ショコラティエになるには?仕事内容・給料(収入)・必要なスキルなど

アバター

by 資格広場編集部

更新日:2018-09-06

公開日:2018-05-24

ショコラティエとは、チョコレートから様々な菓子を作るチョコレートのスペシャリストです。学歴や資格は必要ないので、実力さえあれば誰もが挑戦できます。


ショコラティエは幅広い年齢層の男女が目指せる、チョコレートのプロフェッショナル職業です。
ショコラティエの職業は他にもショコラティエール(女性)と呼ばれております。
ショコラティエに「なるには」についてご紹介してまいります。

資格広場は、ショコラティエになるには?ショコラティエになるためには?ショコラティエになりたいを応援しております。

ショコラティエ

ショコラティエってどんな仕事?(仕事内容など)

日本でお菓子を作る職人は、大きく分けると和菓子職人と洋菓子職人(通称パティシエ)に分かれています。その洋菓子職人のなかでもとくにチョコレート専門のお菓子を作るのが「ショコラティエ」と呼ばれる人たちです。チョコレートの食文化が根付いているベルギーやフランス地方では昔からよく知られている職業ですが、日本では最近になってようやく認知度が高まってきました。ショコラティエは、いわゆるチョコレートのプロフェッショナルです。チョコレートというのは非常にデリケート食べ物で、原料となるカカオの品質を見極めながら最適な温度や時間で溶かしたり固めたりしていかなければ、その風味を引き出すことはできません。ショコラティエは膨大な量の知識と実践経験を積み重ねることで、最高のチョコレートを生み出すことを使命としているのです。

ショコラティエになる為の勉強法

チョコレートのプロフェッショナルであるショコラティエとして働くためには、製菓に関する基本的な知識や衛生面を守るためのノウハウを身につける必要があります。こうした勉強をするための近道が、製菓について学べる専門学校に入学することです。製菓の専門学校は全国にあり、履修期間は1~2年ほどになるのが一般的です。「食品科学」や「食品衛生学」「菓子の歴史」などの授業を受け、お菓子作りの基本を幅広く学びます。学校によっては年次が上がるとともに「洋菓子」「和菓子」「製パン」などとコースが分かれていき、より専門的な実習ができるようになっています。ショコラティエをめざすのであれば、「洋菓子コース」「パティシエ科」などを選択するとよいでしょう。製菓の専門学校の良いところは、とにかくたくさんの実習経験を積むことができるところです。学校に行かずにいきなり菓子店に就職して修行をする道もありますが、この場合だと最初は店内の清掃やレジを担当したり先輩ショコラティエのアシスタントをしたりすることからのスタートになります。そのため、自分自身でチョコレート作りをさせてもらえるまでには長い時間がかかります。その点、学校では授業を通して実際に菓子を作れるうえに、道具の扱い方やラッピングのコツまで丁寧に指導してもらえるので、さまざまな経験を積むことができます。

ショコラティエになるための専門学校や通信講座について

専門学校などで目指すことが出来ます。

ショコラティエの学歴・勤務時間・スキル・やりがい・苦労ついて

ショコラティエの学歴

現在調査中

ショコラティエの勤務時間

現在調査中

ショコラティエに必要なスキルや機材

現在調査中

ショコラティエのやりがい

現在調査中

ショコラティエ苦労、大変なこと

現在調査中

国家資格バナー

PR


ショコラティエ

ショコラティエの年収・将来性・独立について

ショコラティエに向いている人

ショコラティエの仕事は、生活の全てをかけてチョコレート作りと向き合うことです。一人前の職人になるまでの修行も大変厳しいですし、職人になってからは毎日ひたすら厨房に立つ日々になります。実力がついてからも、常に新作のアイディアを考えるなど仕事に追われることになります。本当にお菓子作りが好きでないと、こうした日々を乗り越えていくことはできません。子どもの頃からお菓子作りが大好き、おいしいチョコレートのためなら何でもがんばれる、「新しいレシピを考えるのが何よりも楽しい!」という人にとって、最高のやりがいを感じられる仕事です。そのほかに、ショコラティエは色や形、模様、ラッピングなど細部にわたってこだわりを見せなければいけません。「おいしい」だけではなく「美しい」チョコレートを追求することができる美的センスのある人に向いている仕事です。そして、チョコレートはちょっとした工程の違いで風味や食感が大きく変わってしまう食べ物です。チョコレートを扱うプロであるショコラティエは、常にその日の温度や湿度、使用するカカオの品質を考慮しながら、最適な工程を考えて作業をしなければいけません。高品質なチョコレートを作り続けるためには、細かい調整をいとわない几帳面さが不可欠です。

ショコラティエと同じ分野の他の職業

パティシエ、製菓衛生士、食品衛生責任者、菓子製造技能士検定

ショコラティエの年収・給料相場

ショコラティエやパティシエのような菓子職人は、一般的に、新人時代は厳しい待遇のなかで働くことになります。就職後の数年間は、早朝出勤や夜間の残業もとくに多くなりますが、月給は15?18万円くらいです。その後、少しずつ仕事の幅が広がり一人前になってくると、月給は20?25万円ほどになります。一般のサラリーマンや公務員に比べると、収入は低くなる傾向にあります。店舗の人気や売り上げによって賞与が大きく左右されることがあるため、よほどの人気店や有名店でなければ安定性にも欠けるのが現状です。また、こうした菓子店には正社員として就職できるとは限りません。契約社員や派遣社員、アルバイトとしての求人募集も多く、こういった待遇だと時給制なのでさらに給料が低くなる傾向にあります。

ショコラティエの現状

チョコレート菓子を専門に作る職人である「ショコラティエ」は、チョコレートの食文化が根付いているベルギーやフランスなどの海外では昔からよく知られていた職業です。日本では戦後に洋菓子を食べる文化が少しずつ広まり始め、洋菓子全般を作る職人である「パティシエ」という職業が知られるようになりました。さらに、1980年代後半から東京都を中心にチョコレート専門店が登場し、近年になってようやく「ショコラティエ」という職業も認知されるようになってきています。こうした認知度の高まりとともに、ショコラティエをめざす人も少しずつ増えてきています。製菓の専門学校でも、チョコレートの専門授業を取り入れたり海外の名店への研修をサポートしたりと、学ぶ体制が整ってきました。また、日本国内で活躍するショコラティエが世界的なコンクールで入賞することも増えてきており、国内のレベルもどんどん高くなってきています。

ショコラティエの将来性

以前は、チョコレート専門店の多くが東京や大阪などの大都市圏にしかなく、地方在住のお客さんが高級チョコレートを手に入れるのは難しいという現状がありました。しかし最近では、有名なチョコレート専門店のチョコレートをインターネット上での通信販売で買えるようになったことで、全国の人が高級チョコレートを手に入れることができるようになっています。とくにクリスマスやバレンタインデー、ホワイトデーなどのイベント時にはたくさんのお客さんがチョコレートを購入します。販売の方法の広まりとともに、国内でのチョコレート人気がさらに高まりショコラティエの活躍の機会も増えることが期待されています。

ショコラティエの独立について

独立は可能です。「有名コンクールで優秀な成績を収めた」などのキャリアがあれば、開業をしたお店がマスコミからも注目を集め、幅広い層に支持されるでしょう。

ショコラティエの主な著名人

該当なし

コメントを残す

*

*