調味料マイスター資格取得の難易度は?試験情報・報酬相場を徹底分析

アバター

by 資格広場編集部

更新日:2019-05-06

公開日:2018-05-21

調味料マイスターとは、醤油、味噌など日本の伝統調味料に関する原材料、旬などといった知識に関しての行われている認定資格です。資格の取得には「日本調味料マイスター協会」の行なう調味料マイスター養成講座を受講し修了試験に合格する事で取得出来ます。


調味料マイスターは幅広い年齢層(ただし、調味料ジュニアマイスターの有資格者に限られています。)の男女が目指せる、日本の伝統調味料の新しい魅力を発見します。資格です。
調味料マイスター資格取得者は他にも該当なし(2017年に調味料ソムリエプロに名称変更しました。)と呼ばれております。
調味料マイスターの資格は「民間資格」です。


資格広場は、調味料マイスターになるには?調味料マイスターなるためには?調味料マイスターになりたいを応援しております。

調味料マイスターになるために必要な知識・受験資格

まず、本資格を取得するためには調味料ジュニアマイスターである必要があります。そのため、醤油や佐藤、塩などの調味料についての基礎知識は習得していることが前提となります。

調味料マイスターの資格は「調味料ソムリエ協会」が運営管理を行っております。

調味料ソムリエ協会とは:
日本の伝統調味料(砂糖・塩・酢・醤油・味噌など)の浸透、調味料を通じての食育活動、調味料業界の活性化、調味料ソムリエの育成などを目的とした団体です。

調味料マイスター

調味料マイスターってどんな仕事?(仕事内容など)

調味料マイスターとは、醤油、味噌など日本の伝統調味料に関する原材料、旬などといった知識に関しての行われている認定資格です。調味料マイスターの行なう活動としては、日本の伝統調味料を見直すと共に、日本の伝統調味料の新しい魅力を発見する等の活動を行ないます。さらに、調味料マイスターになる事で学べる知識には“日本伝統調味料に関する知識”に加えて“食を楽しむ方法”があります。資格の取得には「日本調味料マイスター協会」の行なう調味料マイスター養成講座を受講し、その後修了試験に合格する事で取得出来ます。2017年に本資格は「調味料ソムリエプロ」と名称変更しました。

調味料マイスター資格取得の為の勉強法

まず、養成講座に関しては、11講義中8講義以上は出席することが必須条件となっています。そのため、まず講座に確実に出席しましょう。本講座の内容をしっかりと復習すれば、検定試験の準備になるでしょう。また、課題の提出も課されますので、怠ることなく提出することが大切です。

調味料マイスターの専門学校や通信講座について

準備中です。

調味料マイスターの試験料・試験内容・難易度・合格発表について

調味料マイスターの資格試験料

受講料は試験料も含んで、139,900円です。また、追試受験料は14,000円となっています。

調味料マイスター試験・検定の年間試験回数

講座の実施が決定するたびに、受講日は日本調味料マイスター協会で発表されることになっています。

調味料マイスター試験科目等の内容

砂糖、塩、酢、醤油、味噌、だし、油脂、みりん、スパイスとハーブ、ビジュアルマーチャンダイジング(品揃え戦略等と売り場での視覚演出を連動させ、消費を促す手法)、調味料とビジネスコミュニケーションの講義が各2時間ずつ課されます。これらの分野について試験が課されることになっています。

調味料マイスター資格の難易度

養成講座と検定試験、課題提出で終わるため、難易度が高いわけではありません。しかし、規定数の講座を受講しなければならないため、時間的にハードルが高いともいえるでしょう。

調味料マイスター資格の合格率

養成講座と検定試験、課題提出で終わるため、合格率のデータはありません。

調味料マイスター試験の合格発表

養成講座と検定試験、課題提出で終わるため、別途に試験の合格発表があるわけではありません。

調味料マイスター

調味料マイスター資格取得後の就職先・年収・報酬相場

調味料マイスター所持者の職業例

職業に直結するわけではありません。しかし、有資格者は、調味料マイスターとして、日本の伝統調味料を見直すと共に、日本の伝統調味料の新しい魅力を発見する等の活動を行うことができます。また、調味料マイスターになる事で学べる知識には“日本伝統調味料に関する知識”に加えて“食を楽しむ方法”が学ぶ事があり、自分や家族、さらには調味料や日本の食について関心のある人たちに向けてより専門的なアドバイスなどをすることができるようになるでしょう。

調味料マイスターに向いている人

醤油、味噌など日本の伝統調味料に関する原材料、旬などといったことに深い関心と興味を持つ人が向いています。そして、それらの調味料について正確で深い知識を得ようとする意欲を持っており、一定の時間をこれら調味料の勉強に割く意志を持っている人が向いているでしょう。

調味料マイスターと同じ分野の他の資格

スパイス&ハーブ検定、ティーインストラクター、デリカアドバイザー、パンアドバイザー、フードスペシャリスト、食育インストラクターなど。

調味料マイスターの年収・給料相場

何らかの職業に直結するわけではなく、給料アップにも直結することはあまりないでしょう。

調味料マイスターの現状

現在は、「調味料ソムリエプロ」という名称に変更されています。 調味料の魅力を知り、おいしさや楽しさを理解して伝え、食シーンをもっと豊かにするアドバイスなどを行うことができます。こうした知識を持っていることを客観的に証明したいときに役立つ資格です。

調味料マイスターの将来性

調味料ソムリエプロになる事で学べる知識には“日本伝統調味料に関する知識”に加えて“食を楽しむ方法”があります。日本の伝統的な食事、いわゆる和食は、今もそして今後も海外から大いに注目され続けることでしょう。諸外国の人々の和食への関心、そして各国での和食ブームが下火になる様子はありません。そのためこれからは、和食の国際化がますます進んでいくものと考えられます。このような日本の食の国際化が進んでいく時代にあって、本資格は日本食の基本となる調味料に関する知識の客観的な証明となり重宝されるでしょう。

調味料マイスターの独立について

本資格のみで独立することは難しいでしょう。

調味料マイスター資格を所有している主な著名人

該当なし

コメントを残す

*

*