薬膳マイスターになるには?資格取得の難易度や独学勉強法まとめ

masman

by MOT

更新日:2019-07-08

公開日:2019-07-08

独学で薬膳マイスターになるための方法と資格取得の難易度を解説

生薬を食材として用いて体質改善を促すのが薬膳マイスターの資格です。この記事では、薬膳マイスターになるには独学でも合格可能なことと、資格取得の難易度について詳しく紹介していきます。薬膳マイスターをこれから取得したい人はご覧ください。


仕事にも家族にも役立つ資格を取りたい!そう考える人に人気の資格の一つに薬膳マイスターをおすすめします。

いったい薬膳マイスターとはどんな知識を学ぶ資格なのでしょうか?

フードマイスターや薬剤師との違いは?漢方とも違うの?など、様々な疑問が出てきますね。

そこでこの記事では、薬膳マイスターについての詳しい内容や、独学で合格するための難易度、独学の取得方法などを解説していきます!


薬膳マイスターになるには?そもそも薬膳マイスターとは

薬膳マイスターとは

薬膳マイスターとは、薬膳の知識をもとに「美味しく」「作りやすく」薬膳メニューを提案して、食べる人の健康を促進できるアドバイザーのことです。(別名・和漢薬膳師)

そもそも薬膳の発祥は中国で、自然界にある原料や材料を用いて、体質改善や健康を増進させるための料理として生まれました。

したがって、「薬」というのは自然界にある生薬のことを意味していて、けっして医学的な薬品を料理に混ぜ込むことではありません。

なので薬剤師の資格とは根本から違うのです。

また薬膳マイスターの資格は、中国で生まれた薬膳を日本風にアレンジしたもので、日本人の味覚や体質に合わせた内容と、日本国内で手に入れることができる材料を基本とした「和漢膳」を学ぶことができます。

栄養士やフードマイスターとの違いは?

薬膳マイスターが他の食の資格との大きな違いは、食材に生薬を多く用いていることと、それぞれの食材とそのitemによって影響を及ぼす臓器を結びつけた考え方が主流になっていることです。

ここで言う生薬とは、松の実やクコ、ユリ根など自然界に生育していて、身体に副作用を及ばさない安全な食材のことを指します。

例えば栄養士は、バランスの良いメニューを通してカロリーや栄養素の管理を行っていきます。

野菜ソムリエも、野菜を通して得られる栄養素に着目して、健康やダイエットなどに良いメニューを提案することが仕事ですね。

一方で薬膳マイスターは、「肝臓に直結する食材はコレ」という観点から、コレにあたる食材を組み合わせながら、より体質に合った薬膳を組み合わせていく作業がメインです。

したがって、摂取する人の悩みに合った生薬や食材を調合する漢方士と、その材料を美味しく食べられるためのメニューを考案する栄養士の資格を足して2で割ったような資格と言えるでしょう。

薬膳マイスターになるには?資格取得の難易度について

薬膳マイスターの資格取得の難易度

薬膳マイスターになるには、一定のレベルの薬膳マイスターの資格までは決して難易度は高くありません。

この一定のレベルというのは、薬膳マイスターの資格には習得する知識のレベルによって階級が設けられていることが前提にあります。

まずはその資格ごとの難易度について見ていきましょう。

薬膳マイスター3級

薬膳マイスターの入り口となる資格で、多くの人が目指すレベルの資格です。

この資格だけでも十分に薬膳マイスターとしての知識を学ぶことができて、家庭料理や食育に生かすことができます。

また薬膳マイスター3級は、和漢薬膳食医学会が公認する通信講座を3~4ヶ月受講して、最終試験をパスすることができれば、資格を申請することが可能。

したがって薬膳マイスター3級は独学で勉強した人でも、80%以上の人が合格できる可能性がある難易度が低い資格と言えます。

薬膳マイスター2級

薬膳マイスター3級の合格者が受けることができる資格で、3級よりも踏み込んだ内容の知識を勉強する事ができます。

例えば症状別の和漢膳メニューを実習を通して作れるようになります。

注意点としては、調理実習を含めたスクーリングへの参加が必須になるため、薬膳マイスター2級からは独学での勉強では資格を取得できません。

ただし団体が公認する養成スクールをしっかりと受講していれば、7割以上の人が認定証を発行してくれる難易度が高い資格ではありません。

薬膳マイスター1級~特級

さらにステップアップして薬膳を極めたい人に向けた資格です。

ここまで来ると専門的知識がほとんどで、家庭料理の枠を超えた薬膳医レベルのスキルを身につけることができます。

そのため、当然取得するまでにかかるスクーリングの日数や必要な料金は増えていきますが、特に特級の学会認定講師になれるまでの域に達するには、合格者は限定されて難易度が高くなることは覚悟しておいてください。

