大限の味を引き出します。

バリスタは世界中に存在する職業で、バリスタの世界一を決めるコンクールやラテアートの大会などのイベントが毎年のように開催されています。

バリスタの主な仕事内容

バリスタは美味しいコーヒーを淹れることももちろん重要ですが、カフェや喫茶店に来店されたお客さんのために心地良い空間を提供することも重要な使命の一つです。

コーヒーなどを通してお客さんにとコミュニケーションを図ったり、ラテアートなどによってお客さんを楽しませることもバリスタの仕事です。

つまり、バリスタとして働くにはコーヒーなどに関する専門知識、スキルはもちろんのこと「接客のプロ」としての素質も必要となるのです。

バリスタになるには?資格や費用、学校

バリスタとはどのような職業なのか分かって頂けたでしょうか。

皆さんの中には将来実際にバリスタになることを目指している方もいると思います。

それでは、バリスタになるには資格は必要なのかということも含めなるために必要な学校や費用について紹介します。

バリスタになるには特別必要な資格はない

バリスタになるには、①専門学校や養成学校似通う、②実際に喫茶店などで修行する、③海外で修行する、の3つの方法が挙げられます。

そのため、バリスタになるための特別な資格は特にありません。

しかし、バリスタとしての知識を身に着けたい方、もしくはキャリアアップを目指している方を対象としたバリスタの民間資格はあります。

有名な資格としては、日本スペシャルティコーヒー協会の認定資格である「コーヒーマイスター」、日本バリスタ協会の認定資格である「JBAバリスタ」のレベル1〜レベル3が挙げられます。

バリスタになるための学校

バリスタになるためには、未経験で実際のカフェや喫茶店などで修行を積むという方法があります。

しかし、未経験で採用してもらえる店舗は非常に限られていることから、専門学校や養成学校で知識を身につける方法が一般的です。

バリスタに必要な知識やスキルを身に着けることのできる学校としては、東京山手調理師専門学校、東京スーツ&カフェ専門学校、専門学校ビジョナリーアーツなどが挙げられます。

これらの学校の中には、カリキュラムの一環として実際のカフェや喫茶店においての研修や校内にある喫茶店などで実際に働きながら必要なスキルと知識を身につけることができます。

バリスタは通信教育でも目指すことができる?

また、バリスタの通信教育もいくつかあります。

代表的なものとしては、「コーヒー&紅茶カフェマイスターW資格取得講座」、「カフェ・コーヒーW資格取得講座」などが挙げられます。

これらの通信教育ではエスプレッソマシーンやカップなどが教材として付いてくるため、自宅にいながらバリスタの知識やスキルが学べます。

学校に行く時間の無い方や転職を考えている方におすすめです。

バリスタになるための費用

バリスタになるための費用は目指し方によって異なります。

まず、実際の店舗で修行しながらスキルを身に着けていく場合、非常に少ないですが給料をもらいながら目指すことができるため特に費用はかかりません。

一方で専門学校や養成学校に通う場合は、各学校の学費によって異なりますが250万〜300万円が相場と言われております。

また、海外で修行する場合はカフェなどで修行することができれば同じく給料をもらいながら働けるため必要な費用は現地での生活費や旅費だけとなります。

バリスタの適性や将来性は?

バリスタ

バリスタとして活躍するためにはもちろん専門的なスキルや知識が必要となりますが、バリスタに向いている人・向いていない人がいます。

そこで、バリスタの適性や将来性について見ていきましょう。

コーヒーが好き、だけでは務まらない

バリスタとして一人前になり活躍して行くためにはもちろんコーヒーに対する熱い情熱が重要となります。

というのも、バリスタとして業務を行う際には非常に多くの知識やスキルが必要となるため、それについて勉強するためにはモチベーションが必要となるからです。

しかし、コーヒーが好きという理由だけではバリスタは務まりません。

どのようにしたらお客さんに喜んでもらえるのかをしっかりと考え、コミュニケーション能力も必要不可欠になります。

将来は独立を考える人がほとんど

バリスタとして働いている方のほとんどは将来独立をし、自分のお店を持つことを考えています。

そのためには、カフェや喫茶店においての実績やキャリアがもちろん重要になります。

また、世界規模で開催されているコンクールや大会で結果を残すことができればそれが独立するための後押しとなり、実際にお店を出してから顧客を掴むことができます。

とは言っても非常に競争率の高い業種であるため、将来独立を考えているのであれば相当な覚悟が必要となります。

バリスタになるには資格は必要?まとめ

バリスタになるためには特別な資格はありませんが、バリスタとしてのキャリアアップやスキルアップを目指しているのであれば関連資格の取得をおすすめします。

バリスタという職業は近年日本国内においても人気のある職業で、また、海外で活躍している有名なバリスタもいます。

将来バリスタを目指している方、興味のある方、またバリスタとして独立を考えている方は以上で紹介した内容をぜひ参考にしてください。

コメントを残す

*

*