食品冷凍技士資格取得の難易度は?試験情報・報酬相場を徹底分析

アバター

by 資格広場編集部

更新日:2019-04-30

公開日:2018-05-30

食品冷凍技士とは、食品を低温加工技術や冷凍食品の処理、品質管理に関する専門知識・技能があることを証明する民間資格です。この資格を取得するには、低温にかかわる食品の製造などの実務経験が必要となります。この資格は、食品冷凍に関わる人が取得しておきたい資格となります。この資格だけでは就職は難しいです。


食品冷凍技士は幅広い年齢層の男女が目指せる、冷凍技術の専門家資格です。
食品冷凍技士資格取得者は他にも該当なしと呼ばれております。
食品冷凍技士の資格は「民間資格」です。


資格広場は、食品冷凍技士になるには?食品冷凍技士なるためには?食品冷凍技士になりたいを応援しております。

食品冷凍技士になるために必要な知識・受験資格

品質管理に関する知識が必要となります。

食品冷凍技士の資格は「公益社団法人日本冷凍空調学会」が運営管理を行っております。

公益社団法人日本冷凍空調学会とは:
大正14年に設立されました。冷凍・冷蔵に関連する学術技術の発展と普及とを目的としています。

食品冷凍技士

食品冷凍技士ってどんな仕事?(仕事内容など)

低温食品の製造、品質保持の不備による損失や事故の発生を防止します。

食品冷凍技士資格取得の為の勉強法

独学で十分合格できる資格なので、過去問題集を繰り返し解くことが大切です。一方、受験のためには実務経験が必要となるので、経験のない方は、実務経験を身に着けることから始めるのが大切です。また、講習を事前受講しておくことも出来ます。

食品冷凍技士の専門学校や通信講座について

講習が行われています。

食品冷凍技士の試験料・試験内容・難易度・合格発表について

食品冷凍技士の資格試験料

受験料は、税込10,000円です。

食品冷凍技士試験・検定の年間試験回数

毎年2月中旬~下旬の日曜日の年に1回行われます。

食品冷凍技士試験科目等の内容

試験は学識試験と技術試験に分かれています。学識試験では、食品冷凍の総論と物理、食品冷凍の科学、食品冷凍の衛生学、冷凍設備と解凍設備について出題されます。技術試験では、畜産物の冷凍、水産物の冷凍、農産物の冷凍、冷凍食品の品質管理が出題されます。試験時間は、どちらも2時間となっています。

食品冷凍技士資格の難易度

難しい試験ではなく、やや易しいと言われています。

食品冷凍技士資格の合格率

合格率は約67%となっています。

食品冷凍技士試験の合格発表

現在調査中

食品冷凍技士

食品冷凍技士資格取得後の就職先・年収・報酬相場

食品冷凍技士所持者の職業例

冷凍・冷蔵・空気調和などに関わる装置を取り扱う職場で活躍することが可能です。

食品冷凍技士に向いている人

低温にかかわる食品の研究・開発・教育・加工・製造・保管・輸送流通業などに勤めている方に向いています。

食品冷凍技士と同じ分野の他の資格

第一種冷凍空調技士、第二種冷凍空調技士、冷凍機器溶接士、冷凍空調工事保安管理者、第一種冷媒フロン類取扱技術者、冷凍装置検査員、冷凍特別装置検査員

食品冷凍技士の年収・給料相場

この資格だけでは就職が難しいため、年収のデータはありません。ほかの資格を取得している場合、大手の冷凍食品メーカーの場合の収入は40歳で年収550~650万円となります。中小企業の場合は、450~550万円ほどです。

食品冷凍技士の現状

食品の管理や安全衛生の問題は、日本では多く問題となってきました。また、近年では技術の進歩によって多くの食品が冷凍されて長く保存できるようにもなっています。

食品冷凍技士の将来性

この資格は、知識のみでなく実務経験を身につけていることが重要となり、食品冷凍法以外にもそのバックグラウンドにある食品学、食品化学などの知識を持っているかが重要であり、この資格だけでは、就職は難しいと言われています。食品冷凍に関する企業の方は取得すると有利となります。

食品冷凍技士の独立について

この資格だけでは昇進などには有利となりますが、独立は難しいでしょう。

食品冷凍技士資格を所有している主な著名人

該当なし

コメントを残す

*

*