ただし薬膳マイスターを取得する人の多くは、3級を目指している人がほとんどです。

その場合は独学だけで十分資格を取得することができて、難易度も高いものではありません。

仕事や子育ての合間に独学で、薬膳マイスターの資格を取ることができます。

次の章では、独学で薬膳マイスターの資格を取るための方法を紹介していきます。

薬膳マイスターになるには? 独学の勉強方法

薬膳マイスターになるための独学の勉強方法

現在薬膳マイスターの公認資格を独学で取得できる方法は二つあります。

ただし独学で取得できるのは3級までで、2級以上の資格はスクールに通う必要があるので気をつけてください。

国際薬膳食育学会の養成講座

薬膳マイスターの資格を独学で取得する人が、一番多く利用する学会の通信講座です。

この講座で独学をするメリットは、専任のコーチからいつでも遠隔でアドバイスをもらうことができること。

メールなどを通して疑問点に答えてくれるきめ細やかな対応が評判を呼んでいるので、おすすめですよ。

がくぶんの養成講座

薬膳マイスターになるには、このがくぶんが主催する講座の受講がもう一つの方法です。

この講座の一番の特徴は、薬膳マイスターの資格を取得した後の就職先のサポート情報が豊富なこと。

専用の「仕事サポートページ」にいろんな情報が満載されているので、せっかく取得した資格を普段の食生活以外にも活かしたい人にはおすすめの独学方法です。

独学選びの注意点

ここで一つお伝えしておきたいことは、他の通信講座で取得できる薬膳の資格は、公式の薬膳マイスターの資格とは違うということです。

例えば有名なユーキャンなどで取れる「薬膳漢方マイスター」「薬膳コーディネーター」「薬膳インストラクター」などの資格は、「薬膳マイスター」の正式資格とは違う関連資格になるのでよく注意するようにしてください。

薬膳マイスターになるには?資格を活かせる仕事

薬膳マイスターの資格を活かせる仕事

薬膳マイスターの資格を活かせる仕事は、健康志向の高い現代では色んな所にあります。

例えば料理教室を開こうと考えている人にとっては、薬膳マイスターの公式な資格がとても良い宣伝材料になります。

それ以外にも、スポーツインストラクターや福祉関係の仕事でも、薬膳マイスターの知識を基に利用者に沢山のアドバイスを提供することができるでしょう。

とは言っても、求人要項に載るレベルは2級以上の資格取得が条件になります。

独学で通信講座だけで取得ができる難易度が低い3級では、履歴書での効力はやや低いと思っておいてください。

薬膳コーディネーター資格の合格率はどのくらい?独学でも取得可能?
薬膳コーディネーターって何?どんな資格?どんな仕事?資格取得の難易度・合格率はどれくらい?独学で取得できる?メリットやデメリットは?などなど薬膳コーディネーターについてまとめます。
栄養士資格取得の難易度は?試験情報・報酬相場を徹底分析
食べることや料理が好きで食に関する資格に興味がある方に向けて、栄養士資格についての情報をまとめました。資格の取り方の流れや、気になる難易度や試験内容はもちろん、資格の活かし方などなど盛りだくさんの内容になっています。ぜひご覧ください。

独学で薬膳マイスターになるために資格の難易度まとめ

薬膳マイスターになるには、薬膳マイスター公認の養成講座を受講することで、独学で3級の資格を取得することができます。

さらに薬膳マイスターとして上のレベルになるには、時間を作って専用のスクールに通う必要があります。

また上のレベルの資格を取得するほど、仕事の幅も増やしていくことができますね。

この薬膳マイスターの資格は美意識が高い芸能人で取得する人も多く、これからますます注目されていく資格です。

したがって3級の取得者人口が増えていくので、さらに一目置かれる薬膳マイスターになるには、難易度が高い2級以上の資格取得がおすすめです!

コメントを残す

*

*