デザートクリエイターとは?仕事内容や資格の取り方を調査しました。

アバター

by 資格広場編集部

更新日:2018-10-25

公開日:2018-05-21

「デザートクリエイターとは?」仕事内容についてわかりやすく説明いたします。試験の難易度や試験科目、受験料など資格取得に向けた様々な情報もまとめました。資格取得後の活躍の場や、デザートの販売やカフェ経営での独立を目指す方も必見です。


デザートクリエイターは幅広い年齢層の男女が目指せる、デザートの多様性に伴い、開発、輸入、販売の専門知識を習得することができる。資格です。
デザートクリエイター資格取得者は他にもデザートアドバイザーと呼ばれております。
デザートクリエイターの資格は「民間資格」です。

資格広場は、デザートクリエイターになるには?デザートクリエイターなるためには?デザートクリエイターになりたいを応援しております。

デザートクリエイターになるために必要な知識・受験資格

材料に関する基礎知識、デザートメニュー開発に関しての基礎知識、フルーツに関する知識、デザートデコレーション、デザートメニュー開発に関する知識が必要ですが、試験対策講座にて学習することが可能です。

デザートクリエイターの資格は「日本カフェプランナー協会」が運営管理を行っております。

日本カフェプランナー協会とは:
(株)佐奈栄学園(カフェズ・キッチン)を母体とした組織です。

デザートクリエイター

デザートクリエイターってどんな仕事?(仕事内容など)

デザートクリエイターとは、洋菓子(ケーキやパフェ)だけでなく、和菓子、フルーツに至るまでのデザート全般における知識や技術の習得をした人に与えられる称号です。近年、多様化するデザートニーズに応え、消費者が安心して楽しめるデザート開発に努めることができるように、日本カフェプランナー協会が認定しています。

デザートクリエイター資格取得の為の勉強法

デザートクリエイターの資格は1~3級があります。3級は材料に関する基礎知識とデザートメニュー開発に関しての基礎知識を学びます。受験資格は、カフェズキッチンの本コース受講生、通信コース受講生及び卒業生、カフェプランナー資格認定試験の4級以上を取得している方、半年以上実務経験のある方(就業先からの証明が必要)、デザートに関する知識や技術を習得し、プロとしてやっていきたい方のいずれかに該当し「デザートクリエイター資格 試験対策コース」を受講した方が条件です。2級はフルーツに関する知識、デザートデコレーション、デザートメニュー開発を学びます。受験資格は受験する前段階の級の取得。かつ、カフェプランナー協会に正会員登録されている方になります。1級はデザートメニュー開発・提案などを学びます。受験資格は2級同様、受験する前段階の級の取得。かつ、カフェプランナー協会に正会員登録されている方です。(登録料は年間15,000円です。)

デザートクリエイターの専門学校や通信講座について

準備中です。


デザートクリエイターの試験料・試験内容・難易度・合格発表について

デザートクリエイターの資格試験料

資格取得までの流れは、資料請求、申込書請求、願書記入と受験料納付、受験票確認、コース受講、1次試験受験、合否判定、2次試験受験、合否判定になります。前回の2次試験合格者は1次試験は免除されます。試験対策コースに関して、3級(全1回)は、受験料が6,500円、テキスト代が5,000円の合計11,500円(税込み)です。2級(全2回)は、受験料が8,000円、テキスト代が4,000円の合計12,000円(税込み)です。試験の受験料は、3級が6,000円、1・2級は8,000円となります。

デザートクリエイター試験・検定の年間試験回数

デザートクリエイターの試験は6月と11月の年2回行われています。

デザートクリエイター試験科目等の内容

3級の試験内容は、材料に関する基礎知識とデザートメニュー開発に関しての基礎知識です。2級の試験内容は、筆記と実技で、フルーツの知識とデザートデコレーション、テーブルデコレーションなどになります。1級の試験内容は、筆記と実技で、デザートメニュー開発・提案などになります。3級は1次試験のみとなります。実技試験にはエプロン等の持ち物が必要です。

デザートクリエイター資格の難易度

指定の講座を受講することにより、合格率はあがると思われます。3級からの受験で、上級の試験の受験のために前段階の級を取得するという受験資格があるので、上級になるにつれて難易度は上がりますが比較的取得しやすい資格といえます。

デザートクリエイター資格の合格率

3級では約80%程度ですが、上級になるにつれて合格率は下がると思われます。1・2級に関する合格率は不明です。

デザートクリエイター試験の合格発表

1次試験の合格発表は、3級が3~4か月後、2級は当日は発表となります。2次試験の合格発表は3~4か月で郵送にて発表されます。(学園生は手渡し)

国家資格バナー

PR



デザートクリエイター

デザートクリエイター資格取得後の就職先・年収・報酬相場

デザートクリエイター所持者の職業例

カフェ等のスタッフ、デザートの販売員

デザートクリエイターに向いている人

デザートに興味のある人、すでに業務でデザートに関わり担当している人が受験をします。また、今後、カフェを開店したいと思われる人にとっても有益な資格になります。デザート作りが趣味でより本格的に知識や技術を身に着けたいと思われる人にとっても生活に生かせる資格となります。

デザートクリエイターと同じ分野の他の資格

カフェレシピクリエイター、カフェ検定、カフェプランナー、スイーツ検定(スイーツコンシェルジュ)、コーヒーコーディネーター

デザートクリエイターの年収・給料相場

就職先によって大きく異なると思われますが、デザートクリエイターの就職先としては、カフェやデザートを取り扱っている飲食店が主な就職先となります。高級な専門店やホテル等になるとパティシエの資格を有する人材の方が有利になります。そのため、パティシエよりは年収としては安くなり、雇用に関しても正規雇用に限らず、非正規雇用としての働き方もあります。デザートが好きで、知識を深めたい人や自分のカフェを持ちたいという人にとっては有益な資格となります。

デザートクリエイターの現状

デザートクリエイターの現状は、現代の多様化するデザート業界の発展に貢献する資格となります。洋菓子だけでなく、和菓子やフルーツの知識も勉強し、就職や独立、趣味の領域で活躍することができます。3級から1級があり、上級を取得することによって、知識を深めるだけでなく、実際にデザートの考案や開発に従事することができるようになります。

デザートクリエイターの将来性

デザートが好きという人が将来的にカフェで働くことやカフェを開店するときに役に立つ資格になります。カフェでは洋菓子だけに的を絞ったメニューだけでなく、和菓子やフルーツを使ったデザートも多くあり、それらの商品に関する知識や開発、提案に至るまで活用できます。また、実生活においても、趣味の領域で知識や技術が役立ちます。

デザートクリエイターの独立について

カフェの開店に関しては、デザートクリエイターの資格取得だけでなく、その他の講習も受講することがすすめられます。具体的には、このデザートクリエイターの認定を行っている母体のカフェズキッチンでは、カフェビジネスコースがあります。開店・独立するにあたり、必要な知識や情報だけでなく、このようなスクールに通うことで同じ目標をもった仲間とのコミュニティは大きな影響力があります。独立を検討する場合は、デザートの専門知識だけでなく、その他の知識も必要になります。

デザートクリエイター資格を所有している主な著名人

該当なし

コメントを残す

*

*