食育インストラクターの仕事内容は学校や施設での活動が中心?

masman

by ari_na

更新日:2019-11-14

公開日:2019-08-07

食育インストラクター

食に関連する資格の中でも人気が高いものの一つが、「食育」の第一人者である服部幸應さんが監修している”食育インストラクター”です。資格取得後の活動は学校などの施設である場合も多いようですが、具体的にどのような仕事内容なのでしょうか?

       

食に関連する資格はたくさんありますが、その中でも人気が高いものの一つが”食育インストラクター”です。
食育インストラクターは最上級の1級から4級のほか、入門編として「プライマリー」という級があるなど自分のレベルに合わせて資格を取得できます。

この食育インストラクターは学校や施設で活動するのでしょうか?仕事内容はどんなことをしているのかもご紹介します!

コスパ良く資格をGET!

メディパートナーバナー

比べて選ばなきゃ損!!
有名なスクールから実は穴場の超おすすめ通信講座まで、67,000以上もの情報から客観的に比較してあなたにピッタリな講座を選べる!!

資料はすべて無料で、たった1分の簡単な基本情報の入力で一括資料請求可能!!

簡単!無料資料請求はこちら

食育インストラクターになろう!

食育インストラクターの仕事

自身や家族の健康や、食の安心安全にこだわる人が増えています。口に入るものなので、もちろん安心して食べたいですよね。
さらに、その食材の栄養素や身体への作用も、できれば理解したうえで食べたいものです。

女性を中心に人気が高い食に関連する資格。中でも「食育」の第一人者である服部幸應(はっとりゆきお)さんが監修している”食育インストラクター”が人気を博しています。

一体、どのような資格なのでしょうか?

食育について一定の知識を持っていると証明できる

食育インストラクターは、NPO法人『日本食育インストラクター協会』が主催している民間資格です。
調理師免許などとは違って国家資格ではありませんが、「食育について一定の知識を持っている」ことが証明できます。

階級は最も上の「1級」から「4級」まであり、さらにその下には入門編として「プライマリー」という級が定められています。

プライマリーは、協会が指定している「がくぶん」の『服部幸應の食育インストラクター講座』を受講することで取得できます。
まずは試しに勉強してみたいと思う方は、ぜひ資料を請求することをおすすめします。

食育インストラクターの仕事内容は?

続いては、食育インストラクターの仕事内容についてご紹介します。

食育インストラクターはあくまでも資格のため、「食育インストラクター 求人」などで検索をかけたとしても結果として出てこないことがあります。
まったくないわけではありませんが、食育インストラクターの資格を活かして働ける仕事を見つけた方が賢明でしょう。

食育について指導を行う

食育インストラクターの主な仕事内容は、学校やカルチャーセンターなどで「食育」について指導を行うことです。
食に関する高度な専門知識があるため、すべての人が安心安全に、健康な食生活を送れるようにすることが使命です。

とくに学校での需要や期待度は高く、その背景には朝食を食べなかったり偏った栄養摂取をしている、肥満・痩身など、子供達の食生活が深刻な状況に陥っている傾向があるためです。
そこで食育インストラクターは学校教諭のサポートとして、授業の一環や保護者を対象とした食育セミナーなどを行います。

また学校だけではなく、生活習慣病予防などの保健指導にも携わっているため、病院や介護施設などでも活動している人もいます。
さらに、食育の指導のみならず「食育料理教室」を開き、栄養満点の食事の作り方について教えている食育インストラクターも存在するなど、仕事内容は多岐にわたっています。

主に、資格を活かしている人は次のような仕事内容です。

コスパ良く資格をGET!

メディパートナーバナー

比べて選ばなきゃ損!!
有名なスクールから実は穴場の超おすすめ通信講座まで、67,000以上もの情報から客観的に比較してあなたにピッタリな講座を選べる!!

資料はすべて無料で、たった1分の簡単な基本情報の入力で一括資料請求可能!!

簡単!無料資料請求はこちら

食育インストラクターの資格を活かせる職業は?

食事

食育インストラクターの資格を活かして働ける職業はたくさんあります。

職業別に、仕事内容を見ていきましょう。

保育士や幼稚園教諭

保育士や幼稚園教諭は、子供達に「食事のマナー」「食事の楽しさ」「食べることの大切さ」などを伝えることができます。

保育のプロとして、子供達が楽しみながら学べる方法を考えられるほか、保護者から食育に関する相談をされた時も、親身になってお話をすることができます。
これは、幼稚園や保育園に勤務する調理師や栄養士の資格を持つ方も、同じ仕事内容で活動できます。

栄養教諭

あまり馴染みのない職業かもしれませんが、「栄養教諭」とは2005年にできた、まだ新しい資格職のことです。
この栄養教諭として働いている方は、学校で食べる給食を管理を行ったり、生徒や児童に向けて食生活についての指導をするなどしています。

食育インストラクターの資格がプラスされることで、より専門性に優れた食育の指導ができるようになります。
仕事内容がますます充実しますね。

食品に関する業者

食品を取り扱う仕事に従事している方も、食育インストラクターの知識が活かされます。

例えばスーパーマーケットや飲食店などに勤務している調理師の場合、お客様の年代に合わせた「食育メニュー」を提供することができます。
他にも、スタッフ指導において食育の大切さや、なぜ必要なのかといったことを説明する際に大いに役立ちます。

コンビニエンスストアや食品のメーカーにおいて、商品開発部門に勤務している場合、新商品の考案にも使えます。
とくにダイエットやアンチエイジング、メタボリックシンドロームの改善に効果があるとされる食品は消費者から求められているので、食育の知識も存分に活かしたものを作るきっかけとなるはずです。

このように、食育インストラクターの資格を持つことにより、仕事内容の幅も広がるのです。

食育インストラクターの仕事内容についてのまとめ

「食育」という言葉が注目を集める中、食の安心安全や健康について学べる資格として”食育インストラクター”が人気を博しています。
監修しているのが「食育」の第一人者である服部幸應さんであることも、人気が高い理由の一つだと思われます。

食育インストラクターは、そのまま職業名として求人を探しても、なかなか見つからないかもしれません。
そのため、食育インストラクターの資格を存分に活かせる職業に就くか、食育の知識を発揮できる仕事を選ぶ必要があります。

特に学校や施設では食育の需要が高く、子供達に食事の楽しさやマナーなどを教えるセミナーを開くほか、保護者から食育について相談された際も適切なアドバイスができることでしょう。
中には食育の料理教室を開くなど、幅広い活動をしている方もいます。

「食育」に関する仕事内容は、多岐にわたっています。
子供のいる施設で働く調理師や栄養士、保育士や幼稚園教諭の方にはじまり、食品メーカーなどで商品の開発に携わっているという人まで、様々な場面で資格が活かせます。

それほど、食が皆に必要なものであり、関係ない人はいないということですね。

今の仕事でますますステップアップしたい人、食育インストラクターの資格を取得して何らかの職種に就きたい人など、誰であっても使える資格なので、ぜひ取得を検討してみてはいかがでしょうか。

コスパ良く資格をGET!

メディパートナーバナー

比べて選ばなきゃ損!!
有名なスクールから実は穴場の超おすすめ通信講座まで、67,000以上もの情報から客観的に比較してあなたにピッタリな講座を選べる!!

資料はすべて無料で、たった1分の簡単な基本情報の入力で一括資料請求可能!!

簡単!無料資料請求はこちら

コメントを残す

*

*