パティシエになるには?仕事内容・給料(収入)・必要なスキルなど

アバター

by 資格広場編集部

更新日:2018-09-06

公開日:2018-05-21

パティシエになるには製菓の専門学校へ進学し、就職することが一般的な方法となりますが、必ずしも専門学校に通学しないとなれないわけではありません。なぜなら、パティシエとして仕事をするには資格が必要なく、高校卒業後に就職して実戦形式で技術や知識を習得する方法もあります。ただし、将来的に独立を視野に入れている場合は、製菓衛生師のような食品衛生責任者と同等の資格を取得していないとできないこともありますので注意が必要です。製菓衛生師は、多くの製菓専門学校では取得できるカリキュラムになっていますので、どの方法でパティシエになるのかは自身の希望する状態によって判断します。


パティシエは幅広い年齢層の男女が目指せる、近年、様々なスイーツが作品レベルで商品化されており、伝統的なお菓子から、創作スイーツまで幅広く支持されている。職業です。
パティシエの職業は他にも菓子職人と呼ばれております。
パティシエに「なるには」についてご紹介してまいります。

資格広場は、パティシエになるには?パティシエになるためには?パティシエになりたいを応援しております。

パティシエ

パティシエってどんな仕事?(仕事内容など)

パティシエとは、お菓子作りに欠かせない専門的な知識やスキルを要する技術職です。しかし、パティシエとして業務にあたる場合に明確な資格はなく、製菓に関する関連資格として製菓衛生師という資格があります。これは、製菓に関する製造技能を証明する資格になります。

パティシエになる為の勉強法

パティシエになるための一般的な方法としては、・高校卒業後に洋菓子店・レストラン等へ就職する・高校卒業に大学や短大に進して、卒業後に洋菓子店・レストラン等へ就職する・高校卒業後に調理や製菓の専門学校に進学し、卒業後に洋菓子・レストランへ就職するという方法が一般的になります。(調理師専門学校や製菓専門学校などでは基礎技術を学びます。)このなかで、一番多い選択としては、製菓の専門学校への進学をし就職する場合です。ただ、専門学校を卒業しなくてもパティシエになることは可能なので、専門学校へ進学せずに未経験で洋菓子店やレストランに採用される場合もあります。そのメリットとしては、学費の必要がないこと、実戦での技術の習得、戦力への時短的短縮などがあげられます。

パティシエになるための専門学校や通信講座について

準備中です。


パティシエの学歴・勤務時間・スキル・やりがい・苦労ついて

パティシエの学歴

現在調査中

パティシエの勤務時間

現在調査中

パティシエに必要なスキルや機材

現在調査中

パティシエのやりがい

現在調査中

パティシエ苦労、大変なこと

現在調査中

パティシエ

パティシエの年収・将来性・独立について

パティシエに向いている人

多くのパティシエはお菓子作りが好きな人です。しかし、好きなだけでは務まらず、体力も必要とされます。その理由としては、立ち仕事であることや、原材料の中には30キロもあるものもありそれらを業務中に扱う体力が必須です。小柄な女性がお菓子を作っているイメージがあるかもしれませんが、想像以上にハードな職業です。さらに、日々、同じ商品を作ることもありますので、正確に分量や時間を測る几帳面さや、一日中工房の中で単純作業を続ける忍耐強さが求められます。何をやっても集中できず、すぐに音を上げてしまうような人には厳しい仕事といえます。あとは、美的センスが求められます。お菓子のデザインや見た目には、美しさや独創性が求められ、人と同じものしか作れないということであれば独立は困難です。その中で、学校や現場で習得した技術や知識を自分なりに磨いていくことのできる人材が成功すると思われます。

パティシエと同じ分野の他の職業

製菓衛生師、菓子製造技能士、食品衛生責任者

パティシエの年収・給料相場

パティシエの初任給は15万~18万程度が一般的で年収にすると200万~300万円くらいが相場になります。その後、就職先で昇給や昇進を重ね、役職がついたとしても年収500万円に届くかどうかという給料です。ただし、コンクールや受賞により知名度が上がりオリジナル商品を出すことができれば数千万円の収入を得ることも可能です。

パティシエの現状

パティシエになる資格はないので、専門学校を卒業しなくても就職できますし、パティシエになることは可能です。ただし、基本的な知識や技術を習得しているほうが有利になります。また、就職後も自身での技術の向上や習得のために勉強しなければいけないのが現状です。現場では実力主義の場合が多く、年齢や性別は関係ないです。

パティシエの将来性

洋菓子店やパティスリーなどの店舗は増加傾向にあり、デザインの独創性やオーガニック素材にこだわるなど多岐にわたり出店されています。そのような現状のなかで、パティシエの需要は高まっていると同時に高いスキルも求められます。また、そのような店だけでなく、規模の大きなホテルやレストランにおいても著名なパティシエがプロデュースすることにより集客につながるため、その活躍の場所は多くなっています。

パティシエの独立について

パティシエにとって独立し、自分の店をもつというのは大きな目標の一つになると思います。資金さえあれば開店することは可能ですが、まずはパティシエとしての技術や経験を重ねないと成功することは難しいと思われます。その裏付けとしては、独立し人気のお店に成長しているパティシエの多くは海外での修行や受賞経験があります。また、経営面とお菓子作りの技術は別の能力になりますので、製菓の能力だけでなく、マネジメントや経営能力といったビジネスの要素も必要となります。

パティシエの主な著名人

鎧塚 俊彦、辻口 博啓

コメントを残す

*

*