フードアナリスト資格取得の難易度は?試験情報・報酬相場を徹底分析

アバター

by 資格広場編集部

更新日:2018-09-06

公開日:2018-05-21

フードアナリストとは、レストランそのものから食品・食材を分析・評価する知識と教養を身につけた、食・食空間を分析・評価する民間資格です。普段何気なく接する個別の食材や最新のレストラン、食文化、食のトレンド情報など、食の魅力や感動を知ることができます。食のプロフェッショナルとして認められるため、食にかかわる仕事には非常に有利な資格となっています。


フードアナリストは幅広い年齢層の男女が目指せる、食に関する情報の専門家資格です。
フードアナリスト資格取得者は他にも該当なしと呼ばれております。
フードアナリストの資格は「民間資格」です。

資格広場は、フードアナリストになるには?フードアナリストなるためには?フードアナリストになりたいを応援しております。

フードアナリストになるために必要な知識・受験資格

食文化や食環境、テーブルマナーについての知識が必要となります。

フードアナリストの資格は「一般社団法人日本フードアナリスト協会」が運営管理を行っております。

一般社団法人日本フードアナリスト協会とは:
食、食文化を中心に、「食」に関わる幅広い知識・教養を身につけたフードアナリストを認定及び育成を目指しています。

フードアナリスト

フードアナリストってどんな仕事?(仕事内容など)

飲食店情報はもちろん食文化や食材など食にまつわるすべての情報をキャッチし、総合的に分析します。

フードアナリスト資格取得の為の勉強法

養成講座や通信講座を受講することができます。世界の料理、世界のお酒、食の歴史、食材、テーブルマナー、フードアナリストの活動を学習します。

フードアナリストの専門学校や通信講座について

通信講座や講習が行われています。

フードアナリストの試験料・試験内容・難易度・合格発表について

フードアナリストの資格試験料

4級は試験料が無料ですが、3級から試験料が8,000円となります。

フードアナリスト試験・検定の年間試験回数

現在調査中

フードアナリスト試験科目等の内容

試験は添削問題と簡単なレポートとなっています。養成講座や通信講座で学習したことが試験に出題されます。

フードアナリスト資格の難易度

合格率が約50%なので、やや難しい資格となります。

フードアナリスト資格の合格率

合格率は2級が50%、4級が60%となっています。

フードアナリスト試験の合格発表

現在調査中

国家資格バナー

PR



フードアナリスト

フードアナリスト資格取得後の就職先・年収・報酬相場

フードアナリスト所持者の職業例

レストランの格付けや、取材やレポート執筆、覆面調査、商品開発・メニュー開発、カルチャーセンターの講師などで活躍できます。

フードアナリストに向いている人

飲食業界で働いている方やグルメ料理の外食が好きな人に向いています。

フードアナリストと同じ分野の他の資格

パーティースタイリスト、栄養士、管理栄養士、カフェプランナー、ソムリエ、ホームパーティースタイリスト、レストランサービス技能士

フードアナリストの年収・給料相場

平均年収のデータはありません。しかし、この資格を取得しておくと、給料が3000~5000円上がるところや、資格手当を出してくれるところも増えてきています。

フードアナリストの現状

この資格は、仕事のスキルアップに役立つことはもちろん、同じ興味を持った仲間との交流にもつながります。しかし、この資格を取得している方、知っている方は、あまりいないというのが現状です。

フードアナリストの将来性

この資格は、生活の様々な「食」の場面で役に立ち、コミュニケーションを円滑にし、人の心を大切にする考え方を学ぶことができるということを伝えていかなければいけません。

フードアナリストの独立について

食に関する仕事に深くかかわることが可能になり、独立も可能となります。

フードアナリスト資格を所有している主な著名人

該当なし

コメントを残す

*

*