フードコーディネーター資格取得の難易度は?試験情報・報酬相場を徹底分析

アバター

by 資格広場編集部

更新日:2019-05-01

公開日:2018-05-21

仕事の領域は実に幅広く、企業のレシピ作成や料理番組・雑誌の料理コーナーへの出演、料理教室の講師、あるいは食品関連企業のアドバイザーなど多方面で活躍しています。多くのフードコーディネーターは、自分の得意分野や強みを生かしながら、さまざまな分野で活躍しているのです。


フードコーディネーターは幅広い年齢層の男女が目指せる、食のプロ資格です。
フードコーディネーター資格取得者は他にも該当なしと呼ばれております。
フードコーディネーターの資格は「民間資格」です。

メディパートナーバナー 資料を比較して取得を目指す

資格広場はフードコーディネーターになりたいを応援しております。

フードコーディネーターになるために必要な知識・受験資格


次に、食に関する4分野「文化」「科学」「デザイン・アート」「経済・経営」の基本や、食産業・フードビジネスにおける「食のホスピタリティ・ライフサポート」「レストラン経営」「食品流通」「食の商品開発」「食のイベント・メディア」などです。

フードコーディネーターの資格は「NPO法人の日本フードコーディネーター協会(FCAJ)」が運営管理を行っております。

NPO法人の日本フードコーディネーター協会(FCAJ)とは:
NPO法人日本フードコーディネーター協会は、フードコーディネーターという職業の社会的認知の促進と地位の向上を目指すとともに、公正な資格認定を制度化。時代のニーズを的確に捉え続け、社会貢献のための事業を積極的に推進します。

フードコーディネーター

フードコーディネーターってどんな仕事?(仕事内容など)

食のスペシャリストとして、飲食店のメニュー開発やコンサルティングなどを行う仕事です。 テレビや雑誌に出る料理を考えて調理や盛り付けを行ったり、料理を美しく、おいしく見せるための食器や小物の演出や、料理教室を運営したりと、仕事の幅はとても幅広いものとなっています。TVの料理番組を見ていると、よくアナウンサーやタレントにレシピ手順を伝えながら料理を作る人が出演しています。この人たちの多くは、いわゆるフードコーディネーターです。 また、雑誌の料理コーナーに掲載するレシピを考える仕事も行います。

フードコーディネーター資格取得の為の勉強法

取得には、専門学校や通信教育などがあります。独学での勉強などにテキストなども販売されています。独学で学ぶ場合は、書店などでフードコーディネーター3級の試験内容を勉強できる書籍を使う方法が一般的です。書店の資格のコーナーに行けば、そういった本が売られていると思います。またインターネットで購入できます。

フードコーディネーターの専門学校や通信講座について

フードコーディネーター資格の勉強は、独学でも可能ですが、通信講座等を利用することでより効率的になります。専門学校で学ぶことも出来るようですので、資格取得を目指される方は是非チェックしてみてはいかがでしょうか。

先ずは無料で資料請求

フードコーディネーターの試験料・試験内容・難易度・合格発表について

フードコーディネーター試験の試験料、試験の難易度、合格発表等について調査しましたので、是非ご覧下さい。

フードコーディネーターの資格試験料

1級1次試験・12,000円・2次試験:16,000円 ・2級1次試験:11,000円・2次試験:14,000円 3級:11,000円となっております。

フードコーディネーター試験・検定の年間試験回数

年1回ずつ実施されます。

フードコーディネーター試験科目等の内容

1、文化、2、科学、3、デザインアート、4、経済、経営調理師免許、栄養士等の免許を持ってると一部免除されます。

フードコーディネーター資格の難易度

2017年3月現在、3級の資格取得者は約23,100人、2級資格取得者は約1,330人、1級資格取得者は65人と発表されています。この数字を見ても、入門レベルの3級と、アシスタントレベルである2級、プロレベルとされる1級では、だいぶ難易度に差があることがわかるでしょう。

フードコーディネーター資格の合格率

3級の合格率は80%前後となっており高い合格率となっています。

フードコーディネーター試験の合格発表

合格通知とともに認定登録申請書が送付されます。認定登録の手続きを行います(登録は任意です)。 手続きの完了をもって、フードコーディネーター3級資格を認定し、資格保有者として認定されます。

フードコーディネーター

フードコーディネーター資格取得後の就職先・年収・報酬相場

ここからはフードコーディネーター資格取得後の流れについてみていきましょう。気になる年収や報酬相場についても調査しました。

フードコーディネーター所持者の職業例

フードコーディネーターと呼ばれる人の多くは、フリーランスとして働いています。アシスタントを経て独立していく人、通信講座などで資格を取得して独立する人など、フリーになるまでの道のりはさまざまです。フードコーディネーターは活躍の場が幅広いため、自分が得意なジャンルの仕事に注力することができる一方、特定の分野の仕事で経験を積んだのち、関心に合わせて業務領域をどんどん広げていくこともできます。

フードコーディネーターに向いている人

経済面をも含めて、「食」に対する全般的な関心を持てる人に向いていると言えます。

フードコーディネーターと同じ分野の他の資格

現在調査中

フードコーディネーターの年収・給料相場

この資格を取ったからと言って、すぐにフードコーディネーターを専業として活躍できる可能性はほとんどありません。経験・実績が重要視される職種ですので、駆け出しの段階ではそれなりに苦労がともないます。独立を目指す場合には、料理研究家や先輩フードコーディネーターのアシスタントになって何年か経験を積む人が多く、当然その間の収入は厳しいものとなるでしょう。

フードコーディネーターの現状

幅広い食の知識を持ち合わせ、各業界との連携や伝達機能を図ることのできるフードコーディネーターの存在には非常に注目が集まっています。多様な知識を身につけてトータルプロデュースできる人が重宝される傾向にあるようです。

フードコーディネーターの将来性

「食」は常に人びとの関心事であり、日進月歩の世界でもありますので、将来性については、まずまちがいなくあると言えるでしょう。ただちに収入に直結する資格ではありませんが、取って損はない資格です。フードコーディネーターは食そのものだけではない、さまざまな知識やスキルを生かすことができる仕事です。 たとえばデザイン関連の勉強をしてきた人であれば、料理本のイラストを描いたり店舗レイアウトの提案などで豊かなセンスや感性を生かせますし、マーケティングに深く関わった人であれば、そのノウハウを強みに新しい農業ビジネスの提案ができるかもしれません。 まさに、人生のあらゆる経験が生きる仕事だといえるでしょう。

フードコーディネーターの独立について

フードコーディネーターは独立して働く人が多いですが、雑誌や企業でのレシピ作成に始まり、料理教室、スクール講師など食に関わる仕事は多く存在し、独立後の道もさまざまです。

フードコーディネーター資格を所有している主な著名人

該当なし

先ずは無料で資料請求

コメントを残す

*

*